img_2107re

喜多方ラーメンを追い越す勢い? ラーメン界隈で大注目「白河ラーメン」名店10選

喜多方ラーメンといえば皆さんご存知、福島県が誇るご当地ラーメンです。いわゆる3大ラーメン(札幌・喜多方・博多)に数えられる程、揺るぎない地位を確立しているように思えますが……。今その存在を脅かすご当地ラーメン「白河ラーメン」が話題を呼んでいます!

白河ラーメンは、東北の玄関口・福島県白河市に店をかまえる、とら食堂が発祥と言われています。その味に魅せられた人々がこぞって弟子入りを志願し、現在市内に白河ラーメンを提供するお店は100店を超えるそうです。

今回はそんな白河ラーメンに焦点をあて、喜多方ラーメンとの違いや名店と呼ばれるお店をピックアップしました。ラーメン界隈でも注目されるその味を堪能すべし!

 

 喜多方ラーメンとはここが違う!白河ラーメンの特徴

 

麺は“つるもち”

喜多方ラーメンを含め県内でも主流の平打ちのちぢれ麺。白河ラーメンも平打ちのちぢれ麺を使用していますが、多加水麺の喜多方ラーメンより加水率が高く“ちぢれ”感が強いのが特徴なんです^^ そのため麺とスープは喜多方ラーメン以上に絡み“つるもち”感を楽しむことができます!

 

スープは醤油の旨味が肝

スープは豚骨、鶏ガラを主体とした醤油ベースですが、ダシの濃厚な喜多方ラーメンに比べ、醤油の旨みが凝縮したあっさりスープが特徴です。とてもオーソドックスに見えますが、これぞシンプル・イズ・ベスト。醤油の甘みを堪能できるラーメンとなっていますよ!

 

ワンタンも人気!

白河ラーメンは通常、ちなみに具は炭火で焼いてから煮るチャーシューやネギ、ほうれん草、メンマ、鳴門巻きなどがトッピングされていますが、一部の店舗ではワンタン麺も人気となっており、ワンタン麺=白河ラーメンと言うファンも多くいます! もちろんどちらも味は抜群。お好みを頼みましょう^^

 

2016年も注目! 白河ラーメン名店10選

 

1.田中屋(たなかや)

本来の白河ラーメンはワンタンが入っていませんが、田中屋のオススメは手打ちワンタンの入ったワンタン麺です。ツルツルした食感とほんのり効いた生姜入りの餡がアクセントに♪ そんなスープの染みたワンタンがゴロゴロ入っていて、チャーシューやメンマも全て自家製なのがこだわりでもあります。醤油ベースのスープは、こくがあるのにサッパリしていて飽きのない仕上げに。ぜひ手打ちタンメンの食感を楽しみたい方は田中屋へ!

田中屋

福島県白河市横町21

11:00~14:00、15:30~19:00/不定休

0248-22-3054

 

2.二代目 いまの家(いまのや)

西郷村にあるいまの家の系列店。こちらは白河ラーメンの特徴でもあるほうれん草の代わりにカイワレがトッピングされていているほか、3種の部位を使ったチャーシューは少しお得感があります笑。5種類の地鶏を使った鶏ガラと魚介のWスープは、白河ラーメン独特の縮れ多加水麺によく絡む!

二代目 いまの家

福島県西白河郡西郷村大字米字西原105-3

[平日]11:00~16:00、[日・祝]11:00~18:00/火曜日定休

0248-57-4030

 

3.鈴木食堂(すずきしょくどう)

白河ラーメンの名店「とら食堂」で修行を積んだ店主が独立したお店で、正統派白河ラーメンを守り続けて30年以上。濃い目の醤油スープにこだわりのチャーシューは絶品! 炭火で炙ったチャーシューはほんのり香ばしさがありホロホロのやわらかさです。 ちなみに白河ラーメン店でもう一軒「すずき食堂」がありますので、間違わないようご注意くださいね。

鈴木食堂

福島県白河市道場小路71-32

11:30~18:30/水曜日定休

0248-22-8721

 

4.手打ち中華 せきた

定番の白河ラーメンでありながら、自家製の幅広な麺はスープがよく絡むので味わいながら食べることができます。それにしても白河ラーメンは自家製が多いですね。そして、鶏がらを使ったスープは、澄んだ黄金色であっさりなのにコクがある、そんな感じです。人気のワンタン麺は、こちらも自家製のワンタンが入っていて噛む前にのど元へ流れるほどプルプルして皮が柔らかいんです!

