ねぎそば

大内宿周遊スポットまとめ。自然、猫、グルメ 独断と偏見で選びました

福島県内の人気観光スポットのひとつに「大内宿」があります。まるで江戸時代にタイムスリップしたような景観が残る場所として人気です。

福島観光の際に外せないスポットの一つですが、大内宿があるのは南会津の山あいにあるので、周辺の観光スポットを事前に把握しておくとよりスムーズに回れて楽しめますよ!

今回は、大内宿周遊スポットをまとめました!

 

大内宿とは

大内宿

はじめに、大内宿について簡単にご紹介したいと思います。大内宿は、約400年以上前、江戸時代に運搬路として重要な道であった会津西街道沿いの宿場町として栄えた場所です。今でも、当時の名残を思わせるような茅葺屋根の民家が軒を連ねているのが特徴。その光景は、まさに江戸時代にタイムスリップ!

中でも、大内宿名物の「ねぎそば(高遠そば)」は一見の価値あり。なぜなら、その名の通りねぎを箸のように使って食べるんです! なんでも「ネギのように細く長く、白髪の生えるまで白く生きる」というお祝いの意味も込めて、ねぎを添えることからはじまったそうです。

ねぎそば

もちろん、頼めば箸も使えるのでご安心ください笑。それぞれ、ねぎそばが食べられるお店は数店舗ありますが、お昼時になると混雑して売り切れ必須ですので、ねぎそばを食べる際は早めに行くのがオススメです。

そのほか、夏には半夏まつり、秋には大迫力の行事防災訓練一斉放水、冬には幻想的な雪まつりが開催されるなど、一年を通して楽しめる観光スポットではありますので、福島観光ではぜひオススメしたいスポットの一つです。大内宿に関する情報は以下でもご紹介してますので、そちらを参考にしてみてください。

大内宿雪まつりPhoto by aizu

関連記事:大内宿が120%楽しめる!観光にピッタリな見どころまとめ

大内宿

福島県 南会津郡下郷町 大字大内字山本

9:00-17:00

0241-68-2920

http://ouchi-juku.com/

 

大内宿周遊スポット

 

猿楽台地

猿楽台地

猿楽台地は、東京ドーム8.5個分の広大な敷地いっぱいに蕎麦畑が広がっています。毎年8月下旬から9月上旬ごろに咲き誇るので、大内宿周辺の観光にはうってつけ! 一面に広がる蕎麦畑の淡いグリーンと澄んだ青空のコントラストが美しいんです。

その美しさから、「第7回美しい日本のむらコンテスト」の生産部門で農林水産大臣省にも選ばれた場所でもあります。

 
猿楽台地

〒969-5300 福島県南会津郡下郷町大字落合

0241-69-1144

 

塔のへつり

塔のへつり

大内宿と併せて訪れたいのが塔のへつりでしょう。100万年という長い歳月をかけて浸食と風化によって創りだされた全長200mにもおよぶ断崖は、まさに自然の造形美。

塔のへつり

まるで連なるように出来た奇岩と呼ばれる特徴的な岩は全部で17種類。屏風岩、烏帽子岩、護摩塔岩、九輪塔岩、櫓塔岩、獅子塔岩、鷲塔岩など、それぞれに名前がつけられています。

関連記事:100万年の歳月を経て自然が作りだした造形物「塔のへつり」

塔のへつり

南会津郡下郷町大字弥五島字下夕林

0241-68-2920(下郷町観光案内所)

http://shimogo.jp/sightseeing/tonohetsuri/

 

芦ノ牧温泉駅

芦ノ牧温泉駅

名物のネコ駅長で有名な芦ノ牧温泉駅。名誉駅長の「ばす」と駅長見習いの「らぶ」の二匹が駅を利用するお客さんをお出迎えしてくれる猫好きにはたまらないスポット。

2015年12月には、「らぶ」が二代目駅長に就任し、名誉駅長の「ばす」は「芦ノ牧温泉駅初代ご長寿あっぱれ名誉駅長」に就任し、これからは後進の教育などをおこなっていくそう笑。

