志田浜

夏休みは自然の中で水遊び! 【福島 “子ども” TRIP】厳選 水遊びスポット・ベスト5

お盆を迎え、夏休みもいよいよ終盤。とはいえ、まだまだ暑い日が続いていますね。
暑いなら水遊びをすればいいじゃない♪

今回は、県内の水遊びスポット・ベスト5をご紹介。ちびっ子から大人まで、幅広く楽しめる場所を厳選しました。
この夏を、悔いのないように思いっきりエンジョイしてくださいね!

「アクアマリンふくしま」蛇の目ビーチ(いわき市)

福島TRIPでも過去にご紹介したことのある「アクアマリンふくしま」。
魚や海の生き物が展示されている展示エリア、施設内の釣場で釣った魚を調理してその場で食べることができる参加型エリア、水族館の裏側をのぞけるバックヤードツアーなどがある、参加型水族館です。

(↓詳しくは、福島TRIP 過去の記事から↓)
『アクアマリンふくしま』だからこそ楽しめる見所を8つに厳選してみた

アクアマリンふくしまといえば、有名なのは三角トンネルの水槽。これは黒潮と親潮がぶつかる福島県沖の潮目を再現している水槽で、撮影スポットとしても人気があります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

?さん(@camri25)がシェアした投稿

アクアマリンふくしまのどこがおすすめかというと「蛇の目ビーチ」です。これは、広さ4,500㎡の敷地に磯・干潟・砂浜が再現された世界最大級のタッチプール。ヒトデやナマコを観察したり、潮干狩りをしたり、砂浜で砂遊びをしたり、リゾートホテルのプライベートビーチ感覚で自由に遊ぶことができます。

 

海が苦手な方や初めての小さなお子さんでも気軽に入りやすく、いつの間にか水浸しに……なんていうこともしばしば。
せっかくの海ですから、思いっきり遊ばせてあげたいですね。小さいお子さんはあらかじめ水着に着替えるか、着替えを持参しましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はらぺーにょさん(@harapeno_21)がシェアした投稿

蛇の目ビーチ

アクアマリンふくしま

福島県いわき市小名浜字辰巳町50

0246-73-2525

9:00~17:30(冬期12月1日~3月20日は 9:00~17:00

https://www.aquamarine.or.jp/

「あぶくま洞」と「入水(いりみず)鍾乳洞」(田村市)

磐越自動車道・小野ICもしくは、田村スマートICから車で約15分の場所にある「あぶくま洞」。洞内は年間通して約15℃という、真夏の避暑地です。

あぶくま洞(写真:ふくしまの旅より)

8,000万年という歳月をかけて創られた神秘的な鍾乳洞が、全長600mの洞内に渡って続きます。一般コースに加えて、追加料金を払うと探検コースに進むことができます。

探検コースでは、狭い所をかがんで進んだり、丸太のはしごや飛び石を渡ったりと冒険心がくすぐられます。中はキレイにライトアップさせていて、見ごたえバツグン!

あぶくま洞

福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1番地

0247-78-2125(あぶくま洞管理事務所)

8:30~(終了時間は時期によって異なる)

年中無休

https://abukumado.com/see/abukumado

 

さらにもっと冒険感を味わいたい方には、あぶくま洞から車で約10分のところにある「入水鍾乳洞」がおすすめ。こちらはかなりスリル満点の鍾乳洞です。A、B、Cの3コースがあり、B、Cコースは水に浸かりながら進んで大自然を体感できます。

入水鍾乳洞(写真:ふくしまの旅より)

おすすめの服装は

  • 厚手の帽子にヘッドライト
  • トレーナーのような厚手の上着
  • 短パンにビーチ用のマリンシューズなど、濡れてもいいもの

途中、四つん這いになったりしゃがんだりしながら進んで行くため、冷たい地下水に浸かって体温が奪われます。着替えとタオルを用意して、心してのぞみましょう! 初めてなら、Bコース(往復約60分)にチャレンジするくらいがベストです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHIORIさん(@shiorisato98)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まーさんさん(@gakusan.rif)がシェアした投稿

