中川 雅美

飯坂温泉の老舗「なかむらや旅館」で本当の贅沢を知る

福島市観光

温泉だらけの日本列島のなかでも、特に「温泉天国」といっていい我が福島県。筆者の住む福島市内だけでも、土湯、飯坂、高湯という古来の名湯があります。とりわけ飯坂温泉には高級旅館だけでなく共同浴場もたくさんあって、筆者もよく地元のみなさんに交じってお湯に浸かりに行きます。聞けばこのあたり、古い家だと風呂がないのも珍しくないそうで、飯坂ではまさに「源泉かけ流しとともにある暮らし」が営まれてきたんですね。

そんな飯坂温泉の中心に建つ、「なかむらや旅館」にこのたび一泊してきました。

 

ふだん共同浴場に来るたび、「あー温泉の近くに住んでいて幸せ♪」と感じる筆者ですが、お泊りとなるとそれほど頻繁に機会があるわけではありません。今回、東京から旧友2人が訪ねてきてくれたのを機に、ちょっと気になっていたこのお宿を予約してみたのです。

結論から言ってしまいますとね。これが「贅沢」というものなんだな、と心から感じる1泊2日でした。

 

国の有形文化財に登録されている「なかむらや」の建物は、江戸館と明治館に分かれています。江戸館が建てられたのは、そう、江戸時代。元禄元年(1688年)といいますから、今年でなんと築330年! 当初は花菱屋という旅籠だったそうですが、その建物を初代・阿部與右衛門(あべ・よえもん)さんが明治23年(1890年)に買い受け、「なかむらや」として創業。明治館はその後、明治29年(1896)年に増築されたもので、こちらも120年余の歴史が刻まれています。

 

暖簾をくぐって玄関に入ると、囲炉裏、帳場格子、大福帳など、創業当時のままの空間が残されています。ここでまず女子旅一同「わぁ~」(笑)笑顔のすてきな若女将さんに出迎えられた私たちは、囲炉裏端に陣取ってさっそく寛いでしまいました。

奥には5月の節句を前に武者人形が飾ってあり、その説明には「嘉永2年(1849年)」の文字が。

 

日本建築の粋を集めたお部屋

私たちのお部屋は明治館。なんと10畳3間つづきの2階をそっくり1組3人で占有するという贅沢さです。居間として使う一部屋は書院造で、床の間は紫檀・黒檀、床柱には鉄刀木(たがやさん)という銘木が使われています。

 

欄間、ガラス障子、襖……部屋のそこかしこに凝らされた意匠は、決して派手ではありませんが、素人目にもすばらしいものだとわかります。

 

つづく2部屋は、食事室と寝室として使われます。明治館の1階もほぼ同じ造りだそうです。

 

江戸館のほうのお部屋も見せていただきました。廊下を挟んだ左右で4間あります。江戸時代には、一段高くなっているほうに武士が泊まったのだとか。

 

全館の定員は1日3~4組。限られた数の宿泊客を、現在7代目となる阿部家のみなさんが心づくしでもてなしてくださいます。

 

貸切り利用できる2種類のお風呂

このサイズのお宿なので、お風呂は男女別大浴場ではなく家族風呂サイズが2つ。一組ごとに貸切りで利用できます。私たちはまず「寛ぎの湯」へ。こちらはシャワーとカランが付いています。

 

妙齢女子の入浴姿で福島TRIPのページビュー数を稼ごうと、筆者が脱衣場でカメラの設定にモタついている間に、浴室から友人の「きゃー」という声が聞こえてきました。あれ、「飯坂のお湯は熱いよ!」と伝えるの忘れていたっけか(笑)

それでも3人でお湯を揉めばまもなく適温に。飯坂のアルカリ性単純泉は本当に芯から身体が温まり、お肌もしっとり。何度入っても「いいお湯だなあ」と思います。で、妙齢女子の入浴姿はこちらです。↓

 

……失礼しました。

もう一つのお風呂、なかむらや初代の名を冠した「與右衛門の湯」は、シャワーやカランがなく、源泉かけ流しの湯船のみ。飯坂温泉のほとんどの共同浴場と同じスタイルで、これに慣れれば立派な「飯坂通」と言えるでしょう。

 

どちらも脱衣場には女将の手づくりという「どくだみ化粧水」が置いてありました。これ、イイです!時節柄まだ朝晩は少し肌寒く、灯油ストーブをつけた部屋はかなり乾燥していたのですが、これ1本だけでお肌が全然カサカサしませんでした。

 

