大内宿雪まつり

福島県で開催のイベント! 歴史あるお祭り・伝統行事10選

日本人にとって馴染み深い行事といえばお祭り・伝統行事。「感謝/祈り」、「息災」、「慰霊」等の意味が込められた祭事として、1年の間日本各地にてなんと数十万もの行事が行われていると言われています。誰しも思い出はあるのではないでしょうかね! 今では観光要素としての色合いも強く、大規模なものとなれば盛り上がりも凄まじいもの。それだけのために遠出してくる方も多いと思いますが、それはここ福島県も例外ではありません。盛り上がり必須ぜひ観てほしいオススメのお祭り・伝統行事まとめです(^^)

 

【開催日順】福島県のお祭り・伝統行事まとめ!

 

1.七日堂裸祭(なのかどうはだかまつり)

1月の冬真っ只中、寒空にも関わらず褌姿の男たちが開催場所にある円蔵寺の石段を駆け上った後に体を水で清めて本堂を参拝し、そのまま大鰐口から下がっている1本の麻縄を使って鰐口へよじ登る伝統行事です。その男たちの熱気のあまり、周りには湯気が上がるほど汗。そして、終わった後はお寺の住職からホオノキの矢を頂いて、家に飾れば1年の幸せと無病息災になるそうです。一般の方も参加できるので、毎年県内外から多くの観光客が訪れるので、男性のかたはオススメですよ! 残念ながら今年は既に終了してしまいましたが、来年こそはぜひ参加してみてはいかがでしょう。

七日堂裸祭

福満虚空蔵菩薩圓蔵寺本堂内

毎年1月7日(※終了)

http://aizu-yanaizu.com/

Photo by aizu

 

2.大内宿雪祭り(おおうちじゅくゆきまつり)

大内宿雪まつり

大内宿5

30軒以上の茅葺屋根の民家が並び江戸と会津を行き来する旅人の宿場町として栄えた大内宿で行われる冬のお祭りです。時代の変化によって取り残された大内宿の景観が今では風情ある人気観光スポットに。それに多くの観光客が訪れることから、感謝の意味として始まった雪祭りなんです。毎年、この頃には雪が積もるので民家の人が自分達で作ったかまくらや雪の灯篭でお出迎え。冬の花火も風情あるもので夏の大内宿とは全く違った雰囲気が楽しめますよ!

第30回大内宿雪まつり

福島県 南会津郡下郷町大字大内字山本

平成28年2月13日(土)〜14日(日)

http://ouchi-juku.com/

Photo by aizu

3.相馬野馬追(そうまのまおい)

甲冑に身を固め、腰に太刀、旗を翻して威風堂々疾走する、まさに現代に蘇る戦国絵巻が相馬の伝統行事「相馬野馬追」です。出陣式、総大将お向かえからはじまり神旗争奪戦では実際の合戦さながらの迫力! 空に舞う神旗めざして馬に乗り騎馬武者が駆け抜けます。最終日には、放たれた野馬の群れに白装束の若者が素手で馬をとらえ神社内に追い込んで、神前に奉納するという神事で締めくくられます。実は、実際に参加するのが相馬に住む乗馬の名手や、実際に飼われている馬たち。本当に迫力満点で手に汗握るイベントです汗。

相馬野馬追

福島県南相馬市周辺

毎年7月の最終土曜日から3日間

http://www.somacci.com/~kankou/event/07_3.html

 

4.郡山うねめ祭り(こおりやま)

村人を助けるために自分を犠牲にして宮中女官「采女」になった春姫が。本命であった人の死を知り悲しみの中、後を追って亡くなった後天国で結ばれたという郷土の伝説「うねめ物語」を主題にしたお祭り。竹飾り提灯で飾られた目抜き通りを山車と一緒に踊りながら進む「うねめ」のなかにはその年の「ミス采女」の姿も見られます。郡山市一帯がお祭りムードで盛り上がる四日間です!

郡山うねめ祭り

福島県郡山市周辺

毎年8月第1金曜日からの3日間

https://www.ko-cci.or.jp/event/maturi/uneme.html

 

5.福島わらじ祭り

日本一と言われる長さ12メートル重さ2トンの大わらじを大勢で担いで羽黒神社に奉納するお祭りです。江戸時代から300余年の伝統のある「信夫三山暁まいり」を参考にして、市民の健脚を願って始まったそうで、他に比べると歴史の浅いイベントです。暑い夏の2日間、大わらじや山車を引いて競争する「わらじ競争」やヒップポップリズムの「ダンシングそーだナイト」で福島市全体が賑わいを見せます。

