福島観光スポット

【厳選】福島県民が勧める!夏の福島観光でオススメの7スポット

福島の観光といえば、春夏秋冬で年間を通して楽しめるスポットがたくさんあります。

特に、福島県を楽しめるのが夏の季節!

都会では見ることのできない福島の自然や歴史が作り出した観光スポットや、夏の思い出作りにピッタリのレジャースポットまで過去に福島TRIPでご紹介した中から厳選しました!
この夏、福島に訪れたら一度は行って欲しいオススメの福島観光のスポットを7箇所ご紹介します。

詳しいスポットの情報は関連記事でも紹介していますので、そちらからチェックしましょう!

福島観光でオススメの7スポット

大内宿

大内宿

福島の人気観光スポットと言えば、やっぱり大内宿でしょう。
なんと江戸時代から残る宿場町であり、30軒ほどの茅葺き屋根の民家が立ち並んでいます。
江戸時代には重要な運搬路として、多くの商人や旅人、参勤交代で江戸へ向かう大名まで立ち寄る宿場町として栄えていました。
記録には、あの伊達政宗や豊臣秀吉も訪れたらしいです。

大内宿の名物は、そばに一本ネギが添えられた高遠そば(ねぎそば)
丸々一本のネギを使って、そばを掬うように食べるのが特徴です。
お昼時には売り切れ必須のため、大内宿での昼食は早めをオススメします!

ねぎそば

また、大内宿に訪れる際は、ピーク時の混雑が予想されますので、混雑を避けるためのルートを把握しておくと帰りがスムーズになりますよ♪
以下に、大内宿の見どころと大内宿の混雑を避けるルートを記載していますので、併せてご覧ください。

関連記事:【大内宿観光マニュアル】ねぎを箸代わり!?大内宿名物「ねぎそば」と見どころまとめ

塔のへつり

塔のへつり

福島の自然を象徴するような観光スポットでもある、塔のへつりは、なんと100万年もの歳月をかけて作られた断崖なんです!
浸食と風化によって形取られた岩肌は、決して都会では見ることのできない造形物でもあります。

今見れば大きくくり抜かれたような岩肌ですが、長い年月をかけて少しずつ削り取られていった結果だと考えると、本当に気の遠くなるような思いです笑
その他、塔のへつりには奇岩と呼ばれる特徴的な形をした岩が全部で17種類。
それぞれに名前が付けられています。

塔のへつり2

塔のへつりに向かうための塔のへつり駅も、自然の中に佇む秘境駅のような外観で新緑が楽しめること間違い無し!
ちなみに、東北の駅百選にも選ばれています。

関連記事:100万年の歳月を経て自然が作りだした造形物「塔のへつり」

五色沼

_IGP7949_R

本当に日本なのか疑うほど美しいエメラルドグリーンの水辺。
南国の海を想像させるような景観ですが、

安心してください。ここは福島ですよ!

実は、こんなに神秘的で綺麗な水辺ではありますが、五色沼と呼ばれる沼なんです!
福島が誇る名峰、磐梯山が明治21年に起こした大噴火の影響により生まれ、大小様々な沼が40箇所ほどあります。
それぞれの沼が特徴的な色をしており、中でも人気がこの毘沙門沼。(その他、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などがあります)

このエメラルドグリーンも季節や天候によって色味が左右されるので、訪れる度に違う景観が楽しめます。
もし、これくらいのエメラルドグリーンを見たい場合は、日の光の強い今の時期がオススメですので、晴れた日は絶好な日和です。

五色沼の毘沙門沼2

また、毘沙門沼にはハートの鯉がおり、このハートの鯉を見つけると恋愛成就するという伝説があるそうですよ!
デートにはもってこいですね!

関連記事:本当に日本!?エメラルドグリーンが美しすぎる五色沼

布引風の高原

布引風の高原のひまわり2

夏を象徴するひまわりが一面いっぱいに咲き乱れるスポットとしてオススメなのが布引風の高原(ぬのびきかぜのこうげん)です!
一帯には、100メートルほどの高さを誇る風力発電用の風車が30基ほどあり、さながらオランダの景観を思わせるのんびりした雰囲気が流れます。

布引風の高原

この布引風の高原がある場所は、標高約1,000メートルもの高所にあるため、晴れた日には磐梯山や猪苗代湖が一望できる見晴らしの良さもオススメしたいポイントですので、晴れた日には持ってこいのスポットです。

この夏、ひまわりに囲まれてスローライフ気分を味わうのもいいんじゃないでしょうか♪

関連記事:夏にこそ行きたい!ヒマワリ畑の新名所「布引風の高原」がオススメ!

