紅葉&常緑樹のコントラスト

水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲沢沼』&『観音沼』

きれいな水辺&水鏡好きの ごっちーです。
いよいよ紅葉シーズンの到来ですね。福島県内には紅葉の名所&名木がたくさんあります。これまで結構な数の紅葉スポットに足を運びましたが、絶景がたくさんありすぎて、どこをおすすめするか本気で迷ってしまうくらいです。

迷った末に、今回は紅葉の水鏡が美しいとっておきのスポット2ヶ所をご紹介することにしました。
かなりピンポイントなチョイスですが(汗)、どちらも水面(みなも)に映る紅葉が素晴らしく、写真愛好家の皆さんにとても人気のある場所です。
それでは早速、行ってみましょう!

燃えるような“鏡紅葉”が圧巻 裏磐梯屈指の人気撮影スポット「曲沢沼」

まずはこちら、裏磐梯の曲沢沼(まがりさわぬま)です。
裏磐梯に点在する湖沼群の中では五色沼や桧原湖が有名ですし、このエリアには中津川渓谷をはじめ紅葉の名所がたくさんあります(というより特に「名所」じゃなくても、普通にドライブするだけであたり一面に広がる美しい紅葉を楽しめます)。が、紅葉の水鏡なら圧倒的にここ、曲沢沼です。

曲沢沼広角

曲沢沼は、曽原湖の北東にある小さな沼。五色沼などの観光スポットから少し離れたところにあり、普段は釣り人が訪れるくらいの静かな場所です。それが秋になると一転、裏磐梯屈指の紅葉撮影スポットとして早朝から夕方まで大勢のカメラマンで賑わいます。

カメラマン

もちろんカメラマンさんたちのお目当ては水鏡! 曲沢沼は山に囲まれているためか比較的波が立ちにくく、鮮やかに色づいた木々が水面に映り込む見事な “鏡紅葉” を楽しめることで知られています。

周囲の山の木々は、ほぼ落葉広葉樹。山全体が橙色や黄色、赤に彩られ、まさに「燃えるような」という形容がぴったりの艶やかさです。

落葉広葉樹

木々の幹の白さと紅葉の対比がまた美しく、もうホントに「絵になる」のひとことです。木々と水鏡を半分ずつ入れてシンメトリーの構図を狙ったり、映り込みだけをアップで切り取ったり、いろいろなアングルで撮影したくなりますね。

くっきりとした水鏡はもちろんですが、水面にほんの少しさざ波が立って映り込みが揺れる様子もモザイク画のようで味わい深かったりします。

シンメトリー

モザイク画のよう

朝、日中、夕方と時間帯によって光の当たり方が異なり、それぞれに美しい表情を見せてくれますが、個人的におすすめなのは夕方。夕日に照らされて紅葉がひときわ鮮やかに染まる瞬間は格別ですよ!

夕日に染まる紅葉

曲沢沼への行き方はこのページを参考にしてください。近くに駐車場がないので、レンゲ沼のほとりにある「裏磐梯サイトステーション」駐車場に車をとめて10~15分ほど歩くことになります。道路が狭いため、路上駐車はしないようにしてくださいね。

ちなみに曲沢沼の隣にある大沢沼も紅葉の隠れた名所として人気。曽原湖の水鏡もきれいですよ♪

曲沢沼

福島県耶麻郡北塩原村大字檜原曽原山

0241-32-2349(裏磐梯観光協会)

紅葉の見頃(例年):10月中旬~下旬

https://www.urabandai-inf.com/?page_id=29424

紅葉と常緑樹が織り成す色彩の美 南会津を代表する水鏡の名所「観音沼」

続いてご紹介する紅葉の水鏡スポットは、下郷町にある観音沼(かんのんぬま)です。標高1640mの観音山の麓にある沼で、一帯は観音沼森林公園として整備されています。

八重桜や枝垂桜が咲く春や新緑の頃もきれいですが、なんといっても錦繍の山々が水面を彩る秋は圧巻。南会津有数の紅葉の名所&撮影スポットとして知られていて、シーズン中は大勢の観光客&カメラマンが訪れます。

観音沼広角

沼を一周する約1.2kmの遊歩道があり、色づいた木々の下を散策しながらお気に入りの景色を探せるのがうれしいポイントです。
個人的に好きなのは、沼の南側から見る水鏡。今回の写真を撮影したのは夕方だったので、赤みがかった光に照らされた鮮やかな紅葉がとてもきれいでした。

落葉広葉樹に囲まれた曲沢沼と違い、観音沼は紅葉と常緑樹のコントラストが魅力です。望遠レンズで切り取ってみると、沼の周囲に立ち並ぶ落葉広葉樹と杉林の深緑、その奥に連なる紅葉の山々が見事な三色の帯を織り成す様子を写真に収めることができます。
この色彩の美しさ、同じ「紅葉の水鏡」でも曲沢沼とはまったく違った絶景です!

紅葉&常緑樹のコントラスト

森の奥にちょこんと見える、いかにも南会津らしいトンガリ山も見事な秋色に染まっています。常緑樹が加わると紅葉の橙色や赤や黄色、木々の幹の白さが際立ち、いっそうカラフルになりますね。水面に浮かぶ水草がまたいい味を出しています。

森&とんがり山

観音沼には浮島がいくつかあり、水鏡にアクセントを添えています。ここは野鳥の宝庫でもあるのですが、このときはカモたちがいて、彼らの姿もしっかり水面に映り込んでいました。ちなみに浮島に渡ることはできないので、岸辺から見て楽しんでくださいね。

浮島広角

浮島&鴨のアップ

公園には観音沼一周のほかにも全部で9コース、総延長3.2kmの遊歩道が整備されています。時間と体力に余裕がある方は、散策して南会津の秋を満喫するのもおすすめですよ。

観音沼森林公園

福島県南会津郡下郷町大字野際新田字上ノ台

0241-69-1144(下郷町観光協会)

紅葉の見頃(例年):10月中旬~下旬

http://shimogo.jp/sightseeing/kannonnumashinrinkoen/

まとめ

いやー、やっぱり水鏡はいいですね。ものすごくクリアな水鏡を見ていると「水の中にはここよりももっと美しい世界があるんじゃないか」と真剣に思うほど引き込まれてしまいます。

水鏡を楽しむには「風がない」ことが絶対条件。タイミングによっては水面に波が立っていて、きれいな映り込みに出合えないかもしれません。
ただ、たとえ水鏡がイマイチであっても、曲沢沼も観音沼も紅葉の美しさは格別ですので、足を運ぶ価値は十分ありますよ。もしもタイミングよく風がないときに行けたらラッキー! 紅葉と水鏡が作り出す極上の秋景色を存分に堪能してくださいね♪

なお、紅葉の見頃は天候や気温によって前後する可能性があります。事前に確認してからお出かけください。