五色沼の毘沙門沼2

福島観光の決定版!おすすめスポットから、グルメ、お土産まで地域別に総まとめ

今年もやってきましたゴールデンウィーク! 皆さんもう予定お決まりですか? 今回は、福島TRIPで取り上げたなかからおすすめのスポット、グルメ、お土産をピックアップしてみました! これをみておけばゴールデンウィークの予定もスムーズに決まること間違いなし。県全域を網羅した編集部おすすめ情報です。

 

県中央エリア(福島・郡山・白河)まとめ

 

県中央エリアのおすすめスポット6選

 

飯坂温泉

飯坂温泉駅

ゴールデンウィークにゆっくりしたいなら、鳴子・秋保とともに奥州3名湯に数えられるのが「飯坂温泉」はいかがですか? 西の別府に対して東の飯坂といわれ、歴史は古く縄文時代にまで遡る県内でも有数の温泉です。日々の疲れを癒やすのにうってつけですよ(^^)

関連記事:名物グルメあり! レトロな雰囲気漂う飯坂温泉街の見どころまとめ

 

リカちゃんキャッスル

リカちゃんキャッスル外観

女の子であれば幼い頃に一度は遊んだ経験ある、タカラトミーの看板娘「リカちゃん」。こちらでは誕生から現在まで様々な年代のリカちゃんの展示や、製造工程、さらにオリジナルリカちゃんが作れたりと、リカちゃんファンにとってはまさに聖地というわけです。リカちゃんの全てが分かる日本唯一の場所として人気なんですよ!

関連記事:リカちゃんキャッスルは大人も夢中になれる女の子のテーマパーク

 

東北サファリパーク

動物園よりも開放的な状態で飼育されているサファリパーク型の動物園の「東北サファリパーク」。車やバスに乗って巡回するように、動物を観察することができる人気の動物園です。動物が間近に迫るさまは、一味も二味も違う自然の世界をみせてくれるはず! 貴重なホワイトタイガーが飼育されているのも目玉の一つとなっています。

 

あぶくま洞

あぶくま洞

8000万年という歳月をかけてできた大自然の造形美、「あぶくま鍾乳洞」は約50年前に石灰岩採掘中に偶然発見されました。洞内は全長600mで千変万化の神秘が堪能できます! 竜宮殿、月の世界、樹氷、クリスマスツリーと名付けられた貴重な鍾乳石が洞内に点在し、これらが長い月日とともに作られたかと思うと大自然の凄さを身を持って感じさせてくれます。中でも探検コースは、人ひとりがやっと通れるような狭い場所をすり抜けていったりと、まさに冒険気分を味わえちゃいます!

関連記事:8000万年の歳月をかけて創られた、あぶくま洞で洞窟探検!

 

白河フラワーワールド

 

#白河フラワーワールド #Shirakawa_flower_world

Sumanas_bさん(@sumanas_b)が投稿した写真 –

4月~6月の期間限定でオープンする南湖公園の隣りにある花の楽園「白河フラワーワールド」。約200種8万株のチューリップ、2万株のジャーマンアイリス、ポピー、八重桜といった色とりどりの花々が咲き誇ります。また入園料大人500円、家族連れの場合は小中学生が無料というのもおすすめポイント!

 

福島空港

福島空港は世界で唯一、ウルトラマンのジオラマなどが常設で展示されているとっても変わった空港なんです。空港のある須賀川市はウルトラマンの生みの親であり、特撮の神様とも呼ばれる「円谷英二」の生まれ故郷ということで港内はウルトラマン尽くし。子どもはもちろん、ウルトラマンを愛する大人も十分楽しむ事ができる、まさにテーマパークのような空港なんです!

関連記事:空の玄関口「福島空港」はウルトラマン空港だった!

 

県中央エリアのおすすめグルメ3選

 

白河ラーメン

出典:http://taberu.me/

喜多方ラーメンと対をなすご当地ラーメンといえば「白河ラーメン」! 東北の玄関口・福島県白河市に店をかまえる、とら食堂が発祥と言われている白河ラーメン、今や提供するお店は100店を超えます。ラーメン界隈でも注目されるその味、ぜひ堪能すべし!