入水鍾乳洞

福島県田村市滝根町菅谷大六89-3

0247-78-3393(入水鍾乳洞管理事務所)

夏季(3月初旬~10月下旬) 8:30~17:00
  冬季(10月下旬~3月初旬)8:30~16:30

年中無休

https://abukumado.com/see/irimizu

「猪苗代湖」で湖水浴(猪苗代町)

福島県民おなじみの行楽地といえば、猪苗代湖。この湖は日本で4番目の大きさを誇り、夏になると海水浴ならぬ“湖水浴”でにぎわいます。

県外の方はもしかしたら湖水浴にあまり馴染みがないかもしれませんね。水質などの問題から日本では泳げる湖が少ないので、そういった意味ではレアな体験ができるのではないでしょうか。

猪苗代湖(写真:ふくしまの旅より)

水がしょっぱくないのと、砂浜が砂利浜(というのかは謎ですが、サラサラの砂ではなく粒の大き目な砂利)というくらいで、基本的には海となんら変わりはありません。むしろ海水と違ってべたつかないので、帰りも楽。

ほどよく波もあり、場所や天候に恵まれればウインドサーフィンやウェイクボードなどもできるんです。

(↓湖水浴ができる浜〔猪苗代観光協会HPより〕↓)
https://www.bandaisan.or.jp/enjoy/lake/kosuiyoku/

猪苗代湖は大きな湖なので、湖水浴場は各エリアで数ヶ所あります。周辺にはキャンプ場やホテルなどもあり、宿泊環境も整っているリゾート地です。好みの場所を見つけて楽しんでみてくださいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Crib inawashiroさん(@crib_inawashiro)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saki_aさん(@hal_coc_tok)がシェアした投稿

「みずいろ公園」(本宮市)

郡山市の隣、本宮市からは「みずいろ公園」をご紹介します。ここは、乳幼児から小学校低学年くらいまでの子ども向けの無料で遊べる公園。名称のとおり、水の恵みを生かし、水に親しむことをテーマにしています。
大型遊具や噴水などがあり、夏になると滝や噴水で水遊びをする子どもたちでいっぱいです。

みずいろ公園

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日下 さおりさん(@kusakasaori)がシェアした投稿

筆者のママ友曰く「みずいろ公園は福島県の湘南」とのこと。確かに、トップシーズンの8月はファミリー層で大にぎわい。日影が少なく場所取りの争奪戦になることが予想されますので、簡易テントやタープのようなものを持参するとスマートに行動できるでしょう。

敷地内には大型遊具もあるので、水遊びに飽きたらそちらで遊ぶこともでき、年間を通して楽しむことができます。

みずいろ公園

福島県本宮市本宮字馬場地内

0243-24-5405

終日開放(休園日なし)

https://www.city.motomiya.lg.jp/map/065.html

じゃぶじゃぶ池(亀ヶ城公園)(猪苗代町)

ちょっとした水遊びに最適なのはこちら。猪苗代町にある「亀ヶ城公園」内のじゃぶじゃぶ池です。ここは、オムツの取れた幼児から児童を中心に、ファミリーで楽しめる水あそびの空間。噴水池(水深約20cm)、せせらぎ(中流、水深約10cm)、亀をイメージさせるミニすべり台付き噴水池(水深約40cm)から構成されています。

ロケーションも最高で、目の前には大きな磐梯山が!! 施設は綺麗に管理整備されているので、小さな子がじゃぶじゃぶ遊ぶのにちょうどいいですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shigenariさん(@s_narry0319)がシェアした投稿

亀ヶ城公園 じゃぶじゃぶ池

福島県耶麻郡猪苗代町字古城跡7150

0242-62-2049(猪苗代観光協会)

まとめ

今回はファミリーで気軽に訪れることができる水遊びスポットを集めてみました。

県内では海水浴場の海開きも増え始め、沿岸部の復興が少しずつ進んでいるのを感じます。また、海水浴だけでなく、カヌー、カヤック、シャワーウォークなど、本格的な水遊びスポットもまだまだ盛りだくさん! それはまた、いつかのタイミングでご紹介していきたいと思います♪