東洋一の造形美。天然洞窟「あぶくま洞」を探検してきた!

冒険心をくすぐる地底空間『あぶくま洞』で洞窟探検!

8,000万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美は東洋一。そう呼ばれる洞窟が県内にあるのはご存じですか?前回紹介したリカちゃんキャッスルより車で20分ほどに位置する、「あぶくま洞」と呼ばれる天然の洞窟。その美しさは県内でもとりわけ有名です。

今回は魅惑の地底旅を求め、あぶくま洞に足を運んできました!写真とともにたっぷりご紹介していきます。

偶然から発見されたあぶくま洞

偶然から発見されたあぶくま洞

1969年9月、現在の釜山採石場跡地より石灰岩採掘中に発見されたあぶくま洞。発見された当初は深さ12mの縦穴と、北へ60m、南西方向へ15mの横穴から成る小規模なものと思われていたが、翌1970年3月に日本大学の探検隊が洞内を探索したことにより、現在のあぶくま洞主洞部を見出す結果となった。その4年後に一般公開されるにいたりました。

あぶくま洞内の一般見学ルートの長さは600mほどで、入り口から150mほどの地点に「探検コース」(約120m)への分岐があります。このルートを含めると720mになる。一般には公開されていない経路を含めた洞内の総延長は何と約3,300m!!(日本国内第11位)で、今後の探索によってはさらに伸びる可能性があるそうです。また洞内の平均気温は14℃前後、一年を通して大きくは変動しないそうです。

見晴らし最高!あぶくま洞の駐車場から既に見物

滝根層
滝根層

滝根層
駐車場の目の前には眼前には、約3億年前の石炭紀からペルム紀に有孔虫などの生物の遺骸が海底に堆積して形成されたものである滝根層と呼ばれる石灰岩層が続いており、訪れた人々を驚かせてくれます。

あぶくま眺望

駐車場から入り口に向かう途中に角張った岩(?)の「あぶくま眺望」がありました。これは絶対見晴らし良さそう!

あぶくま眺望

あぶくま眺望
あぶくま眺望
いやいや見晴らし最高ですね~。市内を一望できます^^

さて、先に進むとしましょ!

オリオンちゃん

お、オリオンちゃん!あぶくま洞のゆるキャラがのオブジェが観光客を出迎えてくれます。

入り口

入り口到着。テンション上がってきた!

神秘体験の連続!あぶくま洞内部へ

あぶくま洞マップ画像出典:http://abukumado.com/see/abukumado

一般見学ルートの長さは600mほどで、内部はこのようになっています。
入り口から3分ほどで洞窟内部に入ることが出来ました!少し肌寒く、異様な静けさに恐る恐る進むと……、

神秘体験の連続!あぶくま洞内部へ

ひゃ~!!

高さのある広場に到着。照明の反射して、これまた美しい!

妖怪の塔
怖っ!道なりに進んで行くと最初の見所となる、「妖怪の塔」。鍾乳石の表情が妖怪のように見えることから名付けられたそう。急に出てきたのでびっくり汗。

妖怪の塔

間近で見るのとより怖いという……。

神秘体験の連続!あぶくま洞内部へ

しれっと本編初登場。

神秘体験の連続!あぶくま洞内部へ
細い通路が続きます。何だか雰囲気にも慣れてきました!この調子でガンガン進みましょう!

と思いきや……、その勢いもここまでだった–

まさにアドベンチャーワールドな探検コース

妖怪の塔を過ぎ、細い通りを抜けると何やら”一般コース”、”探検コース”と通路が2手に分かれていました。受付の方いわく、探検コースはスリルがある……、と。しかしここまで来たら探検コースしかないでしょ。200円を支払い再出発!

先心の池
先心の池

天井低っ、通路細っ笑。探検コース恐るべし。

ここではあぶくま洞を育む地下水が溜まった「先心の池」を見ることが出来ます。さて、ここからが探検コースの本領、と言うべきでしょうか。本当に探検でした。

ここ通れるの?気分はまさに探検隊

屈んで♪屈んで♪屈んで……。
人一人が通れるぎりぎりの道が続き一同困惑。これじゃ藤○探検隊じゃないか。

ここ通れるの?気分はまさに探検隊
ここ通れるの?気分はまさに探検隊

通路も細いため余裕もなく……、あまり写真を撮れませんでしたが、何より探検気分を味わえるのは本当です。かなりおすすめです!

ここ通れるの?気分はまさに探検隊

急勾配の階段を登れば一般コースと合流します。なかなか疲れますが、内より面白かった笑。

箱根御殿
箱根御殿

箱根御殿

高さ約13mの広々としたホール「箱根御殿」に到着。先ほどまで居た空間とは大分違います笑。ここでは「せせらぎの間」、「石化の樹林」などの鍾乳石を見ることが出来ます。さてお次はあぶくま洞でも一番と言われる「滝根御殿」に向かいましょう!

高さ29m!あぶくま洞最大のホール

東洋一の造形美。天然洞窟「あぶくま洞」を探検してきた!

わぁーお……。

高さ29m!あぶくま洞最大のホール滝根御殿
あぶくま洞最大のホール滝根御殿
高さ29m!あぶくま洞最大のホール滝根御殿

そのスケールに自然と言葉がでてきます。ここは、あぶくま洞の中でも公開部分として高さ29mの大ホール「滝根御殿」。「観音像」、「ビッグフローストーン」、「洞穴シールド」など様々な鍾乳石が揃うメインスポットでもあります。

高さ29m!あぶくま洞最大のホール滝根御殿

8,000万年という膨大な時間を掛け作り出された自然の歴史に、時間を忘れただ立ち尽くす。

あぶくま洞最大のホール滝根御殿

こちらの大ホール、冬季にはコンサートも行われています。洞内の気温も約15℃と比較的暖かいそう。天然の音響で聴けると言う事もあり、冬季恒例のイベントとなっているみたいですよ!

あぶくま洞の最後はイルミネーション!

旅の最後はイルミネーション!

旅も終盤、あぶくま洞の最後となる「月の世界」では、日本の鍾乳洞で初めて舞台演出用の調光システムを用いた光の演出が行われていました。

あぶくまわいん北醇

ワイン!?
なんとこちらは、全国でも珍く山ブドウを使って造られた赤ワイン「あぶくまわいん北醇」。年間を通して気温が一定な洞内に貯蔵したワインは、味がまろやかになり、より美味しくなるそうです!

旅の最後はイルミネーション!

イルミネーションのトンネルで出口へ。最後まで楽しませてくれました!

 

あぶくま洞へのアクセス

あぶくま洞

福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1 番地

大人:1,200円

3月上旬~11月下旬/8:30~17:00 11月下旬~3月中旬/8:30~16:30

0247-78-2125

http://abukumado.com/

 

まとめ

したたり落ちる地下水が自らの溶食作用によって創りあげる様々な造形美に驚き、さながら探検家のような気分を味わうことが出来ました。訪れる人を魅了するあぶくま洞の旅、不思議と感動の地底ファンタジーに出かけてみませんか!

関連:【厳選】福島県民が勧める!夏の福島観光でオススメの7スポット

東洋一の造形美。天然洞窟「あぶくま洞」を探検してきた!