アクアマリンふくしま

『アクアマリンふくしま』だからこそ楽しめる見所を8つに厳選してみた

福島県の海は、暖かい黒潮と、冷たい親潮が交わる「潮目の海」とも呼ばれ、さまざまな魚がとれる好漁場として知られています。

そんな潮目の海にある水族館が、今回ご紹介する「環境水族館 アクアマリンふくしま」です。アクアマリンふくしまと言えば、全国のオススメ水族館ランキングでも上位に入るほどの人気水族館で、年間100万人近くが訪れる福島の観光名所のひとつ。

そして、環境水族館という名前の通り、水族館としてだけでなくレクリエーションや学習の場として力を入れる教育施設としての一面もあり、お子さんと一緒に行く水族館としてオススメ!

そんなアクアマリンふくしまの見所を8つに厳選してご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

編集部がオススメするアクアマリンふくしまの見所8つ

 

1. 宝石のように美しいアクアマリンふくしまの外観

やはりアクアマリンふくしまを紹介する際に外せないのが、特徴的な外観!

日本各地にも素敵な外観の水族館が数多くありますが、ここアクアマリンふくしまはガラスで出来たドーム型の屋根が特徴的な水族館です。

アクアマリンふくしま外観

これは航海の安全を守る守護石としての意味を持つ「宝石のアクアマリン」をモチーフにしており、小名浜港に出入りする船の安全を守るシンボルとしての意味が込められています。

アクアマリン福島外観2

また、ガラスから射す自然光が館内全体を照らすことで、より自然に近い状態で館内の展示エリアを見学することができる設計にもなっています。

 

2. 海の生態系が広がるアクアマリンふくしまの展示エリア

アクアマリンふくしまの館内は、太平洋の潮目をテーマとした16のエリアに分かれており、福島県浜通りの海山川の生態系が再現されています。それぞれの見どころをご紹介しましょう。

  • 海・生命の進化
  • ふくしまの川と沿岸
  • 北の海の海獣・水鳥
  • オセアニックガレリア
  • 熱帯アジアの水辺
  • サンゴ礁の海
  • オホーツク海
  • 潮目の海
  • ふくしまの海
  • 友好提携園館
  • アクアマリンえっぐ
  • アクアマリンうおのぞき
  • BIOBIOかっぱの里
  • 蛇の目ビーチ
  • シーラカンスの世界
  • 金魚〜生きた芸術〜

 

色とりどりの魚が泳ぐサンゴ礁の海エリアでは、ファインディング・ニモでご存知、カクレクマノミ!その他、黒潮源流域のサンゴ礁にすむさまざまな生き物を見ることができます。

カクレクマノ

カクレクマノミ2

サンゴ

そして、北の海に生息する海獣や水鳥を見ることができるエリア。こちらは、大迫力のトド! 大きい体のわりに、可愛らしい顔で優雅に泳いでました。

アクアマリンふくしまのトド

長い眉毛のような特徴ある顔のエトピリカ。なんと、このエトピリカは潜水してエサを取りに行くこともできるのだとか!

エトピリカ

 

3. 生きた化石「シーラカンス」の世界

アクアマリンふくしまでは、前述でご紹介したような魚以外にもオウムガイやカブトガニなどの「生きた化石」と呼ばれる海洋生物から、サンマ、イワシ、メヒカリといった家庭でも食べられる魚まで、多くの生き物を飼育・展示しています。

シーラカンス

中でもアクアマリンふくしま開館当初から注力してきたのが「シーラカンス」の生態調査です。シーラカンスは、1938年に捕獲されるまで恐竜がいたような時代に既に絶滅したと思われていた、生物の進化の謎を解く鍵をにぎっている魚です。

アクアマリンでは、このシーラカンスの本物の標本を目にすることができるほか、世界で初めて撮影に成功したシーラカンスの稚魚の映像を観ることができます。

 

4. アクアマリンふくしまの名物「潮目の大水槽」

アクアマリンふくしまのもうひとつの目玉、それは黒潮と親潮が交わる潮目を再現した「潮目の大水槽」です。

三角トンネル

黒潮は、世界でも代表的な海流で、流れが早く、日本の気候にも大きな影響を与えるのが特徴です。水槽にはカツオ、キハダ、マイワシなどの鱗がキラキラとした魚たちが素早く泳ぎ回っています。

三角トンネル2

親潮は、西洋塩類が豊富でプランクトンが多く発生することが特徴です。このプランクトンは魚にとって格好のエサとなるため、「生命を育む豊かな海」という意味から親潮と呼ばれています。

アクアマリンふくしまでは、このふたつの潮の境目を歩くことができます。三角形のトンネルをくぐって、黒潮と親潮の海の魚を眺めてみましょう!