関連記事:喜多方ラーメンを追い越す勢い? ラーメン界隈で大注目「白河ラーメン」名店10選

 

円盤餃子

円盤餃子

最近テレビで取り上げられたことから知名度もうなぎ登なのが、飯坂温泉名物「円盤餃子」です。円盤状にびっしり並んいますが、ひとつひとつは一口サイズということもあり、見た目以上に量も食べれます。サクサクした皮に、ジューシーなお肉、そして肝となるシャキシャキ白菜がぎっしり詰まっています! お店によって、ニンニクが多めであったりタレが違ったりと違いがあるのでお好みでどうぞ(^^)

 

クリームボックス

クリームボックス

郡山で絶大な支持を得ている食べ物といえば、厚切りの食パンにミルク風味のクリームがたっぷり塗られた菓子パン「クリームボックス」です! あまりにもポピュラーなので全国どこでも売っていると思っている人がいるほど郡山市民にとっては身近な食べ物でもあるんですよ。最近では大手コンビニにて期間限定で登場したりと少しずつ全国展開していく兆しが……笑!

 

県中央エリアのおすすめお土産5選

 

ままどおる

ままどおる

福島のお土産と言えば、当然でてくるであろう大定番といえば、そう「ままどおる」です。全国的にも名の知られているほど知名度も抜群ではないでしょうか。バターを使ったしっとり生地にミルク味の優しい甘さ、食べれば長年愛される理由もお分かりいただけるはずです。賞味期限は少し短めなので、お土産で購入する際はお早めに!

関連記事:【UPデート】編集部がオススメする福島のお土産16選

 

柏屋「スイーツマンジュ」

スイーツマンジュ

もう一つの定番として、150年もの歴史ある老舗和菓子店・柏屋の「薄皮饅頭」も外せません! 福島県民であれば一度はならず二度三度、いえ何度も食べたことがあるのではないでしょうか笑。懐かしい味、そしてモチっと食感は気持ちよさすら感じる一品です。そして今回もう一つおすすめしたいのが、こちらの可愛らしいフルーツ風味のお饅頭「スイーツマンジュ」です。老舗が生み出した新たな饅頭、そのお味も気になるところですよね? 食べ比べてみてお好きな方を選んでみてください(^^)

 

エキソンパイ

エキソンパイ

さて、まだまだあります福島の名物お土産。パイ生地でクルミ入りのあんを包み込んだ焼き菓子、そして福島県民を虜にする中毒性と言えば「エキソンパイ」、こちらも当然のinですはい。エキソンパイ単品でも十分美味しいのですが、牛乳と一緒に召し上がればその美味さは120%これ本当におすすめです! 賞味期限は短めなので購入後早めに渡せるようにしましょう。

関連記事:どっちが好き?ままどおると並ぶ人気福島土産「エキソンパイ」

 

みそパン

みそぱん

編集部のメンバーにもみそぱんファンがいるほど隠れた人気を誇るのは、駒田屋本舗の「みそぱん」です。蒸しパンのように見える生地もしっとりとした食感で練りこまれた、みその甘さが良い味だすんですよ。明治天皇に献上したこともあるなど、由緒ある味としてのお墨付きも。老若男女に限らず渡せるお土産としてもおすすめです!

関連記事:皇族も認める隠れた福島名物、駒田屋本舗の「みそぱん」

 

酪王カフェオレ関連のスイーツ

酪王カフェオレシリーズ

もはやPR大使に選ばれてもいいんじゃないか。心の名でそう思うのは、福島TRIPでも幾度となく紹介している福島のソウルドリンクこと「酪王カフェオレ」。(酪王さんからのご連絡お待ちしております……笑) カフェオレ自体は乳製品ですが、キャラメル、クランチ、メロンパン……実は様々な商品展開をしてたります。もちろんどれも酪王カフェオレの旨さ染みこむものばかりなので、ご安心を! サービスエリアや県内のコンビニでも取り扱っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

県東部エリア(いわき)まとめ

 

県東部エリアのおすすめスポット5選

 

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま外観

年間100万人近くが訪れる福島の観光名所のひとつ、そして全国のおすすめ水族館ランキングでも上位に入るほどの人気水族館と言えば「アクアマリンふくしま」! 福島沖の多様な生物を展示に加え、釣り、ワークショップ、バックヤードツアー、宿泊ナイトなどの体験プログラムが充実していたりと、学べる水族館でもあります。見どころとしては、カタクチイワシとマイワシの大群が目前に広がる「潮目の大水槽」は圧巻なので、ぜひお子さんとお出かけしてみてはどうでしょう(^^)

関連記事:アクアマリンふくしまが120%楽しめる見所まとめ

 

スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズ

説明不要のド定番! “ちょっとハワイに”を再現した県内でも人気のスポット「スパリゾートハワイアンズ」。スライダープール、流れるプール、温泉浴、アクアエクササイズから江戸情緒たっぷりの大露天風呂まで楽しみきれない施設がドーム6個分の敷地に満載です。お子さん連れ、大人だけ、あえて1人、どんな層でも幅広く楽しめます。面白すぎて1日じゃ満足できないかも!?

