鶴ヶ城の桜
福島TRIP編集部

歴史に思いを馳せながら巡る一泊二日旅。会津を満喫できるモデルコースはコレ!

会津若松観光

福島旅行といえば、会津と考える方も多いと思います。東日本大震災以降、減少していた観光客もほぼ元に戻り、修学旅行生や海外の方々など、全国各地から観光客が訪れています。歴史の深い会津には、魅力的な観光スポットが満載! おいしいグルメも見逃せません。

今回は、一泊二日の会津旅のモデルコースを紹介していきたいと思います。

1日目

会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」(若松城跡)

会津といえば、真っ先に思い浮かぶのが「鶴ヶ城」。戊辰戦争の際、籠城約1ヵ月の激しい攻防戦に耐え抜いた名城です。日本で唯一の赤瓦天守閣であり、国指定史跡にもなっています。

このお城は、会津若松市のシンボル的存在。そして、福島県民のほとんどが一度は訪れたことがあるはず。天守閣に登れば、市内のほぼ全景と思われる範囲まで見渡すことができます。

また、敷地内は公園になっていて、広さは東京ドーム6個分なんだとか!
春はたくさんの桜が見る人の目を和ませ、冬は雪に覆われたモノトーンの姿が唯一無二の存在感を醸し出します。その四季折々の景色を眺めながら、市民の憩いの場として、鶴ヶ城は今も美しく荘厳に存在しています。

鶴ヶ城

会津若松市追手町1-1

大人410円、小中学生150円

無休

天守閣 8:30~17:00(最終入場16:30

0242-27-4005(一般財団法人 会津若松観光ビューロー)

http://www.tsurugajo.com/turugajo/shiro-top.html

Googleマップ

会津のグルメを堪能

会津といえば、ソースかつ丼、馬刺し、こづゆなどがありますが、今回は会津の郷土料理のひとつ “田楽(でんがく)” をご紹介します。

鶴ヶ城からほど近い七日町に場所を移動しましょう。
なお、会津若松市内の観光には「まちなか周遊バス」が便利です!

お目当ての「満田屋(みつたや)」は、会津若松のメインストリートにあります。江戸時代末期に創業した味噌蔵を改装した立派な店構えです。

こんにゃく、しんごろう餅、身欠ニシンなどに、秘伝の味噌だれを塗って囲炉裏で一つひとつていねいに焼き上げます。華やかさはあまりないかもしれませんが、じっくりていねいに焼いて食べる田楽って、会津の人の気質に似ていません?

おすすめは「みそ田楽コース」(1,400円)。程よい甘さの味噌と香ばしい香りが食欲をいっそうかきたてます。一つ食べれば、焼きたてのおいしさに驚かされるはず。ゆったりとした空間の中、おいしい田楽をほおばり、至福の時を過ごしてください。

満田屋

会津若松市大町1丁目1-25

1月~3月は毎週水曜日 4月~12月は第1・2・3水曜日
※祝祭日の場合は営業

10:00~17:00

0242-27-1345

https://www.mitsutaya.jp/index.html

Googleマップ

会津に来たからにはやっぱり「ソースカツ丼」は外せないな~という方は、「とん亭」はいかがでしょう。

米は会津のコシヒカリ、豚肉は福島特産品エゴマ豚を使用し、さらに器は会津漆器と徹底した地産地消にこだわる老舗です。ボリュームのあるエゴマ豚のカツと自家製のソースは抜群の相性! また、会津ブランドの馬肉(さくら肉)を重ねて揚げたソースカツもオススメです。

とん亭

会津若松市天寧寺町1-11

月曜日・祝日の場合翌日

11:00~14:00 17:00~20:00

0242-27-2191

Googleマップ

その他、ソースカツ丼がおすすめのお店はこちらをご覧ください。
関連記事:【王道からデカ盛まで!】会津若松の名物ソースカツ丼でオススメしたい名店9選

作家の一点ものが揃う「会津ブランド館」

さて、満田屋から少し歩いたところにある「会津ブランド館」をのぞいてみましょう。スタイリッシュでとてもステキな外観なので、すぐに見つけられると思います。ここは世界に一つだけの会津土産が売っています。

店内に入ると、会津地方17市町村の特産品や作家さんの作品など、限定商品がたくさん!ここで注目して欲しいのが、作家さんの作品です。会津を感じさせる素材やモチーフを使った品々が、どれも本当にかわいらしくて、見ているだけで興奮しちゃいます。

その土地ならではのものっていいですよね~。どれも微妙に違うので、自分だけのお気に入りを見つけるのも楽しいですね。また、人とちょっと違ったお土産を買いたい方にもおすすめです。
観光客だけでなく、地元の方からも愛されるこのお店。2階にはカフェもあるので、買い物後はここでほっと一息つけますよ。

会津ブランド館

会津若松市七日町6-15

不定休

11:00~16:00

0242-25-4141

Googleマップ

その他、会津若松観光の関連記事は以下をご覧ください。

ガイドさんが勧める会津若松城(鶴ヶ城)の見どころと四季折々の季節イベントを紹介

会津の歴史が蘇る!綾瀬はるかも登場する祭典「会津まつり」に行ってきた(9月下旬)

会津若松市の観光ならココで間違いなし!地元民が選ぶベスト11スポット

世界で一つの絵ろうそく作りはいかが? ハーフ美女と巡る会津若松イチ押しスポット

会津さざえ堂、世界的にみても珍しい構造なのはダ・ヴィンチが関係していた!?

