夏のスイーツの定番! 抑えておきたい福島のジェラートショップ6選

夏スイーツの定番! 抑えておきたい福島のジェラートショップ6選

今や夏のスイーツの代名詞ともなっているジェラート。今年も何かと食べる機会が多そうですが、いざ食べたいという時にお店を探すのも面倒ではありますよね。今回は、福島県内にある美味しいと評判のジェラートを集めてみました。夏はまだまだこれから、ジェラート制覇も夢ではありませんよ!

 

実は結構違った? ジェラートとアイスクリームの違い

その前に意外とその違いが分からなかったりしますよね。ジェラートとはイタリア語で“凍ったお菓子”を意味し全般を指します。ここまでだと特に違いはないじゃん。と思いますが日本ではアイスクリームと呼べるものは法令で”乳固形分15%以上その内8%は乳脂肪”でなければならないと決まっています。こんな感じに↓

アイスクリーム 乳固形分15%以上(うち乳脂肪分8%以上)
アイスミルク 乳固形分10%以上(うち乳脂肪分3%以上)
ラクトアイス 乳固形分3%以上

イタリアでは通常5%前後の乳脂肪で製造するのが一般的だそう。つまり日本での定義上ジェラートはアイスミルクということになります。(※ちなみにシャーベットはアイスクリームやジェラートよりさらに脂肪分が少なく、果物を主にした氷菓子です。)

しかし、ジェラートは新鮮な果物や原料そのものの風味を生かしたアイスです。作るときの空気含有率(空気含有率は高いと柔らかく低いと固い)を低くしているため、特徴でもある粘り気を再現し、味も濃厚の割にはカロリーが低く、一般的なアイスクリームの約半分なんだそうです! 定義上アイスミルクではありますがここに大きな違いがみれます。またジェラートを提供しているお店では、店内に製造室を持っていることも多く、出来立てかつ新鮮な状態で販売していることが多いです。

 

福島でおすすめのジェラートショップ6選

honey bee


福島市のジェラート専門店と言えば外せないのがhoney bee! 毎日約16種類の多彩なジェラートが並び、地元産のミルクやハチミツ、果物を使ったジェラートはもちろん、ワッフルやコーンも店内で作られるという拘り。福島っ子行きつけのお店です!

手造りジェラート店 honeybee

福島県福島市荒井字山神下17-14

09:30~18:30(冬季12月~3月 10:00~17:30)※定休日なし

024-593-0666

http://www.kudamonobatake.jp

 

モンジュー


福島県内に3店舗(福島、猪苗代、会津若松)を有するモンジュー。10年以上に渡り培われてきた味は、多くのファンを生み今なお愛され続けています。ジェラートの種類も多く、季節限定や期間限定のジェラートも人気。飽きのこないフレーバーが揃っていますよ!

モンジュー

福島県福島市荒井字横塚3-182 アンナガーデン内

10:00~18:00(11月~2月 10:00~16:00)※定休日なし

024-593-0461

http://www.monjoue.jp/

 

ジェラートカザロ


穴場のジェラートとして人気なのが、JA農産物直売所「愛情館」内にあるジェラートカザロ。バニラやチョコの定番に加え、JA農産物直売所という立地を活かしたフレッシュな季節の果物、野菜を使った本格ジェラートが味わえます。買い物ついでの休憩にも最適ですよ!

ジェラート カザロ

福島県郡山市朝日2-3-34 JA農産物直売所愛情館内

10:00~17:00 ※定休日なし

024-991-9080

 

まきばのジャージー


行列店としてここも外すことができない名店、まきばのジャージー。立地がいいとは言えませんが、それでも行列ができるという人気店です。ジャージー牛の牛乳でつくるソフトクリームとアイスクリーム、ジェラートはリピーター
続出。一度は東京に姉妹店を出したほどの実力です! 夏にはぜひ味わいたい一品です。

まきばのジャージー

福島県伊達市霊山町石田字川面1-1

【月~金】08:30~18:00/ 【土・日】08:30~18:30(冬期 08:30~17:30)※定休日なし

024-589-2375

 

じぇらーと蔵


みそ漬処「香の蔵」が営む一風変わった本格イタリアンジェラートじぇらーと蔵。製造機器もイタリアから取り寄せ、30種類ほどのレシピから新鮮な素材で丁寧につくられたジェラートを提供しています。ちなみに香の蔵には、甲冑の展示館「菊翁」も併設されていたりと、ジェラートを食べたついでに寄ってみるのもおすすめです!

じぇらーと蔵

福島県南相馬市鹿島区永田字北永田28-3

09:00~18:00 ※定休日元旦

0120-058-509

http://www.kounokura.com/

 

12か月のジェラート


道の駅あいづ内にある手作りジェラートを提供する12か月のジェラート。原材料を地元産にこだわり、毎朝14種類のジェラートを作っています。直売所も兼ねているので、新鮮で旬な野菜や果物をふんだんに使用しているので、まさに素材を楽しむジェラートを味わえます。地元の酒粕を使用した変わったジェラートも販売してたりしますよ!

12か月のジェラート

福島県河沼郡湯川村大字佐野目字5-78-1 道の駅あいづ 湯川・会津坂下

09:00~19:00

0241-27-8853

http://heso-aizu.jp/

 

まとめ

出典:http://5810c.manabuki.com/02/Cucina.html

ジェラートを提供するお店をまとめましたが、多分まだまだあるかもしれません! 皆さんのおすすめを教えてほしいです。ちなみにジェラートを探してたらこんなものを見つけてしましました。

なんとサンショウウオの燻製がささっているジェラート……。二度見ですよこれ!

福島県の南会津郡檜枝岐村にある植物園「ミニ尾瀬公園」で販売されていたそう。現在も販売さているんでしょうか……?

夏のスイーツの定番! 抑えておきたい福島のジェラートショップ6選