「TRIP GIRL」第4弾!南会津町(旧田島町)

美女と巡る“重要文化財”の宝庫、南会津観光の見どころ

美女と巡る福島の旅「TRIP GIRL」第4弾!今回の舞台は福島県の南西部に位置する南会津町(旧田島町)です。「美女と街の歴史を知る」をテーマに旅をしてきました!

南会津町は、田島町、舘岩村、伊南村、南郷村の1町3村が新設合併して誕生した比較的新しい町。しかしその歴史は古く、縄文時代以前から戦陣の居住が知られています。また鎌倉時代には鴫山城が築かれ、江戸時代には幕府直轄“天領御蔵入”となり、その後も会津西街道の主要宿場町として栄えました。

そんな歴史ある南会津町を舞台に、今回一緒に旅をしてくれた美女は、会津若松市出身の丸山あおいちゃん。今は仙台で福祉関係のお仕事をしており、地元が大好きでよく帰って来るそう♪

あおいちゃん、南会津町に訪れるのは初めてとの事。一体どんな旅になるか楽しみですね^^では早速行ってみましょ!

・・・

あおいちゃんと最初に降り立った地は、南会津町(旧田島町)の中心地にある会津鉄道「会津田島駅」。
「TRIP GIRL」第4弾!南会津町(田島町)

 

駅舎内には南会津地方の情報が集まる観光センターや、1階には物産館、2階にはレストランがあり、南会津町に立ち寄った際にひと休みできるスポットです♪今回の旅はここからスタートです。
「TRIP GIRL」第4弾!南会津町(田島町)

 

明治時代の擬洋風建築は見物!「旧南会津郡役所」へ

最初に向かうのは、擬洋風建築として福島県指定重要文化財に登録されている旧南会津郡役所。道中には、旧田島町の歴史を物語る貴重なスポットが点在していました!
「TRIP GIRL」第4弾!南会津町(田島町)

 

まずは駅前の通りを真っ直ぐ行き、日光街道(国道121号)へ。右に曲がると見えてくるのが昭和9年創業の「和泉屋旅館」です!
和泉屋旅館

 

約80年前に建てられ、国指定の重要有形文化財に登録された老舗旅館。戦後進駐軍の指定旅館として使用され、応接室や客室などにある家具や調度品など当時のまま残されています。

また、きみちゃんの愛称で親しまれている3代目女将さんも名物になっているそうです!あおいちゃんも今度は是非泊まってみてね^^
和泉屋旅館

 

そのまま歩き続けると見えてきたのが、「ん? お屋敷?」

実はこちら、南会津町にある4つの酒蔵の一つにして100年の歴史を持つ「国権酒造」の酒蔵です!近年行われた鑑評会にて、吟醸酒部門で1位に輝くほどの実績を持ち合わせています。皆さんにも一度は飲んで欲しいお酒です!

ちなみに、南会津町には国権の他に「会津酒造」、「花泉酒造」、「開当男山」があり、こちらの酒はほとんどが地元で消費され県外に出回るのはほんの僅かだそう。とっても貴重なんですね!

国権酒造

 

国権酒造を後に少し歩くと、格納庫(?)が!
あおいちゃんもその大木にびっくり! 比較してみるとその大きさが伺えます……ゴクリ。
田島祇園祭

 

京都市の「祇園祭」、福岡市の「博多祇園山笠」と並び日本三大祇園祭の一つとされている「会津田島祇園祭」。こちらでは、その祇園祭で使われる大屋台が保管されています。毎年7月に行われる会津田島祇園祭は800余年の歴史があり、国の重要無形民俗文化財にも指定されてるんですよ! 40人近い女性が花嫁姿で練り歩くなど、全国でも珍しい光景が見られます♪
会津田島祇園祭出典:http://806.jp/info/disp_e.html?id=3051

 

開いていたのでちょっと覗いてみました~♪
田島祇園祭

 

っと、そうこうしている内に、最初の目的地旧南会津郡役所に近づいてきました!! 以外と近い距離にあります。
旧南会津郡役所

 

案内のすぐ近く。到着です!ドーン

“擬洋風建築”というだけあり、外観のレトロ感はたまりませんね!
旧南会津郡役所

 

旧南会津郡役所は明治18年に建設された擬洋風建築で、ギリシャ建築を思わせる円柱に、ベランダ上部屋根の千鳥破風、玄関扉上部のステンドグラスなど、和洋折衷のデザインが当時の時代を感じさせますね!元々は現在の南会津合同庁舎に位置しており、昭和46年に地元の人々の声により現在地に再建されました。また同年に福島県の重要文化財に指定されるなど、当時の歴史を物語っています。

では早速館内へ!
旧南会津郡役所

 

館内では南会津の役所や町の歴史に関する展示がされていました。あおいちゃん、地元の歴史をじっくり時間をかけ見ています。
旧南会津郡役所
旧南会津郡役所

 

こちらは「郡長室」。管理人の方に許可をいただき座らせていただくことに!
旧南会津郡役所

 

流石は擬洋風建築。外観だけでなく、館内にはアンティークな家具、電話器が並んでいます。味のある家具にあおいちゃんも、「家にもこんな家具ほしいー!」とテンションあげあげでした!
旧南会津郡役所

 

鎌倉時代の城跡が残る、「鴫山城跡」へ!