手打ち中華 せきた

福島県西白河郡西郷村道南西93

11:00~19:00/水曜日定休

0248-27-2810

 

5.茶釜本店(ちゃがまほんてん)

白河ラーメンの名店とらやと並ぶ歴史あるお店で(茶釜本店が元祖?と言われている説も)こちらも正統派白河ラーメンを守りつつ、それでも濃い目のスープが特徴的です。見た目もそうですが、食べても「ああ、懐かしい!」と感じる日本のラーメンといった印象です。ワンタン麺は、ツルツルののどごしで、箸でつかむのも難しいほどの柔らかさ。また、お好みでにんにくの練り辛子を入れることもできますよ。

茶釜本店

福島県白河市本町55

11:00~18:30/火曜日定休

0248-23-2638

 

6.とら食堂(とらしょくどう)

img_2107re

言わずと知れた元祖中の元祖がとら食堂で、都内にも出店する「とら系ラーメン」の本店です。もちろんオススメは伝統的な白河ラーメンで、お昼時は10数人待ちなんか当たり前。来店の際は時間帯を要確認です。すっきりした醤油スープにツルツルの縮れ多加水麺は、これぞ白河ラーメンといったところ。白河に訪れて、これを食べなきゃ絶対に損です!

とら食堂

福島県白河市双石滝ノ尻1

[水~土]11:00~14:30、[ディナー]16:00~18:00、[日・祝日]11:00~18:00/月曜日定休日(材料なくなり次第終了)

0248-22-3426

 

7.火風鼎(かふうてい)

しっかりとした醤油ベースのスープで、麺は「手揉み熟成縮れ麺」という2日以上熟成させたという珍しい麺が特徴。お店のオススメは、チャーシュー麺で、しっかりと炭火で焼いたチャーシューがたくさんトッピングしてあります。この自家製チャーシューはお店のご主人ご自慢の一品ですが、スープも麺もチャーシューに匹敵するツワモノ揃いです。

火風鼎

福島県白河市鬼越44-16

11:00~19:00/火曜日定休日(材料がなくなり次第終了)

0248-22-8314

 

8.手打ちラーメン海(かい)

お店の主人がお寿司屋さんから白河ラーメン店に転身して始めたというのがこちらのお店。そんな多彩な主人が作る白河ラーメンは、スープがほんのり甘みのある醤油ベースで人気のワンタン麺は、大ぶりのワンタンでのどごし満点。スープが切れた時点で「本日終了」なので白河に訪れた際は早めのご来店を! 

とら食堂

福島県白河市池下123-1

11:30〜20:00/水曜日定休日

0248-22-8285

 

9.本格手打ちラーメン 英(はなぶさ)

黄金色に光る澄んだ鶏がらスープと太麺との相性が抜群。人気のワンタン麺は、つるつるワンタンがスープに染みて味わいながら食べられるのもいいですね。ちょっと前に塩ラーメンも登場して、とてもまろやかスープはオーソドックスな醤油ベースにも引けを取りません! 白河ラーメンの新常識を作り出した英は、少し違った白河ラーメンを楽しみたい方にオススメですね。

本格手打ちラーメン 英

福島県白河市二番町6

11:00~15:00、17:00~20:00/毎週木曜日、第3水曜日定休日

0248-22-1250

 

10.元祖赤みそ家 白河店(がんそあかみそや)

伝統的な白河ラーメンではありませんが、ラーメンの激戦区白河で味噌味一筋20年以上。赤みそを使った看板メニューの赤みそ家ラーメンは、濃厚な味噌が楽しめて辛さのあるひき肉をスープに溶かせばパンチのある辛味噌に味変。他にも味噌味メニューが豊富で、北海道産の熟成味噌をブレンドしたスープはまろやかそのもの。麺はお好みで太麺でも細麺でも選べるのでお好みでどうぞ。

元祖赤みそ家 白河店

福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原35-2

[月~土]11:00~23:30(L.O.23:00)、[日・祝]11:00~23:00(L.O.22:30)/無休

0248-25-4500

 

まとめ

喜多方ラーメンの影に隠れがちな存在ですが、近年テレビや雑誌でも特集されるなど、注目をあびる白河ラーメン。似ているようで似てない、奥深い味は福島の土地ならでではないでしょうか。県内を訪れた際は、是非喜多方ラーメンと食べ比べしてみてはいかがですか! その美味さに感動するかも!

img_2107re