ソースカツ丼

【王道からデカ盛まで!】会津若松の名物ソースカツ丼でオススメしたい名店9選

白いご飯にかけて食べる“丼“料理、牛丼・天丼・親子丼・中華丼……日本の丼料理として、古今東西、現在まで独自の発展を続けてきました。その中でも、豚カツを卵でとじたスタイル・カツ丼は嫌いな人は居ないであろう大定番の調理ですよね!

しかし、その一般的なカツ丼のスタイル、会津若松では通用しないんです……。 この地でカツ丼と言えば、ご飯の上に千切りキャベツ、とろみあるソースに浸したロース肉やヒレ肉のカツをのせた 「ソースカツ丼(以下ソースカツ)」を指します。

近年、ご当地グルメとしても人気を博しており、市内の多くのお店がソースカツを提供している程、とっても馴染み深〜い料理なんです。今回はそんな会津若松のソースカツの歴史に触れながら、オススメのお店9選をご紹介していきます。大正から続く会津の味、食べれば虜のソースカツの世界へ踏み込んでみて下さい^^

会津若松とソースカツの密な関係!

誕生のヒントは“鰻の蒲焼”?

会津若松で長年愛され続けているソースカツ丼ですが、その起源を遡ると、東京都(早稲田)・群馬県(前橋地方)・長野県(伊那地方/駒ヶ根地方)・福島県(会津若松地方)・福井県(福井市)がそれぞれ挙げられるようです。

細かな違いはあれ、今でもはっきりしてはいない事から、その発祥地を巡っては度々論争となることも……! 会津若松での始まりはと言うと、ソースカツを提供しいる飲食店の有志による「伝統会津ソースカツ丼の会」によると、誕生には3つの説があるそう。

1つ目は『大正時代、洋食のコックさんが手軽に作れる賄に、鰻の蒲焼からヒントを得て、残った肉をカツレツに甘めのソースを絡めて丼に盛ったのが始まりされた』説

2つ目は『戦前、市内の食堂の店主が新たな味を求めて、東京から洋食のコックを招き、試行錯誤の末ソースカツを生み出し広めていった』説。

3つ目は『戦後、物資が不足していた頃、手軽に食べれる庶民のごちそうを作ろうと考えていた市内の食堂の店主が、東京においしいものを求めての旅に出て、出会ったソースカツをアレンジして、オリジナルソースで煮込んだカツ丼に仕上げた』説

このように諸説あるようですね。因みに会津若松はソースカツにキャベツを載せた最初の町とも言われているみたいです!

また、素材に拘る地産地消をモットーにもしており、「煮込みソースカツ」、「馬肉ソースカツ」など、お店によって味やスタイルに違いが見られるのも特徴なんですよ^^ 

ソースカツ愛はこんなところにも……。

実は、CDをだしています……。

これは、先述した市内の飲食店有志の会・伝統会津ソースカツ丼の会がソースカツをPRするために制作されたものです。本気なんです笑!

 

会津若松のおすすめソースカツ9選!

ここからは市内でオススメのお店をご紹介していきます。オーソドックスなソースカツから、圧倒的なインパクトのデカ盛り、ワンコインの激安ソースカツなどなど。個性全開のソースカツに注目ですよ!

若松食堂

 

tbさん(@tbonsoir)が投稿した写真

諸説ある起源説の中でソースカツ発祥の店とも言われる、昭和5年創業の若松食堂。ソースは継ぎ足しの伝統の味、ご飯の上に敷き詰められた細切りのキャベツ、比較的薄切りの一枚肉のカツと、まさに王道的なソースカツスタイル! 

若松食堂

福島県会津若松市大町2-7-1

0242-22-2284

11:00-20:00 ※不定休

 

いとう食堂

元精肉店の亭主が営む、いとう食堂。国産ヒレ肉・ロース肉を使用し厚手のカツに仕上げていますが、柔らかく噛みやすいのが特徴で、老若男女に支持されています。また、1日限定5食のソースカツもあるので、気になる方は早めに足を運んでみては!

