末廣酒造

訪ねて楽しい日本酒の蔵元第1位! 会津若松「末廣酒造」の蔵見学が面白い

西では桜も散り始めましたが、東北はまだこれからです! 平日、休日問わず花見三昧という方も多いではないでしょうか(^o^) お花見の楽しみ方は人ぞれぞれですが、私は真っ先に“お酒”がでてきます……笑。

さて、そのお酒といえば福島県ではとっても馴染み深い存在ですよね。中でも日本酒は全国有数の酒どころでもあります! 実は少し前に、福島県は会津若松にある末廣酒造「嘉永蔵」の蔵見学にいってきました。

会津地方は日本酒作りが活発な土地としても有名ですが、末廣酒造は150年の歴史を持ち偉人・著名人から愛されてきた酒蔵です。

また、2013年には『訪ねて楽しい日本酒の蔵元』第1位に選ばれるなど、“訪れて楽しい、飲んで美味しい”日本有数の蔵元なんですよ〜(^ω^) 歴史的価値が高い建物や偉人との意外な繋がり、なぜかカメラの博物館? など。「蔵見学」の一言では終わらないその魅力をご紹介します!

 

【酒蔵探訪】訪れて楽しい理由はここにあり!

さっそく雰囲気のある建物ですよね〜笑! 当時の面影を残すこちらが末廣酒造「嘉永蔵」です。

1850年に建てられ明治後半〜大正に建て直されて以降、100年余りが経ちます。その歴史的価値も高く評価されており、現在は「会津若松市歴史的景観指定建築物」にされ、そのまま観光ルートになっているそうです。少し前まで(といっても10年以上前ですが)まで実際に住んでいたというから驚きです!

 

酒造りが学べる蔵見学!

エントランスはこんな感じです。なんだかタイムスリップした感覚で雰囲気もいいです。 さて、蔵見学は予約不要(※団体は要予約)で見学料も無料。大体30分程度の内容となっています。朝の9時から30分おきにおこなわれているので、当日でも参加することが可能ですよ! 時間になればスタッフの方から見学の説明があります。

まず案内されるのが、仕込み時期ということでタンクがずらりと並ぶこちら。このタンクだけで一升瓶700、800杯分になるそうですが、ここのものは売店でだす商品がほとんどのようです。もっと大規模な仕込みは別の蔵で行っているそうです! ちなみに冬の間の仕込みの10月、11月から始まり翌3月くらいまで続きます。

ちなみに、末廣酒造では「my酒」造りも人気なんだとか! 実際に作業も体験(※8月締め切り 要確認)できるということなので興味がある方はいかがでしょう(^^)

日本酒の原料と言えば米ですが、こちらでは末廣酒造で使用している酒米の説明をしてもらえます。

ちょっと見づらいですが数字が書いてありますよね。この数字は削った割合を表しています。お米は中心部にデンプンが溜まっており、周りは脂肪に覆われています。一般的にはこれら周りを削ったものを「精米歩合」として記載しており、ざっくり言ってしまうと普通酒の場合は大体、5割以上=大吟醸、4割以上=吟醸酒、3割ほど=普通のお酒などと分けられています。 精米歩合が下がっていくほどフルーティーな味わいや香りが楽しめるので、自身の好みにあった日本酒を探してみるのも楽しいですよね〜! 

さて、お次は日本酒が並ぶこちらへ。 実はこれ全て熟成中の日本酒(古酒)です。ワインのように寝かせることで深みが増し色も変化していきます。こちらでは30年以上前のものもあり、生まれた年などの記念品として購入されている方もいるようですよ。少しお高いですがお酒好きな方には喜ばれるのでは!

 

博物館かここは…。野口英世ら偉人にまつわる品々やカメラの博物館も

見ていた思った末廣酒造の蔵見学で驚いた展示物の数々。いつの間にか博物館に来てるような感じです笑。

仕込み桶は現在でこそ金属製のタンクですが昔は木製の桶が主流でした。しかし、時代の変化や職人の減少から木桶を使用している酒蔵は数えるほどになってしまったそうです。

釣り上げて重さを測る計量器。昔の道具類の展示も多く見ていてるだけでも楽しい。

生活感残る廊下を進み案内されたのが、こちらの部屋。一体なにを案内されるのだろうか……?