福島わらじ祭り

福島県福島市周辺

毎年8月初旬の2日間

http://www.fmcnet.co.jp/waraji/

 

6.いわきじゃんがら念仏まつり(ねんぶつ)

お盆の期間中、太鼓や鉦の音が鳴るなか踊りで新盆を迎えたお宅を回って供養する踊り念仏です。昔は、村人達の慰安と念仏の普及を願って踊りと共に唱えさせたことが始まりだそうで、開催中は市内のいたるところでじゃんがら念仏踊りが行われています。掛け声の「や~れや~れや~れや~れぇ」に合わせて太鼓の響くような低音と、鉦たたきの高音の交錯がなんとも印象的な音色を奏でます。いわき市の無形民族文化財に指定されていて、「じゃんがら」という銘菓があるほどいわきの人にとっては身近なイベントでもあります。

いわきじゃんがら念仏まつり

福島県いわき市周辺

毎年8月13日〜15日の3日間

https://twitter.com/jangaraiwaki

 

7.二本松の提灯祭り(にほんまつのちょうちんまつり)

お祭り好きの多い二本松で開催される毎年恒例のお祭りです。二本松城主、丹羽光重が「よき政治をするためには人々にまず神を敬う心を養わせる必要がある」と考え、二本松神社を祭ったのがこのお祭りの始まりだそうです。300もの鈴なりに飾った提灯をつけた7台の太鼓台が威勢のいい掛け声と共に市内を練り歩きます。総数3,000もの提灯を見ていると夜空を焦がすのでは、と思うほどの熱気が立ち込めます! 注目は「神輿渡御」で、お神輿を担いで町内をまわる様子は一見の価値あり。この時期、二本松に行かれたらぜひお見逃しなく!

二本松の提灯祭り

福島県二本松市周辺

毎年10月4日~10月6日の3日間

http://www.nihonmatsu-kanko.jp/matsuri.html

 

8.飯坂けんか祭り(いいざか)

大勢の若者に担がれた6台の太鼓台が激しくぶつけ合いながら、お神輿の「宮入り」を目指す飯坂けんか祭り。ぶつかるごとに大揺れする提灯、太鼓台の軋む音、負けんとばかりに打ち鳴らす太鼓の音が見ている側も熱狂させるすさまじさ! 想像通り、毎年ケガ人もでるそうですが、飯坂の若者の負けん気はそんなことお構いなし笑。儀式太鼓の風格と勇壮さを今に伝えるべく受け継がれてた伝統のお祭りです。

飯坂けんか祭り

福島県飯坂市周辺

毎年10月第1土曜日からの3日間

http://www.iizaka.com/event/event01/

 

9.二本松菊人形祭り(にほんまつきくにんぎょうまつり)

kiku (7)

霞ケ城公園(二本松城跡)で開催され、あたり一面が菊で彩られる菊の祭典「二本松菊人形祭り」です。二本松提灯行列の様子や二本松少年隊、菊をふんだんに使って作られた人形の衣装は菊とは思えないほど緻密な作りに驚くこと間違い無し。特に、1本の菊から何百もの花を咲かせた「千輪咲き」はこれぞ匠の技! 丁度もみじも色つく秋に開催されるので、会場は秋色と菊のカラフルな色合いで盛り上がります。

kiku (5)

第62回 二本松の菊人形

福島県立霞ヶ城公園(国指定史跡 二本松城跡)

平成28年10月10日(月)~11月23日(水)/09:00~16:00

入場料 一般700円/中学生以下入場無料

www.nihonmatsu-kanko.jp/kikuningyo.html

 

10.須賀川松明あかし(すかがわたいまつあかし)

日本三大火祭りの一つにも数えられるのが「須賀川松明あかし」です。長さ10メートル重さ3トン約30本の大松明を150人の若者が担いで街を練り歩き、目的地である翠公園の五老山で30本の大松明に火が灯されます。点火するのも地元の若者によって行われ、点火の瞬間には大きな歓声があがるほど観光客も一体となるイベントです。そして、燃え盛る松明に併せて松明太鼓の威勢のいい音で祭りのクライマックスを迎えます。420年も続く伝統的なこのお祭りは一見の価値有りです!

須賀川松明あかし

福島県須賀川市周辺

11月第2土曜日

http://www.sukagawa-kankoukyoukai.jp/shiki/11taimatsu.html

Photo by 山脇 康宏

 

まとめ

毎年盛り上がりをみせる福島の”お祭り・伝統行事”だけでも見に行く価値はありますよ! 間近では「大内宿雪祭り」が今月です。早速旅支度を済ませ出かける準備をしておきましよう!

大内宿雪まつり