地酒

飲兵衛に捧げる、酒どころ福島が誇る地酒11選

つい先日、日本酒ののみで行われるコンペティション「SAKE COMPETITION2014」が行なわれました。日本全国(参加蔵元280蔵 応募総数856点)の中から福島の蔵元は5部門中3部門に入賞。そのうち2部門では1位を獲得するほどで、福島は全国が認める酒どころでもあります。

その酒どころ福島が誇る至極の地酒をまとめました!
飲兵衛必見です!

福島が誇る地酒11選

1. 寫樂(しゃらく)

寫樂出典:http://lovefood.jp/fukushima/archive/sake/sake7.php

SAKE COMPETITION2014の純米酒部門・純米吟醸部門で堂々の1位を獲得。
桃のようなフルーティーな甘さが特徴です。通の間では、開封して2日寝かせ、まろやかさが増した頃が飲み頃という人も。日本酒ビギナーから飲兵衛まで幅広くオススメできる名酒の一つです。

宮泉銘醸株式会社

2. 飛露喜(ひろき)

飛露喜出典:http://satumatei.blog130.fc2.com/blog-entry-946.html

柔らかな酸味と程よい甘さで、口当たりが特徴です。
飲んだ瞬間に、まさに五臓六腑に染み渡る滑らかさは、例え日本酒が苦手な人でも素直に「美味しい」と言える味わい。
限られた本数しか酒造されず、ネットショップでは定価の約5倍もの値段で販売される場合もあり、店頭では品薄状態が続くほどの人気ぶりです。

廣木酒造本店

3. 一生青春(いっしょうせいしゅん)

一生青春出典:http://akebono-syuzou.com/item/seisyun/

杜氏制(酒造責任者を設けて酒造管理する方法)を廃止し、自分たちだけで新たに作った再出発の意味を込め名目した「一生青春」
名前の通り、常に青春時代のように挑戦し続けることで生まれた一生青春は、SAKE COMPETITION2014の純米酒部門でも6位に入賞しました。
ドライでキレのある飲み口は、お酒のわかる大人が無言で頷く納得の一品でしょう。

曙酒造

4. あぶくま

あぶくま出典:http://manoa2.blog19.fc2.com/blog-entry-681.html

SAKE COMPETITION2014純米吟醸部門で10位に入賞。
あぶくまは、社長であり杜氏(酒造責任者)まで担当する凄腕社長のもとで酒造されています。
酒蔵業界では、一般的に社長と杜氏は別で設けるため独特のスタイルではありますが、そのこだわり質にこだわるからこそ。
含んだ瞬間の軽さとは思えない力強い味わいに驚くこと間違い無し!
食中においても、存在感を感じるほどの一品。

有限会社玄葉本店

5. 名倉山(なぐらやま)

名倉山出典:http://uf-studio.xsrv.jp/?p=184

SAKE COMPETITION2014Free Style Under 5000部門で10位に入賞。
東北鑑評会17年連続金賞受賞というお墨付きのある名酒の一つです。
名倉山酒造のテーマとして掲げる「本物の旨味=きれいなあまさ」を体現する、気品のある甘みが特徴です。
熟練した蔵人の高い技術力の集大成とも言える一品。

名倉山酒造株式会社

6. 廣戸川(ひろとがわ)

廣戸川出典:http://ameblo.jp/sakanochica/entry-11975848378.html

SAKE COMPETITION2014のFree Style 部門で1位に輝いた福島が誇る地酒。
明治25年の創業以来から変わらない製法で作り続けるからこそ研ぎ澄まされた酒質は、飲みやすく飲み飽きないのが特徴です。豊かな自然に恵まれる地で天然水を使った酒づくりは、まさにオーガニックそのもの。
注いだ際の華やかな香りと、奥深い味わいの虜になるのは間違いありません。

松崎酒造店

7. 大七(だいしち)

大七出典:http://kuwanaya.jp/131208

大七酒造は、創業1752年(宝暦二年)という長きにわたり酒造を続ける由緒正しき酒蔵の一つです。
伝統的な醸造法である「生もと造り」にこだわった、味わいの深さを追求した逸品。
エグみのない飲みやすさ、コクのある旨味にわずかな甘さが絶妙にマッチした味わいです。

大七酒造

8. 国権(こっけん)

國権出典:http://lovefood.jp/fukushima/archive/sake/sake3.php

創立明治10年から自然豊かな奥会津で、米・水・麹・酵母にこだわり丁寧に作り上げた結果、全国新酒鑑評会において金賞受賞など数々の受賞歴をもつ名酒。
特に、原料である米自体の質へのこだわりは強く、米質の良さを表す平均精米度合いが55%(全国平均約66%)が物語っています。
また、精米度合いの低さがキレのある飲み口となっており、常温かぬる燗がオススメ。

国権酒造

9. 奥の松(おくのまつ)

奥の松出典:http://netton.kokubu.jp/shop/g/g4964838971023/

290年以上も前に越後流の酒づくりを受け継ぎ、長い歴史に渡って酒造りにこだわってきた奥の松酒造。あっさりした飲み口で、程よいコクが食前酒としてもオススメできる一品。
比較的、コストパフォーマンスに優れている点も特徴の一つと言えます。

奥の松酒造

10. 天明(てんめい)

天明出典:http://lovefood.jp/fukushima/archive/sake/sake2.php

震災直後、復興の意味も込めてハート型のラベルを起用したことでも話題となった曙酒造が酒造する天明シリーズ。その暖かい人情味が酒造りに反映されたような、優しく穏やかな味わいが特徴の地酒です。
飲み慣れていない方でも、自然と飲み進めたくなってしまうこと間違いなしです。

曙酒造

11. 金水晶 大吟醸

金水晶大吟醸出典:http://www.kinsuisho.com/pc/contents18.html

福島市唯一の蔵元である、金水晶で酒造された大吟醸。
金水晶酒造がある松川町には戦前まで金山があり、その金鉱脈から湧き出た水が流れる「水晶沢」の名水で仕込まれています。(水晶沢の水は、過去に明治天皇行幸の際に献上したほどの名水。)
そして、酒造米には最高峰の山田錦を40%以下に精米するなど、手間隙と地産地消の精神で作られた逸品。
やや辛口で果物のような独特の香りが特徴的。どこか安心すら感じる安定感のある福島の名酒です。

金水晶酒造

まとめ

日本随一とも言える酒どころ福島の名酒をまとめてみました。
気になる地酒はありましたか?
是非、これを機に福島の誇る地酒を飲んでもらえると嬉しいです!

地酒