_D6A9358re

今が旬!夏季限定の今しか飲めない福島の夏酒5選

毎日暑い日が続きますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか? ここ福島もようやく梅雨が明け、本格的な夏がやって来ました!

花火大会にBBQ、夏は何かとお酒を飲む機会も多いものですが、

「こう暑いとビールやハイボール、チューハイなどに手が伸びてしまって、なかなか日本酒の気分にならない……」

そんな方も、多いのでは?

実際、夏場は日本酒業界にとって不遇の季節。日本酒の売り上げが大幅に下がると言われています。

 

しかし!

 

最近では「日本酒が売れない季節」を逆手に取り、「夏酒」を売り出す酒蔵さんが増えてきたんです。今回はその中から選りすぐった5本をご紹介します。

 

そもそも「夏酒」とは?

答えは読んで字のごとく、夏(5月〜8月いっぱい)の間に販売される日本酒のこと。暑い時期に飲みやすいよう、すっきり爽やかなタイプが多いのが特徴です。

温度で味わいが変わるのが日本酒の面白さですが、夏酒は断然冷やして飲むのがオススメ!

このほか、氷を入れてオン・ザ・ロックや、ソーダで割って日本酒ハイボールなど、好みでアレンジしてもおいしくいただけます。通常の日本酒よりアルコール度数が低めのものも多いので、日本酒が苦手な方や初心者にもぴったり。

個人的には、ジャケ買いしたくなる、かわいいラベルが多いのも夏酒の魅力だと思っているので、ぜひそのあたりにも注目してみてくださいね!

 

各蔵元が趣向を凝らした注目の夏酒

 

会津中将 夏限定吟醸酒

会津中将 夏限定吟醸酒

朝顔と金魚を配したラベルがなんとも涼しげなこちらは、会津若松市の鶴乃江酒造さんの夏酒。

柔らかな甘みが暑さでバテた身体に沁みる〜!!

キンキンに冷やすとほんのりミントのようなスッキリ感も感じられて、のどごしの良さも楽しめます。アルコール度数は14.5度とやや抑えめ。

食前酒として夕涼みがてらキュッといくのがお似合いですね。

鶴乃江酒造

 

天明 さらさら純米

天明 さらさら純米

会津坂下町の曙酒造からは、花火をバックにキラキラな「天明」の文字が目を引くこちら。

純米らしいお米の旨味やコクもしっかり感じさせながら、「さらさら」という名前の通り驚くほど軽い飲み心地。どんどん杯が進み、飲み飽きしないとはこういうことか! と、きっと実感していただけることでしょう。

ちなみに、こちらも14度とアルコール度数低めの仕上がりとなっています。

曙酒造

 

七ロ万

七ロ万

花泉酒造が年間で何度かリリースしている「ロ万」シリーズの中でも、こちらは夏の定番品。

メタリックな青いラベルが素敵ですよね〜^^ 味わいも素晴らしく、一口飲んだ瞬間「え? メロン??」とびっくりしたほど。そのくらい超ジューシーな果汁感を楽しめるお酒です。

花泉さんらしい甘さとボリュームがありながら、クドくならないバランスはさすが!

花泉酒造

 

Tatsu−ism No.4

Tatsu−ism No.4

会津若松市の辰泉酒造さんによる辰ラベルシリーズの夏バージョン。潔い白地におなじみの辰のイラストが映えます。「夏のウマ☆カラ」のタグのとおり、しっかりウマくてキリッと辛い、そんな潔さを感じる味わい。

ほどよい酸味もいいアクセントになっていて、なんとも男前な印象です。スタミナ系の料理とも相性が良さそうなので、BBQなどにもぴったりではないでしょうか。

辰泉酒造

 

會津の夏

會津の夏

絵日記の一場面のようなラベルが目にも鮮やか! 会津酒造さんの、その名も「會津の夏」です。

すっきりした甘さと酸味のバランスが絶妙で、飲みやすい仕上がり。お米の旨味もバッチリ出てます。

会津酒造さんおなじみの「感じるままに飲んで下さい。」というメッセージの通り、このお酒をお供に思い思いの夏を感じていただければと思います!

会津酒造

 

まとめ

図らずも、会津のお酒ばかりになってしまいましたが、もちろん県内にはほかにもおいしい夏酒がたくさん! 間もなく販売終了になるお酒も出てくる頃なので、ぜひ早めに酒屋さんに行ってチェックしてみてください。

これらの夏酒、昔は暑さでお酒が傷んでしまうことから、輸送に耐えられず滅多に飲むことはできなかったとか。そう考えると科学の進歩って本当にありがたいなぁと、酒ラバーとしては思わずにはいられません。

冷蔵庫があって本当に良かった……!

1年でこの時期だけの贅沢な味わいをぜひ楽しんでみてください。

_D6A9358re