オーストラリア×福島

【福島版】山口県より似てる!?妄想オーストラリアの旅

つい先日、Facebookを見てたらタイムラインにこんな記事が流れてきました。

参考記事:山口と豪州「似てる」と話題に 県庁HPが示す「10の理由」に驚き

なにやら山口県の職員さんが広報のために書いた記事で、山口県とオーストラリアが「似てる」ということで山口県と「オーストラリアの似ている10の理由」が挙げられています。しかも、3年前の内容だったようで、今になってネットを中心に話題になりました。

実際に筆者もその記事を見ていたのですが……「福島のほうが似てる!!!」ってことに気がついちゃいました。

そこで今回は、福島版「妄想オーストラリアの旅」をお届けしたいと思います! 日本にいながらオーストラリア気分を味わえるのは福島県かも!?

※本記事は、上記の山口県の記事を読んだ後のほうが分かりやすいです笑。

 

福島とオーストラリアが似ている10の理由

早速、山口県の内容になぞらえて、福島がオーストラリアに似ている10の理由についてご紹介していきますよー!

 

理由1. 形だけ見れば、これはもうオーストラリアでしょ!

はじめに、県の形がオーストラリアに似ているとのことでしたが、これを見てください。福島県の形もうりふたつ! 言わなければどっちが福島でオーストラリアか分からないはず笑。

オーストラリア×福島

理由2. サッカースタジアムはというと……

続いて、サッカースタジアムはナショナルトレーニングセンターであるJヴィレッジを挙げたいところですが、今のところ原発作業をされる方の対応拠点となっているので、今回挙げるとすれば「三崎公園」ですね!

三崎公園

充実した園内には、いわきのシンボルタワーのマリンタワーがあるほか、野外音楽堂やバーベキュー広場もあります。何よりいわき市街や小名浜漁港を一望できる景観は素晴らしい!

マリンタワー

 

理由3. 大自然に囲まれたハーバーブリッジがあるよ!

オーストラリアにあるハーバーブリッジは、シドニーの町と近郊の町をつなぐ主要道路であり、オーストラリアの代表すべきシンボル。

 

sayumi nakamuraさん(@sayu0978)が投稿した写真

レトロな外観、アーチが特徴的なハーバーブリッジですが、福島には紅葉の時期は特に美しい大自然の福島版ハーバーブリッジがあります。

つばくろ谷

それが磐梯吾妻スカイラインにある「不動沢橋」。谷底まで80mほどもある、つばくろ谷に架かる不動沢橋は、福島市街が一望できるビュースポットとして有名で、紅葉の時期はあたり一面が赤や黄色に染まる美しい紅葉スポットとしても多くの観光客が訪れるんですよ^^

スカイライン写真提供:aizu

 

理由4. 世界で2番目に大きい岩「エアーズロック」

そして、オーストラリアといえば、やっぱりエアーズロックですよね! 一枚岩でできているエアーズロックは、世界で2番目に大きい石とされていて標高は868mにもなるそう。

対して福島で言えば、先ほどの不動沢橋から程ない場所にある「浄土平(じょうどだいら)」が福島のエアーズロックと言えるはず。さすがに一枚岩とまではいきませんが笑。

浄土平

浄土平にある吾妻小富士は、大きく切り取られたような形状をしていて、そこからの景色はまさに絶景の一言。標高1,600mから見下ろす景色は、雲が絨毯のように覆う森林限界地帯でもあります。

浄土平2

エアーズロック以外にもハワイにあるダイアモンドヘッドにも似ているかもしれません笑。

 

理由5. バオバブの木

形がなんとも特徴的なオーストラリアのバオバブの木。高さ約20メートル、直径約10メートルに及び、果肉が食用に使われたり、種子からは油を抽出したりと古くから現地の人々の生活を支える巨木なんです。

 

EASTWESTさん(@the.vagabond)が投稿した写真

福島では樹齢800年、高さ30m、幹回りは7.7mほどもある「長床のご神木」が似ていますね! 国指定重要文化財である拝殿「長床」のご神木で、四季折々の大イチョウは神々しいほどの魅力があり、秋には紅葉スポットとしても観光客で賑わうスポットの一つです。