関連記事:海鮮グルメから人気の施設まで!いわき観光にオススメの観光スポット10選

 

三崎公園・いわきマリンタワー

三崎公園

360度大パノラマは太平洋が一望できる絶景スポットなら、小名浜港の東岬にある三崎公園に威風堂々と立つ展望タワーがおすすめ! エレベーターでタワーを上がればいわきの町全体が望める展望室があり、さらに展望室から階段で最上階にはオープンデッキの「スカイデッキ」に続いています。タワーの周囲はバーベキューやピクニックができるスペースもあるのでデートにもぴったりの場所ですよ!

 

道の駅よつくら港

よつくら港

ドライブついでに寄りたいところをお探しなら、四倉漁港内にオープンした道の駅「よつくら港」はお立ち寄りに最適です。ここにある酒も魚もお土産もすべて「いわきの味」。珍しい大根の葉や、ラグビーボールのような形のかぼちゃ、うに味噌、いわき梨ジュースなど地域に根付いた品々が店頭に並んでいるなど、グルメな方なら大満足できるスポットです!

 

ワンダーファーム

“農と食”の体験型複合施設として2月にオープンした「ワンダーファーム」。いわきのトマトを中心に地元野菜を扱うビュッフェレストラン「森のキッチン」や、地元野菜やくだものを扱った直売所と、トマトのソフトクリームを味わえるカフェが併設した「森のマルシェ」、今春オープンのトマト加工工場「森のあぐり工房」が備えられており、新名所の呼び声高い話題のスポットです。

 

県東部エリアのおすすめグルメ2選

 

なみえ焼きそば

50年ほど昔に、炭鉱地域だった浪江町には炭鉱夫の人々が多かったことから、食べ応えがあって腹持ちの良い食べ物を作る目的で、極太の麺に具は豚肉ともやし、味付けには濃いソースを絡めて生まれたのが浪江焼きそばです。それに、もともと東北の人は濃いめの味付けを好むので他のソース焼きそばと比べたら、濃厚な味つけに驚くかもしれません笑。それでも一度食べれば、あと引く美味しさで福島有数のB級グルメとして有名なんです!

 

うに貝焼

うに貝焼き2

ウニの身をホッキ貝の殻に盛り蒸し焼きにした「うに貝焼」は江戸時代末期から続くいわきの漁師さん伝統の味! 生ではあまり日持ちのしないウニを保存するために作られたのが始りとされており、ムラサキウニは火を通して食べたほうが甘みが増して美味しいんです。意外と知られていませんが地元ではすぐに名前が上がるほど、長年愛され続けている味です(^^)

 

県東部エリアのおすすめお土産3選

 

ゼリーのイエ

宝石のような可愛らしいカラフルなゼリーが人気、女性が虜になるゼリー専門店「ゼリーのイエ」も当然お土産に最適です! もう見た目からカワイィさ全開なので、お見上げ持っていけばちょっとした人気者になるかもしれませんよ笑。売り切れ必須の人気ゼリーなので、立ち寄る際は開店時間や定休日を確認してください!

関連記事:女子は閲覧注意!「ゼリーのイエ」のゼリーが宝石のように可愛すぎる

 

じゃんがら

じゃんがら

福島県いわき市民のふるさとの味とも呼べる銘菓「じゃんがら」も忘れてはいけません。印象的なデザインと形状のパッケージにお煎餅ぐらいのサイズ。そして小倉あんを砂糖でコーティングしたビスケット状の生地でサンドした和菓子です。番組内で日本の和菓子として紹介したところ、海を越えまさかのメキシコで大好評という結果に当時の県民は衝撃を受けたのではないでしょう笑。まさに万国共通の美味しさと言ってもいいお土産の一つですので、海外の方へのお土産としてもいいかもしれませんね!

