五色沼の毘沙門沼

本当に日本!?エメラルドグリーンが美しすぎる五色沼

福島が誇る名山である磐梯山は、明治21年(1888年)に大噴火を起こし、その噴火によって、磐梯型との噴火形式名称が残るほどの世界的な噴火でもありました。

当時の自然災害としては、多大なる被害を残した磐梯山の噴火でしたが、同時に自然が作り出した造形美とも言える産物を残しました。

裏磐梯にある五色沼もその一つ。
今回は、神秘的な観光名所として、福島県内でも人気観光スポット「五色沼」についてご紹介します!

 

5色の色が楽しめる?五色沼とは

五色沼は、大小40あまりの湖沼群を総称して五色沼と呼び、中でも「毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼」は、沼によって色がコバルトブルー、エメラルドグリーンの違いがあります。

これは、磐梯山噴火により小野川、中津川、長瀬川がせき止められた影響で出来上がった沼で、それぞれの沼の水質の違いや沼の形状によって色味が変わるとされています。

 

トレッキングコース五色沼自然探勝路で神秘的な沼地探訪

そして、五色沼はトレッキングコースとしても人気のスポットで、テクテク歩きながら神秘的な沼を眺めるのもオススメですよ! 五色沼自然探勝路コースは以下の順で巡っていきます。

五色沼入口-毘沙門沼-赤沼-みどろ沼-竜沼-弁天沼-るり沼-青沼-柳沼-裏磐梯高原駅

 

赤沼

周囲の草木が赤色に染まることから名付けられたとされる赤沼。

 

とむさん(@tom4327)が投稿した写真

 

深泥沼(みどろ沼)

水質や水深、様々な鉱物質が水と混ざり合うことで3色に見えるのが深泥沼。なんとも神秘的です。

 

Junさん(@escapeload)が投稿した写真

 

弁天沼

五色沼の中でも2番目に大きいのが弁天沼です。青々しい水面が美しいですね。

 

Junさん(@escapeload)が投稿した写真

 

瑠璃沼

見る場所によって色が変わるというなんとも神秘的な瑠璃沼。何色に見えるかちょっと楽しみですね!

 

Junさん(@escapeload)が投稿した写真

 

青沼

コバルトブルーが美しい青沼。こんなにも美しい色を生み出す大自然の力に驚きを隠せません……。

 

中川博登さん(@nsk_hiroto)が投稿した写真

 

柳沼

五色沼の中でも特に大きく、五色沼の自然探索路のゴール地点です。紅葉の時期は水面に写る木々が美しいんですよ!

 

Marineさん(@marine.mer)が投稿した写真

 

1

2

次のページへ
五色沼の毘沙門沼