アスレチック

屋内外で思いっきり子どもを遊ばせよう! 英国王子も訪れた「プリンス・ウィリアムズ・パーク」

イギリスのウィリアム王子が訪れたことで一躍有名となった「プリンス・ウィリアムズ・パーク」。広大な敷地の中に、屋内あそび場・屋外あそび場・英国庭園の3つのエリアがあり、地元の方だけではなく、観光客からも人気を集めています。

プリンス・ウィリアムズ・パーク

プリンス・ウィリアムズ・パークって?

2012年、子どもたちが安心・安全に思いっきり遊べる場を本宮市につくりたい! という想いで造られた、乳幼児から小学生までの子どもたちとその保護者を対象とした屋内あそび場「スマイルキッズパーク」。

スマイルキッズパーク

2014年には屋外遊び場もオープン。
その広さは、屋外あそび場(記念樹の杜)だけでも約8,000平方メートルあります。

2015年に英国ウィリアム王子が訪れたことにちなんで「プリンス・ウィリアムズ・パーク」という愛称になりました。

2017年11月には、敷地内に「英国庭園」も開園。庭園内のローズガーデンやローズアーチ、ガゼボ(西洋風あずまや)には多種多様なバラが植えられ、また、園内のいたるところでさまざまな草木や花々、ハーブなどが楽しめます。

英国庭園

親子の絆を深める、屋内あそび場エリアのご紹介

屋内あそび場「スマイルキッズパーク」は子どもの年齢ごとにエリアが分かれていて、赤ちゃんから小学生まで、それぞれに合った楽しみ方で遊ぶことができます。

親子で思いっきり楽しい時間を過ごしましょう!

プレイルーム

プレイルーム

幼児から小学生(3歳~12歳)を対象としたエリアで、大型遊具やロッククライミングウォール、エアートラックなどで、身体を思いっきり使ってダイナミックな遊びができます。

大人も、子どもと一緒にエアートラックの上をかけっこしよう! いい運動になりますよ。

エアートラック

やわらかいビニール製の大型ブロックで秘密基地を作ったり、たかーく積み上げてから思いっきり倒したり……、遊び方は自由!

屋内あそび場

砂遊びのお部屋

日本初「ダンシング・サンド」の砂場があります。「ダンシング・サンド」は、粘土のようにしっとりとした触感と、固まりやすく崩れにくい性質を持ち、砂型やサンドナイフで形を作ったりしやすく、子どもだけではなく大人にも人気です。

ダンシング・サンドの砂場

ダンシング・サンドやキネティックサンドと呼ばれているこの「砂」をご存知ですか? その特徴がよくわかる動画がこちら。
広い砂場全部がこのダンシング・サンドってすごく楽しそうですよね!

普通の砂とは違う不思議な感触を体験してみてくださいね。

サーキット

サーキット

いろいろな形の一人乗り・二人乗り三輪車でサーキットを楽しめます。コースは建物の外ですが、屋根があるので雨の日でも大丈夫。

ジュニアアスリートエリア

ジュニアアスリート

遊び感覚で楽しみながら運動機能を高める「うんてい」や「登り棒」などの遊具があります。

登り棒

番号が書かれているステッカーは、なんだと思いますか?

タッチマーク

このステッカーの番号順に壁を登って進み、タッチして回ろう! 高い場所にも番号があるので、いい運動になります。全部タッチするまでのタイムを競っても楽しそうです。

ベビールーム

ベビールーム

24ヶ月までの乳幼児と保護者が利用できます。

転んだりハイハイしても痛くない、やわらかなマットが敷きつめてあるので安心。授乳室もこのエリアにあります。

ベビールーム

屋内あそび場「スマイルキッズパーク」

1回目 10:00~12:30 / 2回目 13:00~15:50 / 夏休み期間 15:50~17:00
休館日:水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)

無料

冒険、探検、新たな発見!木々に囲まれた屋外あそび場エリアのご紹介

屋外あそび場「記念樹の杜」へは、屋内あそび場の駐車場から地下連絡通路を通って行きます。

看板

この地下通路……、ただのトンネルではないんです。

トンネル入り口

屋外あそび場へとつながる洞窟で、洞窟の中には小動物や昆虫たちがひそんでいる探検ゾーンです。あなたはいくつ見つけられるかな?

「記念樹の杜」屋外あそび場は、いくつもの遊具がありますが、丘を登っていくごとに難易度が高いものになっています。

屋外あそび場

高台からは、壮大な景色が広がります。この森の中にアスレチックのような遊具がいろいろあるので、冒険気分も高まります。

壮大な景色

里山あそびゾーン・キッズゾーン・ふれあい体験ゾーン・自由あそびゾーン・杜の冒険チャレンジゾーン&探検ゾーンに分かれていて、自分の考えで自分にできることをチャレンジしていく場所となっています。

アスレチック

美しい花々が咲き誇る「英国庭園」

平成27年に英国ウィリアム王子が訪問され、その後、ロンドン・ケンジントン&チェルシー王立区長から「福島県に英国庭園を」と提案いただいたのをきっかけに、平成29年11月、ウィリアム王子と縁のあるプリンス・ウィリアムズ・パークに英国庭園がオープン。

英国庭園は、屋外あそび場「記念樹の杜」のふもと、グリーンパーク野球場側にあります。

英国庭園見取り図

庭園内は、バラと多年草による華やかなボーダー花壇、赤や白など花の色をテーマにした庭、香りを楽しみながら散策できるハーブガーデンなど、いくつかのゾーンに分かれています。さまざまな種類の花々や木々を楽しむことができ、園内にはフォトスポットがたくさん!

ボランティアさん達が庭園の手入れや水やりをし、季節ごとに美しい景色を堪能できます。まだできたばかりの庭園なので、これから植物の成長や変化がとても楽しみです。

英国庭園

年代を問わず、学生さんからご年配の方まで、眺めの良い場所に座って景色を満喫したり、写真を撮ったりして、思い思いの時間を過ごせる癒しの場所となっています。

まとめ

広大な敷地の中に屋内あそび場と屋外あそび場、英国庭園があり、ファミリーだけではなくさまざまな年代の方に人気の「プリンス・ウィリアムズ・パーク」。雨が降っても室内施設があるから予定変更をしなくてもいいと、県外からも多数の方が観光で訪れています。みなさんも、遊びに出かけてみてはいかがですか。

屋外あそび場「記念樹の杜」・「英国庭園」

地下連絡通路・トイレ利用可能時間
9:00~16:45(4/1~10/31)
9:00~16:00(11/1~3/31)
9:00~17:00(夏休み期間)
年中無休

無料

プリンス・ウィリアムズ・パーク

福島県本宮市糠沢字石神50番地(アクセス

0243-44-2500

https://www.city.motomiya.lg.jp/site/prince/