関連記事:テレビで紹介され一躍話題に! いわきのご当地お菓子「じゃんがら」食べてみました

 

凍天

凍天

「じゃんがら」と対をなすいわきのご当地お菓子「凍天」は、福島名物の凍み餅をドーナツ生地で包んで揚げた独特な食感が楽しめます。外側はカリカリ、ふわふわドーナツ生地の中にモチモチの凍み餅、これが相性バッチリなんです! じゃんがらか凍天、選べない場合はどちらもという選択肢もありますよ(^o^)

 

県西部エリア(会津若松・猪苗代)まとめ

 

県西部エリアのおすすめスポット5選

 

城下町巡り

鶴ヶ城

歴史の街として毎年多くの観光客で賑わう、会津若松市は街全体が観光スポット! 鶴ヶ城を筆頭に新選組や白虎隊、歴史に名を残す偉人縁の地として観光にはとってもおすすめなんです。ゴールデンウィークに城下町巡りなんて粋じゃないですかね(^o^)

関連記事:一人旅にもおすすめ! “幕末”を巡る会津若松の観光スポット11選

 

大内宿

大内宿

年間を通して足を運ぶ観光客は100万人以上! タイムスリップしたかのような非日常を体験ができるとして、今大人気な観光スポットといえば。30軒以上の茅葺き屋根の民家が立ち並ぶ江戸時代から残り続ける宿場町「大内宿」です。最近ではメディア等でも取り上げられることもかなり多くなり、知名度も増す一方。連休中は多くの観光客で賑わう県内有数の観光地です。

関連記事:大内宿が120%楽しめる!観光にピッタリな見どころまとめ

 

五色沼・毘沙門沼

五色沼の毘沙門沼2

裏磐梯を代表する景観の一つ。神秘的な観光名所なら「五色沼・毘沙門沼」がおすすめ! 水面はエメラルドグリーンに染まり、幻想的な美しさに息を呑んでしまうこと間違いなし。ボートに乗ることもできるので、恋人の聖地としても人気のスポットです。ちなみに毘沙門沼にはハートの鯉が生息しているんだとか。見つけると恋愛成就するらしい……!?

関連記事:本当に日本!?エメラルドグリーンが美しすぎる五色沼

 

磐梯吾妻スカイライン

磐梯吾妻スカイライン

ドライブが趣味な方におすすめしたいスポットは「磐梯吾妻スカイライン」です。ここでは“雲上”を走る特別な体験ができます! 雲海に覆われた吾妻連峰を縫うように続く道は磐梯山を囲むように、猪苗代湖、秋元湖、小野川湖、桧原湖など様々な景色を遠望する事がるのはもちろん、季節によって様々な表情を見る事も。雰囲気もばっちりなんでデートにも最適です(^^)

関連記事:ツーリングに最適!雲上ドライブができる磐梯吾妻スカイライン巡り ※平成28年5月8日(日)17時ゴールデンウィーク期間まで、“不動沢橋から浄土平への一方通行”となります。お出かけの際は要ご確認ください。

 

只見線

ちょっと変わった事をしたいなら、秘境巡りも良いのでは! 福島県の会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅までを結ぶ超ローカル線「只見線」は、実は絶景の秘境路線として有名で、過去には”日本一紅葉が美しい鉄道路線1位”や中国の人気SNS微博(ウェイボー)で“世界で最もロマンティックな鉄道”と称されるほどの名所なんです。窓から見える原風景、電車に揺られながらのんびり過ごすのもありですね!

関連記事:世界で最もロマンチックな鉄道「只見線」の秘境駅をめぐってきた!

 

県西部エリアのおすすめグルメ4選

 

ソースカツ

出典:http://tabelog.com/fukushima/A0705/A070501/7000265/

カツ丼は誰もが好きな食べ物ですが、会津若松のカツ丼は一味も二味も違います。ここでのカツ丼という名称は“ソースカツ丼”を指すほど、市民から絶大な支持を受けているご当地グルメです。どんぶりに溢れんばかりの極厚なカツに甘めのソースがたっぷり、味も量も文句なし。大正から続く味は食べれば虜になること間違いなし! あなたもソースカツの世界へ踏み込んでみて下さい(^o^)

関連記事:【王道からデカ盛まで!】会津若松の名物ソースカツ丼でオススメしたい名店9選

 

喜多方ラーメン

喜多方ラーメンなまえ食堂

日本三大ラーメンの一つに数えられ、その名を全国にまで轟かせる超有名グルメ。これを食べなきゃ帰れないのでは……? ご存知「喜多方ラーメン」。プリプリの多加水麺にあっさりコクのあるスープ、そしてとろとろチャーシュー。シンプルだからこそ旨い、福島のグルメなら絶対に外せない一品です!

