大内宿

大内宿が120%楽しめる!観光にピッタリな見どころまとめ

福島県の観光スポットの中でも1位、2位を争うほどの人気観光スポット「大内宿」は、福島県南部の人里離れた山間部に30軒以上の茅葺き屋根の民家が立ち並ぶ江戸時代から残り続ける宿場町です。

年間を通して100万人以上の観光客が足を運び、近年はテレビ撮影やメディア等に取り上げられる事も。
また、2月には雪灯籠に照らし出される幻想的な雪まつりが行われなど、1年を通して多くの人が訪れる人気スポットです。

まるでタイムスリップしたかのような感覚にもなる歴史的な宿場町「大内宿」の見どころをご紹介します。

歴史情緒ある茅葺き屋根の民家が特徴的な大内宿

福島県南会津、旧会津西街道の両側に茅葺屋根の民家が建ち並ぶ一体が大内宿です。

大内宿

約400年以上前、江戸時代には運搬路として重要な道であった会津西街道(日光から会津につながってる)沿いの宿場町として参勤交代で江戸へ向かう大名や旅人の宿場町として栄えました。

中には、あの伊達政宗が小田原参陣、豊臣秀吉が奥羽仕置きで、この大内宿を通行した記録があるほど。

こちらが大内宿の全体マップです。

大内宿map出典:(http://ouchi-juku.com/index.php?Map

ここまで当時の状態で残っているのも、明治以降、主要な交通道路から外れるなど時代の変化が大きく関係しているそうです。

目の前で見ると、江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚になること間違いなしです!

茅葺屋根
茅葺屋根2

ちなみに、昭和56年には、全国で三番目に国が指定する重要伝統的建造物郡保存地区に指定されました。

大内宿名物の高遠そば(ねぎそば)

大内宿の全長約1キロの区間には、多くの民家がお店やお食事処を営んでいます。中でも名物と言えばこの高遠そば(ねぎそば)です! 観光客の中にはこの「ねぎそば」を目当てに来る方も多いほど。

それもそのはず、名前の通り豪快に添えられた、ねぎ!

ねぎそば
実は、このねぎは箸代わりに使うために添えられたものなのです。そのため、箸は頼まない限り出てきません笑。

ねぎを使って、そばを掬うのですが、少し慣れないうちは難しいかもしれません。あと、ねぎのかじり過ぎに注意ですよ。そばが食べれなくなってしまうので!

ねぎそばの歴史

ちなみに、箸代わりに一本ねぎを使い、そばを食べる独特な文化「ねぎそば」のルーツは、長野県の高遠そばが会津の地で広まった事から始まり、「ネギのように細く長く、白髪の生えるまで白く生きる」というお祝いの意味も込めて、ねぎを添えるようになったそうです。

ねぎそば2

大内宿に訪れた際は、必ず食べておきたい名物ねぎそばは、お昼時はすぐに売り切れる可能性もありますので、早めの昼食をオススメします!
また、ねぎそば以外にもイワナや味噌もち、まんじゅうなど田舎ならではの郷土料理を食べ歩きが楽しめるのも魅力の一つです。

大内宿にある当時の生活が再現した町並み展示館

大内宿を進んだ先にある本陣跡地中央には下郷町・町並み展示館(料金:大人250円、子供150円)があり、当時の生活が再現された生活用具展示物が置かれてます。

昔の用具

現代は、機械によって全自動なんてのも当たり前ですが、当時は、様々な工程ごとに道具を使って生活していたことが分かりますね。

昔の用具2

中にある囲炉裏では、お子さんと「昔はこんな道具を使って生活していたんだよ」とお話しながら、くつろぐこともできちゃいます。

暖炉

1

2

次のページへ
大内宿