いとう食堂

福島県会津若松市本町5-10

0242-28-1839

11:20-14:00※定休日(木曜日/第2第4水曜)

 

とん亭

 

sanaeさん(@sanae_3737)が投稿した写真

会津でソースカツを提供している老舗、とん亭。米は会津のコシヒカリ、豚肉は福島特産品エゴマ豚を使用し、さらに器は会津漆器と徹底した地産地消に拘るお店です。ボリュームのあるエゴマ豚のカツと自家製のソースは抜群の相性! また、会津ブランドの馬肉・さくら肉を重ねて揚げたソースカツもオススメですよ^^

とん亭

福島県会津若松市天寧寺町1-11

0242-27-2191

11:00-14:00 17:00-20:00※定休日(月曜日・祝日の場合翌日)

 

白孔雀食堂

 

高野 歩夢さん(@ex19982)が投稿した写真

丼からはみ出るカツに衝撃! 元祖デカ盛りこと白孔雀食堂。ボリュームもさることながら、米、野菜、豚、使用する食材は全てが会津産。自家製ラードで揚げるカツは香ばしく、70年間継ぎ足されてきた伝統のソースを絡めれば、この大きさでもペロリと平らげれるそうな!

白孔雀食堂

福島県会津若松市宮町10-37

0242-27-2754

11:00-16:00(売切れ次第閉店)※定休日(月曜・金曜・祝日の場合は営業)

 

十文字屋

ソースカツ丼

圧巻の450g! 4枚もの厚切りロースカツを使用したソースカツを提供する、十文字屋。磐梯山のような迫力のソースカツの大きさに笑ってしまう人も多いそう(笑)。地元や観光客も多いようで行列が絶えない名店です!

十文字

福島県会津若松市河東町郡山字村東15-3

0242-75-3129

[月・水~金]11:00-14:30 [火]11:00-14:00[土日祝日]11:00-19:00※定休日(無休)

 

【復活!】むらい

 

峯岸 孝之さん(@stokedwake)が投稿した写真

超肉厚なカツと上品な甘さのソースから、2013年<バイクに乗って食べに行きたいグルメ&スイーツランキング全国一位>に選ばれた、むらい。写真を見てわかるように、兎に角カツが分厚いが、見た目によらず味もしつこくなく、濃厚なソースとマッチしているそう。日本全国のライダーも多く来訪するそうです!

むらい

福島県会津若松市門田町大字中野字屋敷107-1

0242-26-1037

11:00-14:00※定休日(木曜日)

 

なかじま

 

Yumi_iさん(@yumi_i310)が投稿した写真

全国でもここでしか味わえない、煮込みソースカツを提供している、なかじま。オリジナルのソースでカツを卵とじにし、ソースカツのキャベツの代わりに玉ねぎを使用しています。ソースカツと煮込みカツをミックスした新味覚、一体どんな味なんでしょうか、気になります!

なかじま

福島県会津若松市上町2-39

0242-24-5151

11:00-14:30 17:00-20:00※定休日(火曜日)

 

えびや

4代続く老舗うなぎ屋で食べる、ソースカツはいかが? こちらは地元でもうなぎ屋のえびや。うな重で有名なお店ですが、ソースカツも有名だったりします! 新鮮なヒレ肉を使用したさっぱりとした味は、女性や子どもに人気だとか^^

えびや

福島県会津若松市馬場町1-21

0242-22-1288

11:00-14:30 16:00-21:30※定休日(不定休)

 

会津大学食堂

市内唯一の大学・会津大学の食堂で食べられるソースカツは驚きの440円! 大学の食堂と言えば、安いのも魅力の一つですが、こちらではオリジナルソースダレを使用し、120gのロース肉とボリュームと他店に負けず劣らずのクオリティー! 

会津大学食堂

福島県会津若松市一箕町鶴賀字上居合90 会津大学

0242-33-0774

11:00-20:30※定休日(土曜日・日曜日・祝日)

 

ソースカツマップも利用してみよう!

ソースカツマップ

伝統会津ソースカツ丼の会に加盟するお店がマッピングされたソースカツマップも提供されています! 今回挙げた以外にもソースカツのお店はまだまだあるので、食べ歩きに是非利用して見てください^^

まとめ

このように会津ではカツ丼と言えば、ソース味のカツ丼が当たり前のように馴染んでいます。それを提供するお店も各店違う味を持ち、現在まで愛され続けているんですね。ご飯の上に千切りキャベツ、ソースに浸した熱々のカツ。丼というシンプルな形に込められた“会津の味”みなさんも是非味わいに来て見てはいかがでしょう! 伝統会津ソースカツ丼の会  

ソースカツ丼