関連記事:みんな大好き喜多方ラーメンの特徴と王道の有名店5選

 

こづゆ

こづゆ出典:http://tabelog.com/fukushima/A0705/A070501/7010706/

会津若松の“おもてなし”料理なら「こづゆ」も食べておかなくてはいけませんね! 保存のきくホタテの貝柱をだしに取り、具材はサトイモ、しいたけ、こんにゃく、豆麩、人参、キクラゲ、山の幸をメインにしたお吸い物です。正月などには必ず出てくる郷土料理です。ちなみに、あまりにもポピュラーだったので私は全国区と勘違いしていました……。ほんとに美味しいのでみなさんにも食べていただきたいです。

 

カフェ飯&スィーツ

実は個性派カフェが集まるエリアでもある会津若松。休日、平日問わず休憩がてらついつい立ち寄りたくなるカフェが点在しているのは以外と知られていなかったりします。地元の食材を使った料理やお酒を使ったスイーツなどを提供しているカフェも多いので、城下町のカフェ巡りなんていうのもおすすめだったりします。詳しくは下記の関連記事をチェックしてみてください(^^)

関連記事:【編集部おすすめ】歴史深い会津の個性派カフェ10選

 

県西部エリアのおすすめお土産4選

 

九重

創業明治27年という長い歴史を持ち、会津若松で愛され続けている銘菓「九重」もお忘れなく。一見3ミリほどの小さな粒々状のお菓子なんですが、そのまま食べるわけではありません! その食べ方がちょっと変わっているんです。なんと粒をお湯に投入するというもの。そのお湯を一口飲むと、口いっぱいにゆずの香りと甘さが広がり、これまた病み付きになるんですよ。会津若松出身に絶大な支持を集めているこちらもお土産としておすすめです!

 

会津木綿

 

#IIE #会津木綿 #cotton #ストール #stole #colorful #会津 #aizu #福島 #fukushima #会津坂下 #aizubange #japan

IIE Co., Ltd.さん(@iieaizu)が投稿した写真 –

モノ作りの土地でもある会津若松ならではのお土産なら、「会津木綿」はいかがでしょう? 江戸時代から続く木綿は保温性・吸汗性があり、厚地で丈夫、さらに肌合いも良いのが特徴です。会津木綿を手がけるブランド「IIE」のカラーバリエーション豊富なストールは中でもおすすめの一品です。日常を彩ってくれる小物たち、送りものとして喜ばれるのでは(^^)!

関連記事:こんなにカワイイ現代風にアレンジされた福島の伝統工芸品・民芸品8選

 

赤べこ

出典:http://www.nozawa-mingei.com/shop/products/detail.php?product_id=48

首をゆらす愛嬌ある姿は全国でも知名度の高い郷土玩具の一つ、「赤べこ」もお土産として定番ですよね! 厄よけのお守りとしての歴史を持つ赤べこですが、最近ではその見た目と愛らしい動きが人気になっていたり……笑。色違いも登場しているなど、もう可愛さをウリに出しています笑。

 

起き上がり小法師

起き上がりムンク

赤べこよりも古い歴史を持つ郷土玩具「起き上がり小法師」も外せませんね! はじまりは約400年前、会津漆器の基盤を作った藩主・蒲生氏郷が家来たちに作らせ正月に売ったのが始まりと伝えられています。七転八起の“転んでも起上る”という縁起物ですが、赤べこ同様、最近は可愛さ路線を確立しつつある存在です笑。ムンクやウルトラマンとのコラボで話題にもなりました。

 

まとめ

ホントは全部! とも言いたいのですが……笑。全ては書ききれませんでした。その他にも、お土産に福島のお酒や、今も咲いている桜もありますので、福島トリップの記事をチェックして見てください!

関連記事:飲兵衛に捧げる、酒どころ福島が誇る地酒11選
関連記事:春到来! お花見にも最適な福島県内にある桜名所11選

今年は最大10連休ともあって混雑する場合もあります。早めに決めて早めに行動してみて良いゴールデンウィークをお過ごしください!

五色沼の毘沙門沼2