みそぱん
misaki
misaki

皇族も認める隠れた福島名物、駒田屋本舗の「みそぱん」

福島市観光

新幹線の時間まで、あと5分。 切符を握りしめ、慌ただしく福島駅構内のお土産売り場であなたが手にするのはままどおる? それともエキソンパイ

福島で18年生まれ育ったわたしが、福島へ来たならみなさんに手にとってほしいお土産、それは駒田屋本舗の「みそぱん」です。

 

駒田屋本舗のみそぱんとは

駒田屋本舗

「みそぱん」を販売しているのは、福島市を中心に店舗をかまえる駒田屋本舗。江戸時代に創業した和菓子の老舗であり、福島藩の御用商をつとめていました。

明治9年に明治天皇が東北御巡行時には、和菓子や飲料水などを献上しており、まさに皇族から認められた味。そんな老舗和菓子店が作る名物「みそぱん」がこちら!

みそぱん

一見すると、蒸しパンのような食感と思われるかもしれませんが、駒田屋本舗のみそぱんは、しっとりとした食感に仕上がっているのが魅力のひとつ。

みその甘さが口のなかにプワーっと広がる瞬間は、一度食べてしまうと、想像しただけでもよだれがたれそう……。

実はわたしも福島を離れるまでは、そんなに食べたことがなかったみそぱん。ひょんなきっかけで東京へ行く新幹線で食べたとき、素朴な味としっとりした食感がやみつきに。東京へ着いた瞬間に、「もう1個食べたい!」と感じ、いまでは「もう1個!」にとどまらず、帰省するたびに必ず買っています。

なにより牛乳にもお茶にも合うみそぱんは、ままどおるやエキソンパイにも負けないお茶菓子なんです! 

くるみゆべし

また、厳選したお米でつくったゆべしの生地にくるみを練りこんだ「くるみゆべし」(5個入り486円)もお店の看板商品です。福島はゆべし商品が豊富なので、食べ比べてもいいですね!

 

江戸時代から続く、駒田屋本舗のおいしい和菓子づくりのルーツ

実際にみそぱんを作られている駒田屋本舗さんにお邪魔すると、おいしい和菓子づくりのルーツを垣間見ることができます。

まず店内へ入ると、江戸時代のお店の様子が描かれた絵が飾られていました。にぎやかそうな風景が描かれた絵について伺ってみると、なんと江戸時代の駒田屋本舗が描かれているとのこと! この絵からも江戸時代から現代に至るまで、長きにわたって庶民に愛される和菓子店であることがわかりますね。

駒田屋本舗2

棚の中にあるのは和菓子でしょうか?

駒田屋本舗の絵

200年のときを超えて代々受け継がれている味を口にしていると思うと、不思議な思いがこみあげてきますね! 

そのほか、部屋の脇に置かれていたこちらは、いろいろな模様をかたどった木製の道具。かつて和菓子づくりの際に活躍していた道具たちは職人の魂が今も宿っているかのような、そんな佇まいが感じられました。

道具

そして、駒田屋本舗の渡邊さんのご好意で、店舗裏にある、かつて明治天皇にも献上した名水が汲める井戸まで案内していただきました。現在は使われていないそうですが、以前はこちらの名水を使用して、和菓子をつくっていたとのことです。

井戸

今でも普通に使えるんですよ!

駒田屋本舗に足を運ばないとわからなかった、みそぱんをはじめとした和菓子づくりへのルーツたち。お菓子で遠い昔に思いを馳せるなんて、江戸時代創業の駒田屋本舗だからこそ! 詳しいご説明をしてくださった渡邊さん、ありがとうございました!

 

まとめ

駅のお土産処でよく販売されているのは、5個入りパックのみそぱん。新幹線のなかで食べるみそぱんは、福島滞在のフィナーレを飾るにぴったり。帰省していた方は思わず “ホッと”。旅行で滞在していた方は、福島らしい素朴なぜいたくを味わうことができるでしょう。

福島土産選びにマンネリを感じている方は、ぜひ駒田屋のみそぱんを手にしてみてくださいね!