会津若松の奥座敷「東山温泉」でゆったり

そろそろ宿の方に向かってみましょう。

約1300年前の歴史がある「会津東山温泉」は、会津若松から車で10~15分の近さ。まちなか周遊バスや宿の送迎などが利用できます。硫酸塩泉のサラリとした湯は、打ち身や傷に効能があるといわれ、江戸時代には会津藩の湯治場としても栄えた名湯。

いくつもの温泉旅館がありますがここでは「原瀧」をご紹介します。

原瀧は自家源泉を所有し、100%源泉かけ流しの露天風呂が自慢の宿。貸切展望風呂は全4室あります。自然滝「原滝」を眼下に臨み、せせらぎに癒されながら過ごすことができます。四季折々の美しさに惹かれて、リピートするひとも多いんだとか。

そして、この宿の目玉となるのが「川床」。目の前に自然滝と清流が迫るダイニング会場で、食事をとることができます。贅沢な気分が味わえ、旅がちょっとリッチなものになります。春夏の期間のみ利用が可能(完全予約制、日帰り利用も可)。旬のおいしいところをいただけるお品書きにも期待できますよ。
また、川床を利用しない場合は、温かいかまど料理や焼きたての郷土料理の炭火焼きが楽しめ、そちらも好評です。

原瀧

会津若松市東山湯本 235

0242-26-4126

https://www.yumeguri.co.jp/index.php

Googleマップ

ほかにも東山温泉には、創業明治6年(1873年)、今では再現不可能な木造建築といわれ、国の登録文化財の第一号に選ばれている老舗旅館「向瀧」もあります。

関連記事:時間という概念を忘れさせてくれる大人の隠れ家 会津東山温泉「向瀧」

 

2日目

江戸時代の面影を残す茅葺き屋根の町並みで有名「大内宿」

二日目は、会津に来たらやっぱり外せない「大内宿」。以前の記事はこちらから。

関連記事:大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ

大内宿は、江戸時代に会津若松城下と日光今市を結ぶ会津西街道(下野街道)の宿場町として栄えました。現在も当時の面影そのままに、茅葺屋根の民家が街道沿いに約1km連なり、多くの観光客が訪れます。現在は、国選定重要伝統的建造物郡保存地区に指定され、地元の方々が大切にメンテナンスを行っています。

約30軒のお土産屋やお食事処が軒を連ねる大内宿。賑やかで、なんだか本当に江戸時代の宿場町に来たみたい。
ここで有名なのが、高遠そば(ねぎそば)。お椀の上に一本ねぎがど~ん!見た目のインパクト強めです。

上に乗っている一本ねぎを箸代わりに使って食べるんですよ!この食べ方は昔から伝わる会津地方の伝統で、婚礼などのおめでたい席で子孫繁栄を願って行われたそうです。

そして、大内宿といえばこの景色!

この写真、よく見かけるアングルですよね。入口から一番奥まで進み、石段を登るとこの見晴台があります。ここが一番のフォトスポットです。

夏には半夏まつり、冬には雪灯籠に照らし出される幻想的な雪まつりなどが行われ、観光客は年間100万人以上!
みなさんも一度、足を運んでみませんか?

最寄り駅の会津鉄道「湯野上温泉駅」は、全国的にもめずらしい茅葺き屋根の駅舎で知られており、東北の駅百選にも選ばれています。

大内宿

南会津郡下郷町大字大内

0241-68-3611(大内宿観光協会)

http://ouchi-juku.com/

Googleマップ

追加コース1:喜多方ラーメンも食べたい方、必見!!

車移動の方、時間に余裕のある方は、もう一か所。喜多方に行ってみましょう。

喜多方ラーメンの本場で、一杯食べてから帰ってもいいじゃないか、人間だもの。
とはいえ、喜多方はラーメンの名店が多いので、紹介するほうも迷うんですよね……。

今回は王道の中から1件ピックアップしますね。
「坂内食堂」はどうでしょう?このお店は朝ラーもやっています。移動距離は多くなってしまいますが、大内宿の前に行ってもいいかもしれません。おいしいラーメンのために!

関連記事:朝からラーメン!?喜多方の“朝ラー”でオススメのお店5選


支那そばが税込650円は、安いですよね。透明感のある塩味のスープに、中太の縮れ麺。少し厚めに切られた小ぶりなチャーシューは、トロリとしながらもしつこくない味。やっぱり本場は安くて、うまいな~!