あぶくま洞

東洋一の造形美。天然洞窟「あぶくま洞」を探検してきた!

「夏だけど、少しひんやり冷たい」そんなオススメのスポットがあぶくま洞です!
福島県田村市にある天然の鍾乳洞で、驚愕の8,000万年という歳月をかけて自然が作りだしたものなのです。

元は、採石場の跡地から石灰岩採掘中に発見されたのがあぶくま洞で、入り口から最も奥深い場所までの長さが約3,300mもあるながーーーい鍾乳洞です。
洞内の平均気温は14℃前後のため、夏真っ盛りの今の時期でも涼しいくらいです!

高さ29m!あぶくま洞最大のホール滝根御殿

中を進むと、一般コースと探検コースの2コースに分かれており、探検コースは映画に出てくるような「狭い道で天井も低いし、こんなとこ通れるの!?」と思うような体験ができる、まさに探検したい人向けのコースです笑
その分、探検コースには、鍾乳洞ならではの地下水が溜まるスポットなど見どころ満載!

先心の池

勇気がある探検家の方は、ぜひ探検コースを。

関連記事:洞窟探検にオススメ!自然が作り出した鍾乳洞「あぶくま洞」を探検してきた!

スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズ

福島のレジャー施設としては、全国的に最も有名なスポットがスパリゾートハワイアンズでしょう!
今年で創業50周年を迎え、7月には日本初の流れるアクアリウムプール「フィッシュゴーランド」がオープンし、家族からカップルまで楽しめる大型レジャー施設です。

その大きさは、なんと東京ドーム6個分の広さにもなり、館内は大型温水プール・温泉・ホテル・ゴルフ場など、あらゆるエンターテインメントが詰まったテーマパーク!

ちなみに、スパリゾートハワイアンズ(旧:常磐ハワイアンセンター)誕生までの過程を描いた映画「フラガール」の元にもなっており、南海キャンディーズのシズちゃんが出演して話題になりました。

スパリゾートハワイアンズは、日本にいながら、ハワイの常夏を感じる夏旅にオススメですよ!

関連記事:南国リゾートから宇宙体験まで!家族で楽しめる福島のレジャー6選

環境水族館 アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま

全国のオススメ水族館ランキングでも上位に入る人気水族館「環境水族館 アクアマリンふくしま」
アクアマリンふくしまが位置する太平洋側の海は、暖かい黒潮と、冷たい親潮が交わる「潮目の海」とも呼ばれており、さまざまな魚がとれる好漁場として知られています。

その福島県の海を再現したものがアクアマリンふくしまで、「宝石のアクアマリン」をモチーフにしたガラス張りの外観に館内は、潮目をテーマとした16のエリアに分かれています。
まさに福島の海の生態系がぎゅぎゅっと凝縮されたような水族館と言えます。

三角トンネル2

特に、名前の環境水族館にもあるように、水族館としてだけでなく子供の学習の場となるような教育施設としての一面もあり、展示物の中には、生き物の「生と死」をテーマとして生命の連鎖について学ぶことができる場所もあるなど、普段の生活で教えることの難しい「命の尊さ」について学ぶ機会もあるんです。

カクレクマノ

その他、アクアマリンふくしまが開館当初から注力してきたのが「シーラカンス」の生態調査で、シーラカンスについて知ることのできる展示エリアがあります。
生きた化石とも言われるシーラカンスの標本や世界で初めて撮影に成功したシーラカンスの稚魚の映像なども公開されていますよ!

関連記事:夢中で眺めちゃう!海の生態系が再現された環境水族館 アクアマリンふくしま

まとめ

実は、今回ご紹介するスポットに一つ加えたかったのが「浄土平」でした。
磐梯吾妻スカイラインを通って行くことができ、あまりの美しい景観に作家・井上靖氏が「吾妻八景」と名づけるほどの絶景スポットです。

関連記事:標高1,600mから見下ろす大パノラマ!浄土平の見どころ5選

今の季節は、標高1600m以上から満天の星空を見上げることができる浄土平天文台をご紹介したかったのですが、吾妻山の噴火警戒の影響で磐梯吾妻スカイラインが夜間通行止めのため断念……。
浄土平天文台は、また別の機会にご紹介したいと思いますので楽しみにしていてください^^

浄土平天文台出典:(http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/221

年間を通して、楽しめる福島県ですが、特に夏はオススメしたい箇所が盛りだくさんですので、今年の夏に福島に訪れた際は、参考にしてみてください!

福島観光スポット