フンドシ姿の男たちが4.8mの綱をよじ登る奇祭「七日堂裸詣り」に参加してきた

全国各地に奇祭と呼ばれる一風変わったお祭りがありますが、福島県の会津柳津でも1000年以上の歴史ある伝統的な奇祭があります。

しかも、その奇祭がめちゃくちゃクレイジーすぎる!!

完結に言うと“フンドシ一丁の男たちが真冬の寒い夜に綱をよじ登る”というもの。まぁ、ここだけではちょっと意味がわからないと思うので、実際に編集部で参加してきました。その模様をご紹介しましょう!

 

1000年の歴史、七日堂裸詣りに編集部も参戦!

七日堂裸詣りとは、1000年以上も昔の伝説が起源になっている伝統行事。

昔々の伝説―。かつて、この地は不作や疫病に長く悩まされていたが、虚空蔵尊のお告げを受けた弥生姫が、只見川の底に棲む龍神から如意宝珠を借り受けることで、その不幸を調伏することができた。しかし、数年後の1月7日の夜に、龍神はその宝珠を取り返すべく、菊光堂に現れる。そこで、信者たちは宝珠を渡すまいと、堂内で結束。必死に騒ぎ立て、龍神を追い返すことに成功する。この「七日堂裸詣り」は、その時の団結の尊さを今に伝えている。

引用:会津物語

この伝説の名残で、今でも毎年1月7日の夜、20時30分から男たちが裸一貫で「わっしょい、わっしょい」と大声でかけ声をかけながら、福満虚空蔵菩薩圓蔵寺を目指して駆け上がります。その後、本堂内にある長さ4.8メートルもある大鰐口と呼ばれる巨大な綱をよじ登ることで、1年間の無病息災、祈願成就、福を招くと言われています。

ちなみに、一般参加もOKで毎年全国各地から参加する人もいるぐらい人気のお祭りなんです! まさに“漢の祭り”に参加するのは編集部の中で最も身体を張る(らしい)メンバーのザキヤマと友達の3名。

img_3151▲左から渡邉くん、ザキヤマ、市川くん▲

二人の友達は東京からわざわざ今日のために来たようで、渡邉くんは福島市出身、市川くんは神奈川出身ですが全国の奇祭をコンプリートしたいという理由で参戦するそう。しかも市川くんは身長190センチもあるらしく、めちゃめちゃデカいので期待大!

簡単な当日の流れとしては、夕方ごろから会津柳津にいくつかある一般客用の着替えの場所に集合。フンドシ姿になってから20時30分から開始する本番まで待機。

そして、この時期の福島の夜は気温が急激に下がる(当日はなんと1度でした!)ということもあり、お酒で身体を温めてから参加するというのが恒例らしく、まずは日本酒の調達に向かいました。会津は酒どころなので、美味しい日本酒を何本か購入。

img_3159

現地に向かうころには、すでに日が落ちて既に気温が5度くらいになってました。本当に寒い……。

img_3162

ちなみに、開催場所である福満虚空蔵菩薩圓蔵寺は赤べこ発祥の地とも言われていて、境内にある「撫牛」と呼ばれる銅像を撫でると念願が成就すると言われています。

 

keikoさん(@_keiko_425)が投稿した写真

ここでフンドシを購入(ひとつ1,000円)して着替室へ向かう。

img_3169

この広々とした場所が着替室で、時間が早過ぎたのかまだ人が集まっていなかったので名簿を書いて、周辺を散策してきました。このとき名簿に書いてある情報を見ると、広島や愛知から参加する人もいるようで参加回数が5回以上など猛者揃い……。ザキヤマ大丈夫だろうか汗。

img_3171

開催場所近くでは、ご当地グルメのこづゆを無料で振舞ってくれたり、遅い時間まで飲食店がやっていたりと町全体でお祭りを盛り上げていました。

img_3177

img_3183

作りたてで熱々の名物あわまんじゅう。

img_3186

軽く開催場所の下見に向かうと辺りは、けっこう暗い上に本堂への階段がけっこうきつい! どうやら113段もあるようで、普通に登るだけでも息が切れた汗。ここをフンドシ姿で駆け上がることを想像しただけでも鳥肌もんです。身体を張るのがザキヤマでよかったと一安心笑。

既に人が集まって来てたので、そろそろ一度戻って着替えようということで準備開始!

img_3193

1

2

3

次のページへ
友だち追加