さて、続いて向かうのは、旧南会津郡役所からほど近い場所にある鎌倉時代の城跡「鴫山城(しぎやまじょう)」です。
鴫山城跡

 

鴫山城は、鎌倉時代~室町時代に田島地方を支配した長沼氏の山城。険しい自然の地形を利用した造りは、敵の侵入を防ぐ大きな石垣、濠が施されていました。守るのに易く、攻めるのには難しかったようです。NHKの大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続の弟・大国実頼がをつとめた事でも有名なお城でした。

城から町並みが一望できるなど、景観も抜群だったそうですよ♪
鴫山城跡出典:http://www.gunyakusho.ecnet.jp/7408.html

 

歴史ある鴫山城へは、住宅街を少し登った所にあります。この鳥居がどうやら入り口なのかな?
鴫山城跡

 

そのまま、参道を登って行くと……。鴫山城の史跡である門の石垣が現れました!
鴫山城跡

 

近くで見るとこの大きさ! 「数百年前も、ここには人が住んで文化を築いていたんだ。」今なお残るその歴史に、しっかり触れてきました。

鴫山城跡

 

歩き疲れたあとは、お蕎麦で一休み!

散策に歴史、山登り(鴫山城)と、大分疲れも溜まりお腹もぺこぺこです。あおいちゃんはお蕎麦が大好きということなので、お昼は会津田島駅前にある「柏屋」に行くことに!
柏屋
柏屋

 

ここで注文したのは、お店オススメの「割子そば」。5段に重なったお蕎麦は5種類、それぞれの違う味付けで食べられるという、1度に5回楽しめるお得感あるお蕎麦です!
柏屋

 

あおいちゃんもいただきまーす! 上から一段ずつ味を楽しんでご満悦の様子。柏屋さんのお蕎麦はコシのある麺に少し甘めのつゆが特徴。

南会津町はお蕎麦屋さんが多いので、好きなお蕎麦を探しに行くのもオススメですよ!
柏屋

 

国指定の収蔵品が5000以上! 「奥会津博物館」で当時の生活を見た

お腹も満たされたところで、旅の最後は少し足を伸ばし、「奥会津博物館」へ向かいます! ここでは、奥会津の自然、文化、歴史を総合的に展示・案内しています。驚くべきは国の重要有形民俗文化財指定の収蔵品が5058点(!)もあるなど、大変貴重な品々が収蔵されています。集落に見立てた一帯は、当時のリアルな暮らしを再現しているなど、新たな発見の連続でした。
奥会津博物館

 

その博物館を出ると敷地内には、茅葺き屋根の古民家がずらり! この茅葺き屋根の古民家も、大切に保存されている展示物の一つなのです。
奥会津博物館

 

そんな奥会津博物館では、春から秋にかけて、南会津の伝統郷土工芸 「染め物(藍染)」、「わら細工」、「ヒロロ細工」などの体験型イベントも盛んに行われています! 藍染は、ハンカチ、タオルハンカチ、てぬぐい、バンダナの4種類から選べるそう。入り口前のあおいちゃん、なんだかいい感じだったのでパシャリ笑。
奥会津博物館

 

建物を覗いてみると、南会津のマスコットキャラクター「んだべぇ」が!!
奥会津博物館

 

こちらの暖簾もなんと藍染で作られてました! ちなみに会津田島祇園祭で男性が着る裃姿の染色に藍染が使われているそうです♪

奥会津博物館

 

奥会津の自然、文化、歴史を学んだところで今回の旅はここでここまで! あおいちゃんからは「初めての南会津は発見がたくさんありました! 大好きなお蕎麦も食べれて大満足な旅行ができました。」ととっても嬉しい感想をいただきました^^奥会津博物館

 

今回登場したスポット

会津鉄道「会津田島駅」

福島県南会津郡南会津町田島字西番場甲358-3

 

和泉屋旅館

〒967-0004 福島県南会津郡南会津町田島上町甲4047

0241-62-0048

http://www.aizu-concierge.com/map/spot/10550

 

国権酒造

〒967-0004 福島県南会津郡南会津町田島上町甲4037

0241-62-0036

http://www.kokken.co.jp/

 

旧南会津郡役所

〒967-0004 福島県南会津郡 南会津町田島丸山甲4681-1

0241-62-3848

9:00-16:00(火曜定休日)

大人 200円/高校生 150円/中・小 100円

http://www.gunyakusho.ecnet.jp/index2.html

 

鴫山城跡

〒967-0004 福島県南会津郡南会津町田島

0241-62-3000

8:30-17:00

 

柏屋

〒967-0004 福島県南会津郡南会津町田島字後町甲3972-6

0241-62-0348

平日 11:30-19:30/日・祭日 11:30~19:00(定休日 第1・第3水曜日)

 

奥会津博物館

〒967-0014 福島県南会津郡南会津町糸沢西沢山3692-20

0241-66-3077

9:00-16:00

大人 300円/高校生 200円/中・小 100円

http://www.minamiaizu.org/kyouiku/cat/000013.php

 

まとめ

歴史、自然、文化。現代においても南会津町には先人達が築き上げてきた伝統が根付いています。日本の魅力を再発見する動きが強まる近年、貴重な文化財に触れ合う機会はそう多くありませんが南会津町にはそれが数多くの残っていました。奥深い南会津町の旅、ぜひ一度は足を運んでみてはいかが?

 

おまけ

あおいちゃん、ありがとうございました^^
おまけ

「TRIP GIRL」第4弾!南会津町(旧田島町)