とにかく近い!福島のサバンナ『東北サファリパーク』の見どころ6つ

「福島県にいながらサバンナを体験できる?いやそれはないでしょ。笑」

なんておもっているあなた!

ありますよ。あるんですよ。この福島県に。ただでさえ自然豊かな福島県ですが、サバンナもあるんですよ。

まさに豊かな自然!福島県らしい!

今回は二本松市で雄大なサバンナを体感できる「東北サファリパーク」からお届けします。

 

「東北サファリパーク」は、たくさんの種類の動物たちを見て、触れて、楽しめる家族にもデートにもおすすめな体感型テーマパークです。

普通に生きていて間近で見る動物って、散歩中の犬とか日向ぼっこをする猫とか朝のゴミ捨て場のカラスとかそのくらいじゃないですか?

でもここに来れば、ちょっとの怖さと大きなわくわくを抱きながらキリンやライオンを見ることができる。しかも目の前で。

そんな考えただけでにやにやしちゃうような非現実を提供してくれる「東北サファリパーク」の魅力を楽しみ尽くす6つのポイントをご紹介します!

 

東北サファリパーク 6つの魅力

 

1. 突然はじまる東北サファリパーク

先ほどの写真の右手に入口ゲートがあり、そこで料金のお支払い。

「じゃあそのまま車で上の方にぐるーっと登ってくださいね〜。そしたら上で代車に乗り換えてもらいますんでね〜。」

スタッフの説明が終わり、じゃあここ登ればいいんですかね?なんていいながら車を走らせ、最初の動物に出会うまでの時間、

 

わずか4秒。

 

僕:「え!いました!え!これもうはじまってるんですか?!」

編集長:「え!いやわかんないけどいるね!はじまってるんじゃない?!」

 

突然すぎるスタートに困惑すること間違い無し。

でもご安心を。

ここで出てくる動物たちは、ちゃーんと柵の向こう側にいます。「愛車がガリガリされちゃう」ということにはなりませんので、ざわついたその胸をなでおろしてください。

おとなしく日向ぼっこをしているシカちゃんや今にも寝そうなワラビーちゃんを眺めながら進むと……

え、あ、こんにちは。

 

さっきまで日向ぼっこ気分だったのに、急にサバンナ感つよめの動物さんが出てきました。さっそく動物の迫力の洗礼を受けちゃいました……。(でも実は瞳がつぶらでかわいい。強いて言うなら地味なメガネっ娘の学級委員がコンタクトにして急に可愛くなってしまうあんな感じ。)

▲瞳のつぶらさに気づいて「あ、かわいい。」って言ってしまう僕▲

 

いきなりはじまって、ゆるい動物から急に「迫力」という感じの動物。ぶんぶんと感情を振り回してきますので心の準備をして入りましょう。このいきなり!? という感じもこのパークの魅力です。

 

2. ホワイトライオンが激かわ。白い動物たち

東北サファリパークのキーワードは “ホワイト” なんです。

パーク内には多くの白い動物たちが! 例えばホワイトフクロウ、ホワイトオオカミ、ホワイトライオン、ホワイトゼブラ、ホワイトワニ、ホワイトレア、ホワイトニシキヘビなど多くの白い珍しい動物が飼育されています。

特にホワイトライオンは希少な動物で、世界で300頭ほどしかいません。

 

凛としていてかっこいい! なんかシュッとしている感じもしますよね。

そして歴史もすごい。1992年6月4日に日本で初めてホワイトライオンの赤ちゃんが生まれました。その場所がここ、東北サファリパーク! そこから増えていったホワイトライオンはトータルで42頭。

ん?

世界で300頭、東北サファリパークで生まれたのが42頭……?

そう、世界に生息しているホワイトライオンの約1/6。絶滅危惧種を救い続けている経営者の想いも感じながらホワイト動物たちを見て、触れると、また変わった楽しみ方ができますね!

ラッキーなことに3月でお別れの、ホワイトライオンのセラムくんがパーク内を散歩している場面に遭遇できました。

 

な、なんてかわいさ。

ほぼ猫じゃん。しかも触っても暴れたりしないとってもいい子。飼いたい……。

 

3. 勢いよく迫りくる優しい顔した草食動物たち!

東北サファリパークは車を使って園内を移動していくのですが、その中は3つのエリアに分かれています。

①エサをあげられるエリア
②放し飼いエリア
③車から降りて見られるエリア

入ってすぐが②の放し飼いエリア。ホワイトライオンやカバ、ラマなんかもいます! ライオンなんて聞くとすごく迫力があるように感じますが、他にもすごい迫力のエリアがあるんです。

(あ、もちろんこの通りライオンが至近距離にいる迫力もすさまじいです。大きい猫だと自分に言い聞かせてなんとか先へ進みました。)

 

それがライオンたちの先で待ち受ける草食動物たちの、①エサをあげられるエリア!

そう、草食動物たちはもう知っているんです。車がきたらエサがもらえるということを。

 

うわうわうわ。

 

うわあ、うわあ。

 

うわああああああ!!!

 

って感じでぐんぐん近づいてきて窓の隙間に口を突っ込んできます。

すごい勢いなんです。それはもう。草食動物を見て、恐怖を感じたのははじめてです。笑

あの不思議な動きをする口元を間近で見て欲しい!

温厚そうに見えるゾウさんもこのとおり。鼻を突き出してエサを狙ってきます。

 

ちなみに、園内はマイカーで進むこともできるのですが、レンタカーやほかのお客さんと一緒に乗り込むサファリバスがおすすめです。

なぜかって?

1

2

次のページへ