磐梯吾妻スカイライン

ツーリングに最適!雲上ドライブができる磐梯吾妻スカイライン巡り

【追記5/4】4月30日、火山ガスの濃度が基準値を超えたことにより全面通行止めとなっていましたが、本日全面解除となりました。一部、通行時間の変更があるのでお出かけの際はお気を付け下さい。
「浄土平―高湯ゲート」10時~17時
「土湯ゲート―浄土平」7時~17時

桜にお花見、皆さん今年の「春」は満喫できましたか?桜日和も終わりつつある今日この頃。つい先日咲いたと思えばあっと言う間に散ってしまう、何とも寂しい気持ちになりますよね。

そんな、落ち込みがちなあなたに向けて!春のお楽しみは何も桜や花見だけではありません。雲上を走る特別なドライブに「磐梯吾妻スカイライン」へ出かけしてみるのはいかが?

磐梯吾妻スカイラインで雲上を走る神秘的ドライブを体験!

雲上を走る神秘的ドライブを体験!
見てください、このロケーション!「磐梯吾妻スカイライン」は猪苗代と福島を結ぶ中間に位置し、日本の道100選にも選ばれています。高湯温泉から土湯峠までの全長29kmに及ぶ山岳観光道路として1959年に開通しました。

磐梯吾妻スカイライン

2013年までは有料道路でしたが、なんと現在は一般開放されています。例年11月中旬から4月上旬までは冬期通行止めの為、閉鎖されていますが、今年度は4月17日に開通を迎えました!

絶景の雲上ドライブ体験「磐梯吾妻スカイライン」を巡る!
雲海に覆われた吾妻連峰を縫うように続く道は磐梯山を囲むように、猪苗代湖、秋元湖、小野川湖、桧原湖など様々な景色を遠望する事がるのは勿論、秋にはあたり一面が紅葉に見舞われるなど、季節によって様々な表情を見る事も!雰囲気もばっちりなんでデートにはとてもおすすめです。

雲上を走る神秘的ドライブを体験!
「磐梯吾妻スカイライン」は福島方面、猪苗代方面の2箇所が出発地点。福島方面からは高湯温泉を起点に「吾妻八景」を順に追うことが出来、猪苗代方面からは野地温泉を起点に高湯温泉までとなります。この時期は、福島市の花見山公園を見に利用する方も多く、また温泉も近いため観光客にも人気のスポットとなっており、温泉、景観、桜、まさに一石三鳥!余すことなく楽しめるのが「磐梯吾妻スカイライン」の魅力の一つ。行楽シーズンの今だからこそ訪れて欲しい!

磐梯吾妻スカイラインの見所!雪の回廊、吾妻八景、おすすめビューポイント

雲上ドライブも最高の気分にさせてくれますが、「磐梯吾妻スカイライン」の魅力はまだまだあるんです!春には今しかみれない、雪壁を駆け抜ける体験「雪の回廊」や、その美しい景観から作家・井上靖氏が名づけた「吾妻八景」と言われるビューポイントもおすすめです。

湖見峠

湖見峠
猪苗代湖、秋元湖、小野川湖、桧原湖の4つの湖に加え、福島県の富士山こと磐梯山できるスポット。晴天ともあればこのような景色を望むことが出来ます!

雪の回廊

雪の回廊
画像出典:http://www.h7.dion.ne.jp/~joudo-vc/nic.htm
「磐梯吾妻スカイライン」の最高地点となる標高1622mでは、4m前後の雪の壁で覆われた、雪の回廊が見所!まだ雪の残る春先にしか見られない光景なので、逃せば次は一年後……。まさに今が絶好のタイミング。

浄土平

浄土平
「磐梯吾妻スカイライン」のほぼ中間に位置する浄土平。一切経山と吾妻小富士に挟まれた湿地帯にして、辺りは火山噴火により生じた火山礫に覆われていますが、高山植物などの自然も多く、ここでは生命の息吹を直に味わう事ができます。ここでは、休憩やお土産を買うことも。また登山や散策が楽しめる事でも有名ですよ!

標高1,600mから見下ろす大パノラマ!浄土平の見どころ5選

つばくろ谷

つばくろ谷
「磐梯吾妻スカイライン」の中でも一番と称される紅葉の名所、つばくろ谷。深く切れ込んだ谷は80mにも及ぶとか、想像しただけで怖いですね……。とはいえ、長さ170m、高さ84mの不動沢橋からは福島市街地を一望できるなど、ロケーションは随一!

まとめ

ただのドライブとは一味違う、雲上を駆け抜けるような感覚を味わう事が出来ますよ!お花見の次の楽しみとして、「磐梯吾妻スカイライン」を巡るドライブが、今、最高におすすめ!

※現在、吾妻山噴火警戒レベル2による火山周辺規制により磐梯吾妻スカイラインが夜間閉鎖になっております。

磐梯吾妻スカイライン