みそぱん2

駒田屋本舗

福島県福島市荒町5-29

8:30~18:00

024-522-4729

http://www.office-web.jp/komadaya/pc/

その他の福島市の記事

いつも同じところじゃつまらない!大人から子どもまで楽しめる福島市のおしゃれインドアパークCHANNEL SQUARE

いつも同じところじゃつまらない!大人から子どもまで楽しめる福島市…

福島市観光
大人も子供も盛り上がる!「吾妻庵」でダイナミックな流しそうめんにチャレンジ

大人も子供も盛り上がる!「吾妻庵」でダイナミックな流しそうめんに…

福島市観光
地酒「金水晶」の酒米田植え体験から酒蔵見学までできる1日ツアーに参加してきた!

地酒「金水晶」の酒米田植え体験から酒蔵見学までできる1日ツアーに…

福島市観光
鳥のさえずりが聞こえるほどの自然に囲まれた古民家カフェ「空cafe」で優雅な1日はいかが?

鳥のさえずりが聞こえるほどの自然に囲まれた古民家カフェ「空caf…

福島市観光
皇族も認める隠れた福島名物、駒田屋本舗の「みそぱん」

皇族も認める隠れた福島名物、駒田屋本舗の「みそぱん」

福島市観光
フォトジェニックな景色に感動! 福島市の自然美を感じる旅

フォトジェニックな景色に感動! 福島市の自然美を感じる旅

福島市観光

福島県のグルメ記事

知れば知るほど魅力満載! 海の幸あふれる道の駅「よつくら港」でグルメ&お買物三昧

知れば知るほど魅力満載! 海の幸あふれる道の駅「よつくら港」でグ…

いわき観光
外はサクッ、中はもっちり食感。福島の名物「凍天」がクセになる♡

外はサクッ、中はもっちり食感。福島の名物「凍天」がクセになる♡

福島市観光
喜多方ラーメンを追い越す勢い? ラーメン界隈で大注目「白河ラーメン」名店10選

喜多方ラーメンを追い越す勢い? ラーメン界隈で大注目「白河ラーメ…

白河観光
女子は閲覧注意!「ゼリーのイエ」のゼリーが宝石のように可愛すぎる

女子は閲覧注意!「ゼリーのイエ」のゼリーが宝石のように可愛すぎる

いわき観光
濃厚な甘さ、福島発祥のドライフルーツ「あんぽ柿」お酒にも合うオススメの食べ方をご紹介

濃厚な甘さ、福島発祥のドライフルーツ「あんぽ柿」お酒にも合うオス…

伊達・桑折町・国見町・川俣町観光
【実は知られてないシリーズ】福島県が誇る乳製品は酪王カフェオレだけじゃない!

【実は知られてないシリーズ】福島県が誇る乳製品は酪王カフェオレだ…

編集部おすすめ福島観光ルート

会津方面

会津方面

主な観光スポット・グルメ

鶴ヶ城、会津ブランド館、東山温泉、大内宿、さざえ堂、ソースカツ丼、喜多方ラーメン、リバティ会津

いわき方面

いわき方面

主な観光スポット・グルメ

スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、いわき湯本温泉、三崎公園

福島市方面

福島市方面

主な観光スポット・グルメ

花見山、高湯温泉、飯坂温泉、土湯温泉、花ももの里、フルーツライン、磐梯吾妻スカイライン、円盤餃子

今おすすめの観光スポット・記事

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光
秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨ 5選

秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨…

福島市観光
秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

会津坂下町・会津美里町観光
水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲沢沼』&『観音沼』

水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と尾瀬沼で秋を感じよう

いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉は必見

秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光

人気の記事

大内宿
大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ
ねぎそば
旅の醍醐味は食にアリ! これを食べなきゃ帰れない福島のご当地グルメ18選
磐梯吾妻スカイライン
福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選
羊羹ファンタジア
県民がオススメする福島のお土産|定番からユニークなものまで厳選リスト!
クリームボックス
郡山市のソウルフード「クリームボックス」の名店8選
鶴ヶ城の桜
会津若松市の観光ならココで間違いなし!地元民が選ぶベスト11スポット
会津さざえ堂、世界的にみても珍しい構造なのはダ・ヴィンチが関係していた!?
会津に行くなら外せない! 鶴ヶ城の見どころをまるっと紹介
達沢不動滝
運気UPに癒し効果も抜群! 福島のパワースポットを巡ろう