喜多方ラーメンなまえ食堂

みんな大好き喜多方ラーメンの特徴と王道の有名店5選

福島のグルメと言えば、喜多方ラーメン!
今や日本各地で喜多方ラーメンのチェーン店も登場しているので身近になってきていますよね。
本場の喜多方では、「朝ラー」と呼ばれる文化があり、朝からラーメンを食べるほど愛してやみません。
その愛の強さは、人口に対してラーメン店の多さが・・・なんと日本一!

今回ご紹介するラーメン店を選ぶ際も福島TRIP編集部内では意見が真っ二つに分かれ、けっこう大変でした 笑
ということで、今回は喜多方ラーメンの特徴と「喜多方ラーメンと言えば…」のメジャーどころをまとめました!

喜多方ラーメンの特徴

っと、その前に簡単に喜多方ラーメンの特徴についてご紹介したいと思います!
喜多方ラーメンの始まりは、今もなお続く老舗ラーメン店「源来軒」が発祥としており、昭和初期の頃に当時「支那そば」として屋台で販売したことから始まったと言われています。

その後「支那そば」の作り方を継承した人たちが増えはじめ、今ではラーメン店の数では日本一にもなるラーメン街となったわけです。
ちなみに、ラーメンの技術や伝統を継承し発展させることを目的とした「蔵のまち喜多方 老麺会」といった団体も発足され、喜多方のラーメン店は、喜多方ラーメンの美味さを追求し続ける生粋の職人達でもあります!

麺の特徴

喜多方ラーメンの麺の特徴は、多加水麺を使った太めの平打ち縮れ麺です。
多加水麺を使った麺はツルツルでモチモチとした食感で、太めなのでスープがよく絡みます。
本当に喉越しがたまらないですよ!

スープの特徴

喜多方ラーメンでオーソドックスなスープといえば、あっさりした醤油スープ。

「どこもあっさりなの?なんか飽きちゃいそう…。」

と思われるかもしれませんが、ここで各店のオリジナル性がでてきます!
ダシは各お店によって豚骨、鶏ガラ、魚介類などを使い分けており、お店によって香りや味が全く異なるので、喜多方市民は自分の好みの味でお店を選んでいるのです。
だからこそ、好きなラーメン店で意見が大きく分かれるんですね 笑

具の特徴

なんといっても喜多方ラーメンの具として外せないのがチャーシューです!
これまたお店によって味付けなどに違いはありますが、基本的には角煮やバラ肉を使っており、トロットロ食感から濃い味つけチャーシューまで様々。
その他の具は、シンプルにメンマやナルト、長ネギって感じが多いです。

喜多方ラーメンの代表的な名店5選

1. 源来軒

 

yutaka itoさん(@yutaka__ito)がシェアした投稿

前述の説明にもありましたが、源来軒は元祖喜多方ラーメンのお店で、当時の作り方にこだわった変わらない味が特徴です。
最近流行りのラーメンに比べれば、本当にシンプルながら重厚な雰囲気が、まさに元祖!

醤油ラーメンは、鶏ガラベースであっさりな中にも奥深い味わい・・・。
昔から変わることのない味と、今に至る喜多方ラーメン発展への感謝を込めて食べるべし!

源来軒

福島県喜多方市一本木上7745

10:00~19:30

0241-22-0091

 

2. 食堂なまえ

極太手打ちラーメンで有名な「食堂なまえ」
名前の通り、極太麺は多加水麺でもっちもちでツルツル食感で豚骨醤油ベースのスープがよく絡む!
透き通るような淡麗スープを一口飲めば、いつの間にかスープが無くなっている・・・なんてこともあるほど、あっさりした味わいは、麺とのバランスが最高!

食堂なまえ

福島県喜多方市字永久7693-3

10:00~19:00

0241-22-6294

1

2

次のページへ
喜多方ラーメンなまえ食堂