 

6. アクアマリンふくしまの世界最大級タッチプール「蛇の目ビーチ」

水族館といえば水槽の中で泳ぐ魚を見るイメージですが、アクアマリンふくしまには水槽の外にも楽しみがあります。それが、世界最大級の人工ビーチ「蛇の目ビーチ」です!

ここでは、ヒトデやウニなどに触れられる他、イベントで潮干狩り体験なども行っており、子供たちにも大人気のコーナーとなっています。

蛇の目ビーチ

 

7. 大人も楽しめる!アクアマリンふくしまのバックヤードツアー

是非アクアマリンふくしまに訪れた際には、参加して欲しいのがバックヤードツアーです。30分ほどの時間をかけて、アクアマリンふくしまの施設内を見学できるこちらのツアーでは、普段見ることができないような施設の裏側を覗くことができます。そこで、編集部でも実際に参加してみました!

最初に紹介されたのが、この長い通路。約100メートルほどの長さがあるそうで、施設全体がこのような
バックヤードで2/3を占めていて、展示スペースよりも広いのだそうです。ここを通って施設内を案内してもらいました。

バックヤード

こちらは、水槽の水温を調節するための設備で、アクアマリンふくしまで展示している魚や海獣、それぞれに合わせた水温に調整しています。手前の青い配管は冷水、奥の赤い配管が温水で、熱交換をすることで適度な水温を作り上げているそう。配管があちらこちらに伸びていて体を屈めないと歩けないような場所も多かったです。

バックヤード設備

この重厚な設備は、アクアマリンふくしま館内にある水槽に水を送ったり、吸い出したりするポンプで、とても高価な設備だそうです。

バックヤードポンプ

展示エリアで使用するものの一部も見ることができました。こちらは大水槽で実際に使われているアクリル。とっても分厚いのに、水槽越しに魚を見ている時には厚さに気付きませんでした。iPhoneと比べるとこの厚さ驚。

水槽アクリル

剥製なのでご安心ください笑。こちらは標本コーナーで、アクアマリンふくしまが水族館としてだけでなく海洋博物館・科学館であることからも、水族館で死んでしまった魚をホルマリン標本にしたり、冷凍保存することで研究に役立てています。

標本室

続いて案内されたのが調餌室。ここでは安全な餌を与えるために、魚介類は一度凍らせて菌を殺し、その後解凍して与える他、野菜の場合も必ず火を通して、生では与えないようにしているのだとか。その他、栄養補給のためにサプリメントも混ぜていたりと徹底した管理に驚きました。そして、こうした餌は、水族館全体で1日になんと100キロも消費しているそうです驚!

調餌室

バックヤードツアーの途中、運良く魚が運び込まれてくる場面に遭遇しました。水温管理などの特別な機能を備えたトラックで運ばれ、水槽へ入れる前にトラック内と水槽の水温を合わせてから移されるのだそうです。ちなみに、回遊魚などは泳ぎ続けないと死んでしまうので職員さんたちも緊張する瞬間なのだそうです。

トラック

こうして約30分ほどかけて、アクアマリンふくしまの施設を見学させてもらうことができますので、普段見ることができない施設の話や職員さんたちの裏話が聞けるバックヤードツアーはオススメですよ!

 

8. 水族館でお寿司!?寿司処「潮目の海」HAPPY OCEANS

アクアマリンふくしまに行ったら絶対に驚くのが、館内にお寿司屋さんがあることです。水族館でお寿司という組み合わせに驚く人も多いはず!

寿司処「潮目の海」HAPPY OCEANS

水槽の中を優雅に泳ぐお魚を見ながら、お寿司を食べる……。違和感を感じるようにも思えますが、これはアクアマリンふくしまが「海洋資源の持続可能な利用」というメッセージを込めて開店したお店で、その名も寿司処「潮目の海」HAPPY OCEANS。そのため、お寿司のネタも資源量が安定したものを提供していて、環境水族館ならではの食育でもあるんです。

アクアマリンふくしま寿司

営業時間: 11:00~15:00

 

まとめ

今回ご紹介した以外にも展示エリアの「アクアマリンエッグ」では、生き物の「生と死」をテーマとした展示物もあり、死んでしまった生き物が他の生き物の糧となっていく生命の連鎖や尊さについて学ぶことができます。

水族館を通じて、楽しみながら生命について学ぶことができる環境水族館アクアマリンふくしまでは、年間を通してさまざまなイベントが開催されており、いつ行っても楽しめるだけでなく、一度行った人でも楽しめるようになっています。

また、アクアマリンふくしまの目の前、小名浜港には観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」もあるため、海の幸を「食」でも堪能できるようになっています。是非、いわき観光に訪れた際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

アクアマリンふくしまのアクセス

環境水族館アクアマリンふくしま

福島県いわき市小名浜字辰巳町50

一般:1,600円 小~高校生:800円

9:00~17:30

0246-73-2525

http://www.marine.fks.ed.jp/index.html

 

アクアマリンふくしま