お風呂上りは、冷水が用意されたお休み処で中庭を眺めながら一服。朝はここでコーヒーサービスもありましたよ。

1

2

次のページへ

その他の福島市の記事

飯坂温泉の老舗「なかむらや旅館」で本当の贅沢を知る

飯坂温泉の老舗「なかむらや旅館」で本当の贅沢を知る

福島市観光
福島駅前で旬な日本酒を飲み比べ!県民ファンも多い福島観光物産館はこんなところ

福島駅前で旬な日本酒を飲み比べ!県民ファンも多い福島観光物産館は…

福島市観光
筆者も通う、福島市で本好きがハマるスポットBEST3

筆者も通う、福島市で本好きがハマるスポットBEST3

福島市観光
一人20~30個は余裕!? JR福島駅から徒歩圏内にある「円盤餃子」の名店ベスト3!

一人20~30個は余裕!? JR福島駅から徒歩圏内にある「円盤餃…

福島市観光
いつだって「福島の桃」が食べたい! そんなあなたに「もも感」あふれる“独断”オススメ商品をご紹介

いつだって「福島の桃」が食べたい! そんなあなたに「もも感」あふ…

福島市観光
標高1,600mから見下ろす大パノラマ!浄土平の見どころ5選

標高1,600mから見下ろす大パノラマ!浄土平の見どころ5選

福島市観光

福島県の温泉記事

たった700円で絶景オーシャンビューの温泉が入れる穴場スポット「しおかぜ荘」

たった700円で絶景オーシャンビューの温泉が入れる穴場スポット「…

楢葉町・富岡町・川内村・浪江町・葛尾村観光
世界最大の露天風呂に、太平洋が一望できるいわきの温泉宿5選

世界最大の露天風呂に、太平洋が一望できるいわきの温泉宿5選

いわき観光
絶景の後は地酒に温泉も!安達太良山で大人の山旅を楽しむ

絶景の後は地酒に温泉も!安達太良山で大人の山旅を楽しむ

二本松観光
進化する土湯温泉!新たな滞在スタイルを提案する注目の施設をご紹介

進化する土湯温泉!新たな滞在スタイルを提案する注目の施設をご紹介

福島市観光
ライダー歴20年の筆者がこっそり勧める福島でツーリングするなら立ち寄りたい秘湯「湯岐温泉」

ライダー歴20年の筆者がこっそり勧める福島でツーリングするなら立…

棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村観光
名物グルメあり!レトロな雰囲気漂う飯坂温泉街の見どころまとめ

名物グルメあり!レトロな雰囲気漂う飯坂温泉街の見どころまとめ

福島市観光

近日開催予定のイベント

編集部おすすめ福島観光ルート

会津方面

会津方面

主な観光スポット・グルメ

鶴ヶ城、会津ブランド館、東山温泉、大内宿、さざえ堂、ソースカツ丼、喜多方ラーメン、リバティ会津

いわき方面

いわき方面

主な観光スポット・グルメ

スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、いわき湯本温泉、三崎公園

福島市方面

福島市方面

主な観光スポット・グルメ

花見山、高湯温泉、飯坂温泉、土湯温泉、花ももの里、フルーツライン、磐梯吾妻スカイライン、円盤餃子

今おすすめの観光スポット・記事

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光
花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

福島市観光
ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞スポットでロマンチックな気分にひたる

ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞…

伊達・桑折町・国見町・川俣町観光
夏休みは自然の中で水遊び! 【福島 “子ども” TRIP】厳選 水遊びスポット・ベスト5

夏休みは自然の中で水遊び! 【福島 “子ども” TRIP】厳選 …

本宮・大玉村観光
この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ平へ

この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
工場直送生ビールにジンギスカン、大人も楽しみ過ぎる四季の里で遊びつくせ!

工場直送生ビールにジンギスカン、大人も楽しみ過ぎる四季の里で遊び…

福島市観光

人気の記事

大内宿
大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ
大内宿雪まつり
祭り好き必見!福島県で歴史あるお祭り・伝統行事10選
クリームボックス
郡山市のソウルフード「クリームボックス」の名店8選
磐梯吾妻スカイライン
福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選
会津さざえ堂、世界的にみても珍しい構造なのはダ・ヴィンチが関係していた!?
金賞受賞酒
「福島の日本酒ガイド」決定版! 選んでまちがいないお酒はコレ!
一度食べれば病みつき?いわき流カツオ刺身の食べ方とは
福島県ってどんなところ?よく聞かれる質問を一問一答で紹介!
桃の季節が始まる!おすすめしたい福島の桃20品種+2【評価ガイド付き】