cappadocia-277027_1920

福島にカッパドキア!?浄土松公園にある「きのこ岩」を調査してきた

世界各国には自然が創りだした名所がたくさんあります。以前、その代表格でもある北米で最も大きな滝「ナイアガラの滝」と似た“小ナイアガラの滝”があると聞き、乙字ヶ滝という場所に行って実際の目で見てきました。

参考:“小ナイアガラの滝”と呼ばれる「乙字ヶ滝」が本当にナイアガラなのか調査してきた

結果として、「まぁ……。」という感じではありましたが、歴史的偉人に縁もある場所であったり、その地の歴史が垣間見れたりと新しい発見もありました。

そして、今回は恒例になる?かもしれない福島の〇〇シリーズとして、「福島のカッパドキア」を調査してきました!

 

カッパドキアとは

カッパドキアとは、トルコの標高1000メートル超えるアナトリア高原にある岩石地帯にあり、世界遺産にも登録されています。中でも、奇岩と言われる自然が創りだした特殊な形の岩が特徴的。カッパドキアの街は、こうした奇岩を人が手を加えて、住居やホテルとしても利用しているんだとか。

ちなみに、カッパドキアにある奇岩の一部は現地で“妖精の煙突”とも呼ばれ、煙突の下には妖精たちが暮らしていたと言われているそうです。もしかして、福島のカッパドキアにも妖精が……という淡い期待を抱きつつ、郡山市に向かいました。

 

浄土松公園の「きのこ岩」

通称、福島のカッパドキアは郡山市の浄土松公園にあります。

周辺は田園風景が広がり、近くには郡山自然の家などがあり野外活動センターとして利用もされているようです。当日も小学生くらいの団体が同じく浄土松公園を散策していました。駐車場の直ぐ側にはアスレチックをはじめ、青々とした芝生の公園もあったので家族で来てもいいかもしれませんね。

小高い山の方面を道なりに進むと、「きのこ岩」の看板が! これがカッパドキアと言われる由縁となった奇岩なのでしょう。看板の指す方角を進むことに。

とはいえ、ちょっとした悪路。訪れる際は動きやすい靴が必須ですね! 余談ですが、この調査で蚊に5ヶ所刺されてるので、虫除け対策も重要です。

きのこ岩を目指して少し険しい道を進むこと10分、早速、奇岩を発見! きのこ岩ではありませんが、よーく見ると顔に見える不思議な岩……。ちなみに、この時点で蚊に2ヶ所刺されてます。

 ▲人面岩。ちょっと笑ってる……?▲

これも妖精の仕業なのでしょうか……。これはきっと福島のカッパドキアへと確実に近づいているはず! 程なくすると、もっと険しい道になってきました汗。一歩踏み外すと、藪に落ちてしまいそうな場所もあったり、勾配の激しい坂を下ったり、予想以上にハードな道なり。

その甲斐もあってか、それらしい岩の一部が見えてきました。これは……!

 ▲まるで藤岡探検隊……。▲

ついにお目見えした福島のカッパドキア!

 

 

 

 

 

浄土松公園

思いのほか、きのこ笑! きのこすぎてカッパドキアを一瞬忘れてしまいました。

なんでもここ一帯は白色の凝灰岩、砂岩、頁岩などから形成され、断層になっている頂上付近は部分的に傾斜になっているそうです。そこから分断された地層が風化によって長い年月を経て、きのこ状になったのが「きのこ岩」。今では、県の名勝天然記念物にも指定されています。

ちなみに、昔から松の緑が点在する光景から“陸の松島”とも言われているそうなので、昔から呼称があったようですね。

 

東日本大震災で一部が崩落

そんなきのこ岩ですが、正面から見るとところどころ崩れたような跡があります。

これは東日本大震災によって一部が崩落。以前と比べるときのこ感が少し無くなってしまいました。さらに危険の無いようにと、一部地域やきのこ岩周辺には柵が設けられ、近くまで行くことができなくなってしまったのが残念。

▲震災前のきのこ岩。▲

それでもなお、未だに風化が続いているので、もしかすると数百年後になれば、また少し変わった奇岩へと変化しているのかもしれませんね。(筆者は生きているだろうか……。)

そのほか、浄土松公園には周辺の山々を一望できるスポットがあるので、ちょっとしたハイキング気分で訪れてもいいかもしれません。

 

まとめ

結果、カッパドキアに比べると“きのこ感が強い奇岩”という印象。それでもカッパドキアに近い形状(アスパラにも見える?)をしていることからも、福島のカッパドキアに認定してもいいのではないでしょうか!

そして、実際に訪れてみると、きのこ岩を見つけるまでの道のりが地味に険しいので、動きやすい格好を勧めるのと虫除け対策は万全に!

ちなみに、妖精を見つけることはできませんでした(´・ω・`)

浄土松へのアクセス

浄土松公園

郡山市逢瀬町多田野字浄土松1-1

無料

08:30〜17:15(火曜日、木曜日休み※公園の利用は可)

024-957-3700

cappadocia-277027_1920