カルチャーデートにうってつけ!僕が勧める福島の美術館ベスト4

古いはずなのにどこか新しさを感じる『飯坂明治大正ガラス美術館』

飯坂明治大正ガラス美術館は明治大正時代のガラス細工を3,000点以上も展示されています。川沿いにいきなり現れる赤いレンガ調の建物が飯坂明治大正ガラス美術館です。

小物がとにかく可愛くて、絶対使われてないであろうなんかが置かれています。

どんな世界が広がっているんでしょう……。

はい、もう、とにかくかわいい。

 

レトロかわいい。それがこの美術館のすべてです。

展示室は薄暗くしてあって、ガラスの展示物にスポットライトを当てることでより輝かせています。

展示の他、ミュージアムショップ、世界各国からめずらしい雑貨を集めたバラエティショップ、レトロなメニューが楽しめる喫茶ぽっぺんも併設されています。

このミュージアムショップにはブライダルギフトにピッタリな商品も揃っているそうで。

 

以下、妄想。

ここでデートをしたあるカップルが、とうとう結婚。

彼氏:明日はとうとう結婚式だね。

彼女:うん。

彼氏:「あ、覚えてる?あの飯坂のガラス美術館。

彼女:うん、覚えてる。綺麗だったよね。

彼氏:そうそう。キラキラしてて、レトロで、でもなんか新しいっていうかね。

彼女:うんうん。あれはよかったよね。

彼氏:よかった~、覚えてて。はい、これ。

彼女:え? これってあの時話したブライダルの? え? うそ……涙

なんてことはそうそうないと思いますが、そんなカップルがいたら夢があっていいですね。

西洋への憧れを持ち、独自の文化を発展させた日本のガラス細工の歴史や当時の人に思いを馳せながら、キラキラと輝くガラスの世界に2人で浸る大人なデートとしておすすめです。

飯坂明治大正ガラス美術館

〒960-0201 福島県福島市 飯坂町小川端2-14

大人700円

9:00~17:00

024-543-1500

 

え、あの人の美術庭園? 『福島片岡鶴太郎美術庭園』

「片岡鶴太郎?ってあのタレントの? え? 美術?」

その気持ちすごくわかります。テレビで活躍する片岡鶴太郎さんですが、芸術家としても才能をお持ちで、「芸術は爆発だ」で有名な、あの岡本太郎さんから評価された実力の持ち主なんです。

こちらの福島片岡鶴太郎美術庭園の文字は鶴太郎さん直筆のサインをロゴ化したものなんです。うーん、さすが雰囲気のある字を書きますね。

美術庭園というだけあって木々に囲まれた落ち着きのある空間です。今は冬のためちょっと哀愁がすごい。

冬のさみしげな表情もいいし、木々が青々とする春の表情も楽しみなスポットです。

館内では片岡鶴太郎さんの絵画、陶器、漆器、屏風画など80点を展示。はじめて鶴太郎さんの作品を見たのですが、インドの仏教の神様などの作品が多く展示してありました。そこには鶴太郎さんの一言が添えてあるのが特徴。

もう一つの特徴として鯉の作品が多いことです。描いた輪郭の外にはみ出るように色を乗せる手法は、大胆さが感じられます!

中には金箔がアシラワれた作品もあって、ライトに当てられて角度によって表情を変える演出が憎い! 憎い演出!

再び僕のイラスト登場。

菓匠 吉兆松屋サロンも同区画にあり、季節に合わせた本格的な料理を楽しむことができます。

ただし、こちら冬期は休業……。飯坂は雪もたくさん降る地域なので、春までちょっとおあずけです。

鶴太郎さんの個性が爆発する作品を観終えたら和菓子とお茶で締める、春の和デートなんていいですよね。

福島片岡鶴太郎美術庭園

〒960-0201 福島県福島市飯坂町字銀杏1-13

一般 950円

9:00~17:00

 

まとめ

県民にも「田舎だから。」なんて言われてしまう福島県ですが、探してみると感性をざくざくと刺激されるスポットがたくさん。

2人で行けるけどそれぞれの見方があって、終わった後は感想を話し合う。そんな意味では映画デートとも共通点の多いのが “カルチャーデート” の魅力。

田舎ならではの美しい自然には誇りを持ちつつ、たまにはアートやカルチャーに触れながら、併設されたカフェや道の駅でゆっくり。

なんて穏やかな休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

1

2