会津さざえ堂

会津さざえ堂、世界的にみても珍しい構造なのはダ・ヴィンチが関係していた!?

会津若松市の飯盛山にて建立された世界でも珍しい二重螺旋構造、「円通三匝堂」はご存でしょうか? その特異な構造や外観がサザエに似ていることから「会津さざえ堂」とも呼ばれており、市内でも有数の観光スポットとなっています。

このお堂の特徴でもある螺旋構造は、万能人とまで言われた天才、レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したともいわれており、それがめぐりめぐって会津若松に伝えられたともいわれています。その真相は定かではありませんが、訪れれば二重螺旋が生み出す“不思議な錯覚”に見舞われまるはずですよ!

 

不思議な螺旋構造に心躍る「会津さざえ堂」で錯覚を体験

 

戊辰戦争時、会津藩が組織した青年部隊・白虎隊の墓所がある飯盛山。その中腹に「会津さざえ堂」があります。会津さざえ堂は1796年に建立されて以来その姿を変えておらず、現在は国の重要文化財にも指定されている貴重な建築物です。

お堂の高さは実に16.5mと当時の建物にしてはなかなかの規模。外観は名前の由来ともなっている「さざえ」のような渦巻きも見て取れますが、その他にも注目すべき点があります。窓枠が斜めになっていますよね?  これこそ会津さざえ堂が不思議と言われる所以にもなっています。じっと見ていると揺れているような、そんな不思議な建物なんです。

龍の彫刻に、本堂の考案者・郁堂和尚の木像が祭られています。 入館料(大人400円/高校生300円/小中学生200円)を支払えばどなたでも入ることが出来ます。2〜3分で周れまるので入りましょう!

 

スロープが感覚を狂わせる、いざ内部へ

内部は一本道で時計回りのスロープとなっているので、平行感覚が早くも失われていきます。また建物自体の年期はもちろん、天井も異様に低く圧迫感? といいますか、なんとも不思議。

お堂内は一度通ると同じ場所には戻れない、すれ違わない一本道。仏教の礼法「右繞三匝」に基づき、上りに一回転半、下りに一回転半し、合計三回転する構造になっています。

中央の柱には下り側を覗ける箇所もありました。

およそ一回転半昇れば最上階ですが、途中には会津若松の市街を一望できるの小窓(?)がありました。市内を一望できるシャッタースポットです。

あっという間に最上階に到達しますが、ここでちょっとビックリ笑。 天井はご覧の通り一面千社札だらけなんです。

元々、会津さざえ堂は阿弥陀如来を本尊とし西国三十三観音像(現在は「皇朝二十四孝」の額が取りつけられています。)が安置されていたので、参拝者は参籠の代わりに千社札を貼っていったそうです。手軽るに参拝できることから、当時の人々に大変重宝されていました。

そのため天井以外にも建物の至る所に千社札が張られています。
※現在は禁止されているので張ったりしないように!

さざえ堂最上階2

そして、ここが分岐点です。この複雑な構造の肝となる部分。上りと下りを繋ぐ折り返し地点の“太鼓橋”と呼ばれており、ここを渡れば反時計回りで下りの斜路が続きます。

下りも一回転半すればすぐに出口へ。入り口の真裏に位置しています。 この不思議な建物が200年以上前から存在していたとはにわかに信じられませんね……。

さざえ堂構図出典:http://www.geocities.jp/aizu_sazaedo/pg06.html

ちなみに、こちらがさざえ堂の透視図です。上りと下りで全くすれ違わない構造は本当のようです。

また、会津さざえ堂の近くに気になる石碑も発見しました。 「天高し ピサの斜塔と さざえ堂」 俳人・成瀬 櫻桃子(なるせ おうとうし)が詠んだ句碑でした。確かにピサの斜塔にも似てる……のかもしれません。日本版・ピサの斜塔ってことですかね?

 

白虎隊縁の地「飯盛山」も立ち寄ろう

会津さざえ堂がある飯盛山は、会津藩が組織した青年部隊・白虎隊や新選組局長・近藤勇の墓所もあります。年間200万人ともいわれる観光客が訪れることでも有名です。

入り口を直進すると長い階段があますが、標高314mと比較的に低い山なので登りやすくなっています。別料金を払えばエスカレーターも利用するも可能です。

飯盛山に逃れた白虎隊は、鶴ヶ城(会津若松城)が燃えているのを“落城”とたし思い込んでしまいその場で20名が自刃しました。

しかし、奇跡的に一命を取り留めた飯沼貞吉氏は晩年、「隊員は城が焼け落ちていないことを知りながらも、武士の本分を明らかにするために自刃した。」と語っています。その後77歳でその生涯を終えました。

墓所の他にも、白虎隊や新選組にまつわる資料館やスポットが周辺に点在しています。会津さざえ堂とはセットで訪れる方が多いので、こちらもぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

会津さざえ堂のアクセス

〒965-0003 福島県会津若松市一箕町八幡弁天下1404

大人400円/高校生300円/小中学生200円

4月~12月 08:15~日没/1月~3月 09:00~16: 00

0242-22-3163

 

まとめ

以上、会津さざえ堂とその周辺のスポット紹介でした。世界的にも非常に珍しいといわれる、会津さざえ堂とダ・ヴィンチとつながっていたかもしれないなんて、ロマンがありますよね。

螺旋建築は足を運んでみないとその凄さが伝わりずらい部分もあるので、ぜひ立ち寄ってほしいと思います。そして一緒に、白虎隊らの歴史にも触れてほしいです。

会津さざえ堂