img_2111re

とら系ラーメンの総本山『とら食堂』を行かずして白河ラーメンは語れない!

とら系ラーメンをご存知でしょうか? 化学調味料を一切使わずにだしを取り、麺は完全手打ち麺といった特徴のあるラーメンで、代表的なものがワンタンメン。

実は、とら系ラーメン発祥の地が福島県の白河市にあるんです。それが「とら食堂」で、ここでとら系を受け継いだ弟子たちが白河はもちろん全国各地に広がりました。

※白河市には人口約65000人に対して、約100店のラーメン店が軒を連ねるラーメン激戦区。

ようするに、とら食堂は白河ラーメン界のレジェンド! これを食べずして白河ラーメンは語れない、ということで実際に行ってきました。

 

白河ラーメン界のレジェンド「とら食堂」

とら食堂があるのは、JR白河駅から県道11号を東へ約5キロほど進んだ先にある看板が目印。正直、本当にこの辺りにラーメン屋さんがあるのか、と思ってしまうほど田園風景が広がる場所なので看板を見逃さないように注意してくださいね!

▲この看板! 見逃さないように注意。▲

▲とら食堂周辺▲

看板を曲がるとすぐ先に「とら食堂」の大きな看板が見えてきます。

しかし、駐車場には車がいっぱい! 筆者が訪れたのは14時くらいで、ピークは過ぎた頃合いだと思ったのですが、10組以上が待っていました汗。さすが人気店、駅からこんなに離れてるのに長蛇の列。

ようやく順番が回ってきて入店すると、店内は広々とした空間で比較的新しめ。お座敷に通してもらうとすぐに玉ねぎのみじん切りがでてきました。スープに入れると玉ねぎの甘みやシャキシャキ感が出るので、お店オススメとのこと!

こちらがメニュー。オーソドックスな手打ち中華そば(680円)を注文しました。

1

2

次のページへ
img_2111re