この勢いで、食いしん坊さんは喜多方ラーメンの食べ比べの旅に変更してもいいかも……。

坂内食堂

喜多方市字細田7230

木曜日(その他臨時休業あり)

7:00~18:00

0241-22-0351

http://shop.bannaisyokudou.jp/

Googleマップ

追加コース2:奇岩が並ぶ「塔のへつり」

午前中のうちに大内宿に着いたら、自然の好きな方は「塔のへつり」にも行ってみるのもいいかも。

関連記事:100万年の歳月を経て自然が作り出した造形物「塔のへつり」

会津の列車旅には「リバティ会津」もオススメ!

東京方面から会津旅行に来られる方は、浅草から乗り換え1回で会津若松まで来られる「リバティ会津」もオススメです。

「東武浅草駅」から会津鉄道「会津田島駅」まで乗り換えなしの直通で、1日4往復運行しています。また、会津田島駅から会津若松駅までは、乗り換えに無駄なく便利なリレー号が走っています。

東武浅草駅を9:00に出発すれば、会津若松駅には13:40分着。のどかな風景のなかを走る列車の車窓を楽しみながらの旅もまた魅力的です。
詳しくは会津鉄道のホームページをご覧ください。

まとめ

会津地方は観光名所がたくさんあります。中でも絶対に行っておきたい定番スポットのモデルコースを作ってみました。女子ならきっと買いたくなる人気のおみやげもGETできるし、おいしいグルメも満載。情緒あふれる会津旅へ出かけてみませんか。

その他の会津若松の記事

ガイドさんが勧める会津若松城(鶴ヶ城)の見どころと四季折々の季節イベントを紹介

ガイドさんが勧める会津若松城(鶴ヶ城)の見どころと四季折々の季節…

会津若松観光
歴史に思いを馳せながら巡る一泊二日旅。会津を満喫できるモデルコースはコレ!

歴史に思いを馳せながら巡る一泊二日旅。会津を満喫できるモデルコー…

会津若松観光
日本酒持って電車でGO!? 只見線“飲み鉄”体験レポート

日本酒持って電車でGO!? 只見線“飲み鉄”体験レポート

会津若松観光
今話題の南郷トマトを使った絶品トマトジュース!他《週刊福島TRIP 9/7~9/11》

今話題の南郷トマトを使った絶品トマトジュース!他《週刊福島TRI…

会津若松観光
酒造が見学できる話題のスタディツアーに参加してきた!

酒造が見学できる話題のスタディツアーに参加してきた!

会津若松観光
福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光

福島県の温泉記事

進化する土湯温泉!新たな滞在スタイルを提案する注目の施設をご紹介

進化する土湯温泉!新たな滞在スタイルを提案する注目の施設をご紹介

福島市観光
「福が満開、福のしま。」が利用出来る会津の温泉7選

「福が満開、福のしま。」が利用出来る会津の温泉7選

会津若松観光
【2019年版】花より団子?文化も食も味わいつくす 春の福島市観光

【2019年版】花より団子?文化も食も味わいつくす 春の福島市観…

福島市観光
名物グルメあり!レトロな雰囲気漂う飯坂温泉街の見どころまとめ

名物グルメあり!レトロな雰囲気漂う飯坂温泉街の見どころまとめ

福島市観光
ライダー歴20年の筆者がこっそり勧める福島でツーリングするなら立ち寄りたい秘湯「湯岐温泉」

ライダー歴20年の筆者がこっそり勧める福島でツーリングするなら立…

棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村観光
秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨ 5選

秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨…

福島市観光

編集部おすすめ福島観光ルート

会津方面

会津方面

主な観光スポット・グルメ

鶴ヶ城、会津ブランド館、東山温泉、大内宿、さざえ堂、ソースカツ丼、喜多方ラーメン、リバティ会津

いわき方面

いわき方面

主な観光スポット・グルメ

スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、いわき湯本温泉、三崎公園

福島市方面

福島市方面

主な観光スポット・グルメ

花見山、高湯温泉、飯坂温泉、土湯温泉、花ももの里、フルーツライン、磐梯吾妻スカイライン、円盤餃子

今おすすめの観光スポット・記事

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光
秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨ 5選

秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨…

福島市観光
秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

会津坂下町・会津美里町観光
水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲沢沼』&『観音沼』

水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と尾瀬沼で秋を感じよう

いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉は必見

秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光

人気の記事

一度食べれば病みつき?いわき流カツオ刺身の食べ方とは
桃の季節が始まる!おすすめしたい福島の桃20品種+2【評価ガイド付き】
大内宿
大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ
磐梯吾妻スカイライン
福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選
ねぎそば
旅の醍醐味は食にアリ! これを食べなきゃ帰れない福島のご当地グルメ18選
羊羹ファンタジア
県民がオススメする福島のお土産|定番からユニークなものまで厳選リスト!
金賞受賞酒
「福島の日本酒ガイド」決定版! 選んでまちがいないお酒はコレ!
ホタル
ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞スポットでロマンチックな気分にひたる
会津さざえ堂、世界的にみても珍しい構造なのはダ・ヴィンチが関係していた!?