浄土平2

標高1,600mから見下ろす大パノラマ!浄土平の見どころ5選

火山性ガスの影響で一時通行止めとなっていた「磐梯吾妻スカイライン」でしたが、4日には全面再開通されました。今回は絶景の雲上ドライブ体験「磐梯吾妻スカイライン」を巡る!で紹介できなかった、「吾妻八景」のうちの一つ「浄土平」についてご紹介したいと思います。
ビジターセンター、登山、天体観測など様々な体験ができる観光地としてとってもオススメなんです!

「浄土平」とは?

浄土平

磐梯吾妻スカイラインは猪苗代と福島を結ぶ中間に位置し、日本の道100選にも選ばれている全長29kmに及ぶ山岳観光道路。2013年までは有料道路でしたが、現在は一般開放されています。

雲海に覆われた吾妻連峰を縫うように続く道は磐梯山を始め、春には雪の回廊、秋には紅葉と季節毎に様々な景色を楽しむことが出来る、県内でも随一のドライブスポット。
また、その美しい景観から作家・井上靖氏が名づけた「吾妻八景」と言われるビューポイントがあり、今回紹介する浄土平もそのうちの一つに数えられています。

浄土平は磐梯吾妻スカイラインのほぼ中間に位置しています。一切経山と吾妻小富士に挟まれた湿地帯にして、辺りは噴火により生じた火山礫に覆われていますが、高山植物などの自然も多く、過酷な環境で生きぬく生命の息吹を直に味わう事ができます。休憩所となるビジターセンターもあるので、磐梯吾妻スカイラインを利用する人々の憩いの場としても人気です!

浄土平ビジターセンターで学ぼう!

ビジターセンター画像出典:http://www.env.go.jp/park/bandai/guide/joudodaira/facilities/jododaira024.html

浄土平には、自然などの情報を展示・解説し、公園の利用案内を行っている施設(ビジターセンター)があります。館内では、写真パネルやジオラマ等で浄土平の自然と歴史をわかりやすく解説して展示室、季節の花々を紹介する写真展示などがされているレクチャールーム、吾妻山の全貌がわかる吾妻山案内板、等。

ビジターセンターは、浄土平にきたら立ち寄り必須のスポットです。また、森の本屋さんの名で親しまれる売店コーナーもあり、ネイチャーグッズや本、オリジナル登山記念バッヂなど販売も行われているので、記念品もばっちりゲットできちゃいます!

浄土平の周りは雲の絨毯!吾妻小富士の景色は必見

雲上ドライブの次は登山、天体観測はいかが?地上の楽園「浄土平」を満喫
雲上ドライブの次は登山、天体観測はいかが?地上の楽園「浄土平」を満喫
雲上ドライブの次は登山、天体観測はいかが?地上の楽園「浄土平」を満喫
北に一切経山、東の吾妻小富士山呼ばれる山々に囲まれている浄土平。その内の吾妻小富士はビジターセンターの目の前にあります。浄土平駐車場から10分程度で火口壁に立つことができるので、休憩がてらに軽く登山をしていく方も多いそう。

吾妻小富士は噴火により中心が大きく切り取られた釜のような形状をしています。登山ではこの釜を沿うように約40分ほどで一周することが出来ます。その景観たるや否やはまさに絶景。晴れている日にはこのような景色を望むこともができちゃいますよ。

浄土平は福島のダイヤモンドヘッド?

そんな吾妻小富士ですが、上空から見ると、どこか見覚えがある形をしてませんか?

ダイアモンドヘッド 画像出典:http://southislandnavi.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

そう、ハワイの象徴的な火山、「ダイヤモンドヘッド」にそっくりなんですよ!
こんなに似ているので「福島のダイヤモンドヘッド」と言い切ってしまってもいいですよね^^

浄土平に咲く季節の花々や高山植物。ここでしか味わえない自然観察

浄土平は一切経山、吾妻小富士、桶沼、蓬莱山と四方を囲まれた凹地。乾燥地と湿潤地、その中間の適潤地とに区別されています。

乾燥地…メイゲツソウ、ヒメスゲス、スキ、コメススキなど
湿潤地…ワタスゲ、エゾオヤマリンドウなど
適潤地…イワカガミ、イソツツジ、シラネニンジンなど

それぞれ異質の植物群落が自生しています。また秋には紅葉が楽しめるので、まさに一年を通して美しい植物で色づいています。

自然観察

約6,000個の星々が広がる浄土平は天体観測の聖地

四囲の山々にさえぎられる浄土平には「浄土平天文台」も設置されています。肉眼で見える星は約6,000個にものぼり、天の川もはっきり見えるほど。

天体観測にうってつけの場として全国の天文ファンが集うイベントが10年間も開催されました。ビジターセンターにも浄土平で撮影された天体写真などを展示が行われいるので、立ち寄って際は是非見てみて下さい!

浄土平天文台画像出典:http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/221

Photo by Kenta Ito

 

浄土平ビジターセンター

福島市在庭坂字石方1-4

024-591-3600

http://www.bes.or.jp/joudo/vc/

 

まとめ

ビジターセンター、登山/散策、天体観測まで存在する浄土平の魅力はいかがでしたか?ドライブの一休み利用するだけでは勿体無い程、観光も充実してますね。ビジターセンターは案内所の役割も持っているので、窓口で気軽に相談するのもオススメです。磐梯吾妻スカイラインを利用する際は是非、立ち寄ってみてください!

浄土平2