長床の大イチョウ写真提供:aizu

 

理由6. エミュー

オーストラリアの紋章にも描かれている巨大な鳥エミュー。ぐぬぬ……福島は……。

 

Atsuko. Uさん(@a.u1129)が投稿した写真

福島は、県の鳥にも指定されている「キビタキ」じゃないでしょうか汗!? エミューに比べるとだいぶ小さくて可愛らしいキビタキはスズメ科の一種で、県のマスコットである『キビタン』のモチーフになった存在でもあります笑。

キビタキ
Narcissus Flycatcher Osaka” by Kuribo投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

鳴き声が特徴的で、「ピッコロロ、ピッコロロ」と鳴くそう……。ド○ラゴンボールの緑のやつ……?

ちなみに、キビタンのほうは2001年にデザインが変更されて、半ズボンを履くようになったうえに家族も増えたそうな。

 

理由7. グレートバリアリーフ

世界最大のサンゴ礁であるグレートバリアリーフは、なんと長さ2600km! 日本くらいの大きさもあるサンゴ礁地帯なんです。

 

Travelさん(@sharetravelpics)が投稿した写真

そんなサンゴ礁をはじめ、様々な魚や海獣たちを見ることができる「アクアマリンふくしま」は、いわきの海山川の生態系をギュギュッと凝縮したような水族館で、このようにサンゴ礁エリアには、ディズニーでおなじみのカクレクマノミや黒潮源流域のサンゴ礁に生息するさまざまな生き物を見ることができます!

カクレクマノミ2

他にも生きる伝説、シーラカンスの本物の標本まで展示されていますよ! この迫力……。

シーラカンス

 

理由8. ペニンシュラ温泉

日本の温泉に魅了されたオーナーが母国オーストラリアで開業した天然温泉のペニンシュラ温泉。オーストラリア唯一の天然温泉で、温泉だけでなく保養施設も備えており、バラエティ豊かなリラクゼーション施設は女性に人気。

 

C Kさん(@elcoolmagnifico13)が投稿した写真

そして、福島の温泉地としては、福島市から車で20分ほどの場所にある飯坂温泉ですかね。もう街全体が温泉みたいなものです! 温泉街には9つの共同浴場や4つの足湯があり、1200年の歴史ある場所として、あの松尾芭蕉も訪れたとされる人気温泉地。

波来湯公園

名物のラジウム卵は、風呂上がりにツルっといけちゃうのどごしが楽しめます♪

ラヂウム

正直、ハワイアンズにしようとも思いましたが、ハワイなもので……。

 

理由9. パッフィンビリー鉄道

日本でいうSLのようなレトロな外観の蒸気機関車が走ることでも有名な鉄道。

 

Yukiko MASUDAさん(@yukky123)が投稿した写真

会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅までを結ぶ超ローカル線「只見線」は、海外でも「世界で最もロマンティックな鉄道」と称されるほど魅力ある鉄道の一つです。車窓から眺める田園風景や大自然には心奪われます……。

 

nisさん(@nis182)が投稿した写真

 

理由10. オペラハウス

特徴的な外観からもシドニーの定番観光スポットであるオペラハウスは、世界最大のパイプオルガン「グランドオルガン」があることでも有名で、なんと110年も昔に作られたものだそうです。

 

Fumihisa Satouさん(@fumihisa.s)が投稿した写真

そんな世界最大級のものが郡山にもあります! それがこちらのビッグアイ。

ビッグアイ2

郡山駅前に立つ24階立てビルの最上部には世界で一番高いところにあるプラネタリウム(ギネス認定)が設置されていて、プラネタリウムの球体が屋内いっぱいなほどの大きさ!

郡山ビッグアイ2

 

まとめ

以上、福島がオーストラリアに似ている理由を10こご紹介しました! エミューあたりで多少強引な感じは出てしまいましたが、オーストラリアに似ている福島の魅力も併せてご紹介できたのではないでしょうか笑。

さぁ、山口と福島、どっちがオーストラリアに似ているか……それは、皆さんのご判断にお任せします!!

オーストラリア×福島