 

会津鉄道芦ノ牧温泉駅からのお知らせです。 平成28年2月14日(日)9:00から 「らぶらぶバレンタイン・旅は甘い思い出♪」   らぶ駅長がチョコをプレゼント♪ を開催します。  当日は先着50名様にチョコをプレゼントします。…

会津鉄道株式会社さんの投稿 2016年2月8日

働き者の二匹ですが、実際に触ってみるとモッフモフでかわいい(*´ω`*) 人懐っこい二匹が可愛すぎて長居してしまうほどでした。ちなみに、筆者も猫好きの一人です。

※カメラ全般での撮影は禁止されていますので、ご注意ください。

芦ノ牧温泉駅

福島県会津若松市大戸町上三寄乙49

8:30~17:00

0242-92-3766

 

湯野上温泉駅

湯野上温泉駅

再び駅のご紹介ですが、こちらの湯野上温泉駅は、日本で唯一の茅葺屋根でできた駅舎なんです。そして、敷地の中には誰でも自由に入れる足湯が完備! 湯野上温の特徴でもある熱めの足湯が楽しめますので、入りすぎて電車に乗り遅れないように気をつけてくださいね。

湯野上温泉

ちなみに、駅の中には電車の待ち時間の間、座って待っていられるような囲炉裏があるほか、周辺で採れた野菜や果物の販売まで行っていました。ここまで観光スポット化した駅も珍しいですよね!

湯野上温泉駅内

湯野上温泉駅

福島県南会津郡下郷町大字湯野上字大島無番地

8:30~17:00

0242-92-3766

 

牛乳屋食堂

牛乳屋食堂

最後はグルメで締めくくりたいと思います。ご紹介するのは、筆者も大好きなこちらのお店。先ほどの芦ノ牧温泉駅のすぐそばにある牛乳屋食堂。なんと名前とは裏腹に、会津ラーメンと名物ソースカツ丼の人気店なんです。いつも行列ができるほどの人気で、並ぶのが嫌いな筆者でも、ここなら並んででも食べたい激推しのお店です。

筆者がオススメするのはポピュラーな味噌ラーメン。しかし、侮るなかれ。濃厚な味噌スープが会津ラーメン特有の太縮れ麺(普通の麺にすることもできる)によく絡む抜群の組み合わせがたまらない……。そして、大きめに切られたネギのシャキシャキ感もクセになる、一度食べればきっとあなたもハマること間違いなしだ!

味噌ラーメン

ちなみに、牛乳屋だけに「会津白べこラーメン」という牛乳を使ったラーメンもあるんです。これもまた、ミルクのコクとまろやかさが加わったマイルドな味噌ラーメンが楽しめるので密かに人気なんだとか。

会津白べこラーメン

牛乳屋食堂

〒969-5122 福島県会津若松市大戸町上三寄香塩343

11:00~15:00/17:00~20:00/水曜定休

0242-92-2512

http://www.gyunyuya.jp/

 

まとめ

大内宿周辺の観光スポットについてご紹介しましたが、後半の牛乳屋食堂はやけに熱が入ってしまいましたね汗。さて、今回ご紹介したスポットですが会津若松市方面から訪れるのであれば、順番的には

「芦ノ牧温泉駅」→「牛乳屋食堂(必須)」→「湯野上温泉駅」→「塔のへつり」→「大内宿」→「猿楽台地(時間があれば)」

こんな感じでしょうか。とはいえ、大内宿は連休中などめちゃくちゃ混雑します。大渋滞がおきるのも日常茶飯事なので、上のルートに限らず先に大内宿に回ってから他のスポットに行ってもいいかもしれません。

なにはともあれ、とにかく牛乳屋食堂は絶対に行ってほしい……!

ねぎそば