初心者でも登れる東北百名山・蓬田岳!登山と花見で平田村を1日楽しもう

こんにちは、chicoです。

桜の見ごろは過ぎましたが、まだまだ花盛りは続く福島です。気分転換に、過ごしやすい陽気の中で体を動かし汗をかく。山歩きなんていかがでしょうか。

今回私がお勧めしたいのは、東北百名山にも選ばれた蓬田岳。標高は952m、福島県石川郡平田村、須賀川市、郡山市の境に位置しています。。眺望やアクセスの良さから県内では比較的人気の高い山です。今では老若男女問わず多くの人が訪れていますが、かつては山岳信仰の対象で、女人禁制だったそう。

現代に生まれたことに感謝しつつ蓬田岳を登りました。登山道の様子や付近の施設についてご紹介します!

 

「ふくしま緑の百景」を眺めながら。ハイキング気分でスタート

蓬田岳には、6つの登山道があります。その中から今回は、メイン登山口である「蓬田新田登山口」からスタート。

近くにある自然公園「ジュピアランドひらた」の駐車場に車を止め、そこから少し戻ったところに一つ目の鳥居があります。

 

多目的広場とゆり園の脇を通って、五分ほど歩きます。でこぼこはしていますが、この辺りはまだ道もなだらかで、登山道という気がしません。

 

二つ目の鳥居が見えてきました。ここから山頂までは約一時間の道のりです。

 

蓬田ハイキングコースの緑は、福島県民からの投票結果をもとに選定された「ふくしま緑の百景」にも選ばれています。

 

頃合いも良く、すみれの花が顔を出していました。野に咲く花に出会えるのも、山歩きの楽しみの一つです。

 

斜面、ロープ、岩肌、山登りも本番へ

少しずつ傾斜がきつくなり、いよいよ山登りも本番です。少しずつ疲れも見え始める頃です。

筆者が蓬田岳を登るのは今回で2回目ですが、初めての時はこの傾斜を甘く見ており、途中息があがっていました。山道では、一度溜まった疲れを回復するのは容易ではありません。

今回は、はやる気持ちを抑え、ゆっくり歩くことを心掛けます。

 

徐々にロープや段差の高い箇所も現れ、傾斜がきつくなります。

岩場もあり、なかなかの急登が続くため、軍手やグローブなど手を守るものを身につけるのがおすすめ。無いよりはあった方が手も汚れませんし、安心です。

また、息が上がってきたら、迷わず休憩を取りましょう。

 

山頂まで500mの看板が見えてきました。登山口からは700mですので、半分以上登ったことになります。

達成感からか、少し笑みがこぼれます。

1

2

3

次のページへ