中川 雅美

飯坂温泉の老舗「なかむらや旅館」で本当の贅沢を知る

福島市観光

一見素朴だけど大満足のお食事に日本酒のマリアージュ

さて、お待ちかねの夕食です。お部屋にお膳が運ばれてきました。いまどき食事は食事処でという宿が多いなか、このスタイルは本当に久しぶり。

 

といっても本格的な本膳料理、といった堅苦しいものではありません。ひとつ目のお膳に載っているのは、どちらかといえば家庭料理に近いものばかりです。お刺身、焼き魚、酢の物のほか、タケノコとワカメの煮物、山ウドのきんぴら、天ぷらにはウルイにタラの芽と、旬の山菜がたっぷり。どれも見た目は素朴ですが実に丁寧に作られています。

 

ふたつ目のお膳には、ふっくらと焼きあがった鰻と、蛤の土瓶蒸しがやってきました。これと日本酒とのマリアージュは至福の一言であります。

 

ちなみに、なーんと!「なかむらや」はお酒の持ち込みが自由なのです!呑べえ女子旅の今宵のお供は、福島県観光物産館で仕入れた会津の銘酒、稲川酒蔵店の「七重郎」。空瓶の背景から満足感が伝わってくるでしょうか…(笑)

 

最後はご飯とあら汁でしめて、デザートはフルーツ。全体に量は多すぎず少なすぎず、内容は気どりすぎることなく、さりとて物足りないこともなく。旬の地のものを使ったお食事はすべてが絶妙でした。

そして、翌日の朝食はこちら。

 

個人的にいちばん感動したのは、ここで手作りしているという出来立てのお豆腐です。醤油などかけず、そのままで大豆の甘味を存分に味わいました。そしてもちろん、飯坂温泉名物「ラジウム玉子」も。ヨーグルトの上には若桃の実が載っていましたよ。(注:温泉卵を当地ではラジウム玉子と呼びます)

 

江戸~明治時代にタイムスリップできる館内

とにかく館内はどこを撮ってもフォトジェニックで、写真の整理が大変です!以下、その一部だけご紹介しましょう。

▲総ヒノキ造りの明治館の階段▲

▲階段上から見下ろす明治館内部▲

▲江戸館から明治館へ続く廊下▲

▲見どころのひとつ、トイレの天井にはこうしたガラス絵が▲

 

……うーむ。こうしてみると、やはりこの空間を写真という二次元でお伝えするのはしょせん無理があると感じます。みなさん、ぜひご自身で泊まって体感してみてください。

ちなみに、総ケヤキ造りの明治館は、あの東日本大震災でもビクともしなかったのだそうです。震度5強に耐えられた理由の一つと考えられるのが、この立派な吊り柱。五重塔の心柱と同じ制振効果があるということでした。

 

それに対して江戸館の方は大規模半壊という事態に。一時は廃業の危機にあった「なかむらや」ですが、大女将さんの気迫と専門家の技術で、耐震補強をしつつ歴史を残した建物再生が成し遂げられたのだそうです。

 

まとめ

江戸時代から大火や戦火をくぐり抜け、そして此度の大震災も乗り越えた「なかむらや」。これだけの建物は、その内装も含め、いまから同じように作ろうとして作れるものではありません。現役の旅館として営業を続けるために必要な、日々の手入れも相当なものでしょう。そうやって7代にわたって受け継がれてきたのは、建物だけでなく「人をもてなす心」です。無論、「なかむらや」のパンフレットにそんなことは書いてありませんが、泊まった人ならだれもが感じるだろうと確信しました。

 

「贅沢=豪華/高価」というのも間違いではないでしょう。星の数がいくつとか、高級ホテル専門予約サイトに載っているとか、もちろん選択の基準として否定はしません。筆者も長い人生、そういう「贅沢」に憧れた時期もありました(笑)。けれど、飯坂の「なかむらや旅館」には、別の価値観で「贅沢」を堪能できる人にぜひ泊まってほしいと思います。

