桜を見逃しても福島ならまだ間に合う!メジャーから穴場のお花見スポット紹介

いよいよ春が近づいてきました! 雪が溶け、ふきのとうが顔を出しはじめてもいます。オオイヌノフグリの可憐な花が野山を染め始め、山からはキジの鳴き声が……。毎日少しずつ暖かくなってきてますね♪ 今年の桜はいつ頃咲くでしょうか。

ほぇ?東京では桜が満開?とっくに春?? あ、そうでしたね。福島と東京だと結構春のタイミングがズレているのでした……。というか、福島といっても広いし気候がさまざまなので、場所を変えれば同じ県内で3月末~5月のゴールデンウィークくらいまで、約一ヶ月間近くも桜が楽しめるんですよー。

そんな今回は、実は「きれいなお花の写真を見たい」とのリクエストを頂いてしまったので、たまには「福島TRIP」の名前に相応しく、待ちに待った春のお出かけおすすめガイドなんかをいくつかご紹介してみちゃいます☆ タイトルは、えっと……「桜を見逃しても福島ならまだ間に合う!メジャーから穴場のお花見スポット紹介」とかでしょうかね……。(※要約:やべーお花見の時期ギリギリじゃないですか首都圏とかめっちゃ咲いてるしすいません原稿遅くなりましたごめんなさいほんとすいません)

 

おいでませ、桃源郷「花見山」

【3月末~4月上旬/福島市・花見山】

花見山公園の桜

 

福島市の花見山は、言わずと知れた福島を代表するお花見の名所です。写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と賞賛してほぼ毎年訪れていた山は、春の訪れと共に、数々のお花が咲き誇ります。数え切れないほどの桜はもちろん、花桃、木蓮、ボケ、レンギョウなど。周囲を花々に囲まれての景色は、まさに息を呑むほど。とても言葉で語り尽くせるものではないのです。

言葉で語り尽くせない美しさ、なんて言ってしまうとワタクシの仕事が無くなってしまうので、とりあえず言葉を尽くして?イメージ伝えるように頑張ってみました!

<イメージ図>

雪 雪山雪山雪山雪雪山雪山 山山雪山雪山雪山     <火口>\ 雪山雪山雪雪雪雪雪雪雪山山山雪山雪山雪山雪山山雪山雪山/山雪山山雪兎\山雪雪雪山雪雪雪山雪山雪山雪山山山山山雪山山山山  /雪山山山山雪山山山\山雪山山山山山雪山山山

桜桜花桃花桃木蓮華桜華花桃花桃華万華紅桜桜花桃華木蓮紅紅華木瓜華華木蓮華木蓮桜花桃桃桃桃花紅華美木紅華華花桃花桃花桜桜桜花花華華味花花紅花華華花花木瓜花花花華華桜花木蓮華桜美桃花桃華桜桜花桃華木蓮紅紅華木華華酒木蓮華華木蓮桜花華花華花華華花花桜桜桜花福花花華菜花菜花花花華菜花菜花花華菜花菜花花華桃

花紅華木紅華華花桃花桃花桜桜桜花花華華花花花紅花華島華花花木瓜花花花華華桜花木蓮華桜華桃花桃華桜桜花桃華木蓮紅紅華木華華木蓮華華木蓮桜花華華華華木華華華花桃花桃花桜桜 Я(´ω`)ノシ 桜花花華華花花花花豪華華華花花華花最花華華花花桜桜桜花花花華菜花菜花花花華菜花菜花華花華菜花菜花桃花紅華木紅華華花桃花桃花桜桜桜花花華華花花花紅花華華高花木瓜花花花華華桜花木蓮華桜華桃花桃華桜桜花桃華木蓮紅紅華木華華木蓮華華木蓮桜花華桃花花華花華華花花桜桜桜花花花華菜花菜花花花華菜花菜花高花華菜花菜花菜花

……はい、すいません。「言葉を尽くす」の方向性がなんかいろいろ間違っていますね。

これだけではちょっとあんまりなので、実はこの花見山を紹介するステキな動画があるのでそれも含めて改めてきちんとご紹介しようかと思ったのですが……なんと、他ならぬこの福島TRIPで他の方が数年前にすでにやっていたことが今発覚。ネタが完全にカブってました。というわけでせっかくなので、詳しくはこちらの記事をご参照ください。

関連:春の福島観光にオススメしたい桜の名所「花見山公園」

ともあれ、この記事を書いている今も、かなりの見頃。桜が本格的に咲いてお花の最盛期を迎えるのはこれから間もなくです。言葉で語り尽くせない絶景が同じ日本国内で楽しめるのですから、行ってみなきゃソンなのです。ぜひぜひ、お出かけください♪

 

圧巻の迫力!日本三大桜のひとつ「三春の滝桜」

【4月中旬~下旬/三春町・三春の滝桜】

三春滝桜

 

言わずとしれた日本三大桜の一つと呼ばれるしだれ桜で、テレビなどでもしょっちゅう紹介されています。大正時代に桜の木としては日本で初めて国の天然記念物にも指定されました。樹齢はなんと、推定1000年以上。その高さは約13mにも達するというのですから驚きです。

遠くからではなかなか判らないのですが、間近へと歩み寄ってみると、その迫力たるや!薄紅色の花が風にさらさらとなびく枝垂れ桜は、その名の通り流れる滝のよう。古来から何世代もの時間を越えて愛され続けてきた名木ですね♪

また、三春町の桜の魅力は滝桜だけではありません。山あいの町のあちこちには、名も無き桜がいたるところで花を咲かせていて、車で移動している最中にも視界のどこかに桜が入ってくるほど。そもそも「三春(みはる)」という名前の由来は「3つの春が同じに訪れる」という意味から名付けられたと言われています。

関東や西日本に比べて冬の寒さがやや厳しく春が遅いこの地域は、一般的に梅の花が咲き始める時期すらも4月に差し掛かる頃です。その時期になってようやく春の暖かさが一気にやってきて、花々も同時に咲き誇ります。春を象徴する梅・桃・桜の3つの花、すなわち3つの春が揃う土地ということから「三春」と呼ばれるようになったとか。なんとも、風流で美しい名前ですよね。

関連:花より団子派は必見!滝桜を見ながら三春名物グルメンチで舌鼓

1

2

次のページへ