実はこちら、末廣酒造の創業者・新城家の方の元住居。会津藩の御用酒蔵だった新城家は初代・猪之吉が分家独立して酒造りを始めましたが、新城家はなんと、あの野口英世と深い絆で結ばれた仲だったそうです。

野口英世が父と仰いだ恩師・小林栄の娘の嫁ぎ先ということもあり、帰国した際には実際にここへ足を運んでいます。その時撮影された写真や野口英世直筆の書など、縁ある品々が展示されていました。

新選組でも有名な会津藩主・松平容保や江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の書といった貴重な展示も。

出典:http://dc-fukushima.jp/kanko/disp.html?id=1545

 

出典:http://www.awahei.com/hitorigoto/suehiroshuzou.html

また、山田洋次監督の代表作「男はつらいよ」48作品全てのシリーズで撮影に携わったカメラマン「高羽哲夫記念館」や、別途入場料(大人300円/高校生以下100円)を払えば見学できる、明治時代以降の世界中のカメラを600台以上展示した「クラシックカメラ博物館」もあります笑。見学コースはここまでですが蔵見学とは思えない濃い内容に驚きです笑。あっという間の30分でした……。

末廣酒造が誇る日本酒、お待ちかねの試飲タイム♪

 

蔵見学が終わってもまだまだお楽しみは続きます。そうです。お待ちかねの試飲タイム! お馴染みの「伝承山廃純米酒 末廣」や、嘉永蔵で製造されている限定酒にして、昨年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞した「嘉永蔵 大吟醸」など、末廣酒造が誇る日本酒が揃っています。ちなみにこちらの試飲は見学しなくてもできますよ!

まず「嘉永蔵 大吟醸」をチョイス。こちらはフルーティーな味わいでとても飲みやすい。これはグイグイ飲んでしまう笑。日本酒に慣れてない方、ぜひ飲んでみてください。

こちらは季節限定「純米吟醸酒 初しぼり」。すでに完売してしまいましたが、甘さがあり辛みが残る味わいが印象的。冷やからぬる燗でもいけるということですが、ぬる燗でも飲んでみたった! 隣には売店もあるので、試飲後気に入った日本酒の購入はもちろん、お土産もこちらで買えます(^ω^)

 

お酒が飲みたくなったらカフェへ直行!

ここまででも十分、“訪ねて楽しい日本酒の蔵元”第1位に相応しい実力ですが、末廣酒造ではなんとカフェ「蔵喫茶 杏」が併設されています!!

店内もおしゃれ。休憩にも最適です!

そしてメニューは酒蔵らしいお酒を使ったスィーツの数々。こちらの吟醸酒アイスクリームパフェは、アイスクリームから吟醸酒の香りがふわりと漂う日本酒好きにはたまらない美味しさです。その他にも吟醸酒を使ったシフォンケーキがあったりと最後まで日本酒尽くし。もう感服です!

 

末廣酒造「嘉永蔵」

福島県会津若松市日新町12-38

無料(※クラシックカメラ博物館のみ大人300/高校生以下100円)

09:00~17:00(※見学は09:00〜16:30まで。団体のみ予約必須)

0242-27-0002

http://www.sake-suehiro.jp/kurakoubou/access.html

 

まとめ

いやー日本酒の蔵見学とは一体……考えさせられました笑。これほど見て楽しめる要素が盛りだくさんな酒蔵ってなかなかないのでは? これは納得です。目まぐるしく変わる酒蔵空間にワクワクしました。お酒が飲めない方にもおすすめなので、会津若松に来るなら“訪ねて楽しい末廣酒造”にぜひ足を運んでみてはいかが(^o^)

末廣酒造