飯坂温泉なかむらや旅館

福島市飯坂町字湯沢18番地

024-524-4050

1泊2食付きで大人1名あたり12,000~16,000円(消費税・入湯税別)
※予約は現在のところ電話のみ

1

2

その他の福島市の記事

福島駅前で旬な日本酒を飲み比べ!県民ファンも多い福島観光物産館はこんなところ

福島駅前で旬な日本酒を飲み比べ!県民ファンも多い福島観光物産館は…

福島市観光
進化する土湯温泉!新たな滞在スタイルを提案する注目の施設をご紹介

進化する土湯温泉!新たな滞在スタイルを提案する注目の施設をご紹介

福島市観光
マニアックすぎる福島の観光スポット「摺上川ダム」の魅力

マニアックすぎる福島の観光スポット「摺上川ダム」の魅力

福島市観光
今の時期にぴったり!岳温泉で美肌の湯と絶品スイーツに身も心も癒される

今の時期にぴったり!岳温泉で美肌の湯と絶品スイーツに身も心も癒さ…

福島市観光
いつも同じところじゃつまらない!大人から子どもまで楽しめる福島市のおしゃれインドアパークCHANNEL SQUARE

いつも同じところじゃつまらない!大人から子どもまで楽しめる福島市…

福島市観光
福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選

福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット1…

福島市観光

福島県の温泉記事

ライダー歴20年の筆者がこっそり勧める福島でツーリングするなら立ち寄りたい秘湯「湯岐温泉」

ライダー歴20年の筆者がこっそり勧める福島でツーリングするなら立…

棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村観光
歴史に思いを馳せながら巡る一泊二日旅。会津を満喫できるモデルコースはコレ!

歴史に思いを馳せながら巡る一泊二日旅。会津を満喫できるモデルコー…

会津若松観光
珍しい湯から話題性のある温泉まで。福島にある癒しの秘湯5選

珍しい湯から話題性のある温泉まで。福島にある癒しの秘湯5選

名物グルメあり!レトロな雰囲気漂う飯坂温泉街の見どころまとめ

名物グルメあり!レトロな雰囲気漂う飯坂温泉街の見どころまとめ

福島市観光
時間という概念を忘れさせてくれる大人の隠れ家 会津東山温泉「向瀧」

時間という概念を忘れさせてくれる大人の隠れ家 会津東山温泉「向瀧…

会津若松観光
冬だからこそ行きたい“粋”のある福島県の旅館・温泉10選

冬だからこそ行きたい“粋”のある福島県の旅館・温泉10選

編集部おすすめ福島観光ルート

会津方面

会津方面

主な観光スポット・グルメ

鶴ヶ城、会津ブランド館、東山温泉、大内宿、さざえ堂、ソースカツ丼、喜多方ラーメン、リバティ会津

いわき方面

いわき方面

主な観光スポット・グルメ

スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、いわき湯本温泉、三崎公園

福島市方面

福島市方面

主な観光スポット・グルメ

花見山、高湯温泉、飯坂温泉、土湯温泉、花ももの里、フルーツライン、磐梯吾妻スカイライン、円盤餃子

今おすすめの観光スポット・記事

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光
秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨ 5選

秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨…

福島市観光
秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

会津坂下町・会津美里町観光
水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲沢沼』&『観音沼』

水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と尾瀬沼で秋を感じよう

いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉は必見

秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光

人気の記事

ねぎそば
旅の醍醐味は食にアリ! これを食べなきゃ帰れない福島のご当地グルメ18選
大内宿
大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ
磐梯吾妻スカイライン
福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選
福島県ってどんなところ?よく聞かれる質問を一問一答で紹介!
羊羹ファンタジア
県民がオススメする福島のお土産|定番からユニークなものまで厳選リスト!
金賞受賞酒
「福島の日本酒ガイド」決定版! 選んでまちがいないお酒はコレ!
会津に行くなら外せない! 鶴ヶ城の見どころをまるっと紹介
とら系ラーメンの総本山『とら食堂』を行かずして白河ラーメンは語れない!
大内宿雪まつり
祭り好き必見!福島県で歴史あるお祭り・伝統行事10選