00

“ふくしまっ子” と巡る福島市の温泉地『土湯温泉』のオススメスポット

今回のTRIP GIRLと待ち合わせしている場所に到着。
そろそろ待ち合わせの時間と思い、辺りを見回してみるとバラのアーチの前に座っている一人の女性が!

もしや……?

 

「本日はよろしくおねがいしまーす♪」

 

おぉ、よかった。今回一緒に福島市のオススメスポットをしてくれる、福島市出身の田中彩乃(たなか あやの)ちゃんでした。

よろしくお願いしまーす♪

 

マイナスイオンを充電できる穴場スポットあり!土湯温泉街ぶらり旅

早速、本日訪れる場所へ向かうことに! 訪れたのは1000年余の歴史がある名湯「土湯温泉」。

土湯温泉は、福島市にある温泉地。ホっと一息つきたい時に彩乃ちゃんも来るそうで、オススメスポットを紹介してもらいました。

当日は天気もよく、ちょっとした夏日に。すると観光案内所の近くに滝を発見しました。暑い日差しの下で、ザバァァと音をたてて流れる滝に彩乃ちゃんも涼んでいる様子。

ちょっとした好奇心で滝の上を目指し、川沿いを上ってみることに。滝の上に行く階段を登ると新緑が美しい川が見えました。

「水が冷たいねー」と言ってたら、水をかけられました驚。無邪気な一面が垣間見えたので良しとしましょう!

さらに登ると吊り橋を見つけ、冒険心をくすぐられた彩乃ちゃん。

 

行列のできる人気つけ麺のお店でランチ

少し動いたのもあってか、お腹が空いたので「つけめん まさはる」へ! お昼時になると行列ができる人気店です。

彩乃ちゃんが注文したのは、お店オススメの「醤油つけ麺」。

魚介系のダシが効いていて、コシのある麺とよく絡む!

彩乃ちゃん、とっても美味しそうに食べるね。

見ているこっちまで幸せになる食べっぷり。

つけめん まさはる

〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町上ノ町

11:00〜14:30(17:00以降はなくなり次第終了)

024-595-2630

http://www.tcy.jp/shop/tsukemasa.stm

 

土湯名物こけしをモチーフにした可愛らしいカフェで絵付け体験

ランチも済ませたところで、再び温泉街を歩いていると大きなこけしに遭遇。少し年季がはいってますね笑。

こけしは土湯の名産品で、土湯の方言で「でこ」とも呼ばれているんです。
関連:第三次こけしブーム到来!?知られざるこけしの世界

そんなこけしをモチーフにした可愛らしいカフェを見つけました。こけしと雑貨のお店「ひさごCAFE」

ここでは自分でこけしの絵付け体験ができ、今日のお土産として彩乃ちゃんも挑戦することに! 「絵を描くの上手じゃないけど、頑張る!」と言いながら集中して描きはじめました。

ろくろで回して描くのが難しいみたいです。

ついにできました。

ジャーン!

顔は、アイライナーを長めに入れて現代のギャルをイメージしてるそうです。そして「福島TRIPの宣伝になるように!」と、体に名前を描いてくれました。

ありがとうございます!

ひさごCAFÉ

〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町下ノ町13

10:30〜18:00 不定休

024-595-2635

http://ameblo.jp/hisago-cafe/

 

彩乃ちゃんオススメの足湯へ

そして、彩乃ちゃんが土湯温泉に来たら必ず行く場所というのが「偲いの湯」だそうで、よく友達と癒されに来ているんだとか。案内してもらうことにしました。

熊野神社の近くにあって落ち着いた雰囲気。心地の良い風が吹き抜けて、とても気持ちの良い場所でした。

でも、この日はお湯がとても熱くて、温度を確かめたらちょっとビックリ笑。

そして、またもかけられました汗。

 

土湯名物から生まれた新食感アイスを堪能!

休憩がてら訪れたのが観光案内所の隣にある「こんにゃく工房 金蒟館」。

こんにゃくも土湯名物で、こちらでは県内産のこんにゃく芋を使ったこだわりのこんにゃくが観光客に人気。プルプル食感と懐かしい味が特徴です。

彩乃ちゃんもよくここのこんにゃくを食べているのだとか。しょう油味とみそ味があり、今回はしょう油をチョイス。

店内に入ってみると「こんにゃくあいす」という気になるアイスを発見。フレーバーも豊富で、彩乃ちゃんは“バラ味”にしました。

こんにゃくあいす自体、聞き慣れないのですが、さらにバラ味とはいかに……。

ひと口、パクリ。

「食感はまるでアイスゼリーのようで、もちっとした歯ごたえがクセになりそう」とのこと。

お店の人に聞いたところ、粉末状にしたこんにゃくをアイスにしているそうで、それがもちっとした食感の秘密だそうです。こんにゃくでできているのでそして時間が経っても溶けにくいんです!

こんにゃく工房 金蒟館

〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町

9:00〜18:00

024-595-2044

http://www.fukushimaryokan.com/dpunf/kenpoku/tsuchiyuonsen/kinkonkan/

 

まとめ

最後に彩乃ちゃんから土湯温泉を巡った一日の感想をいただきました。

「何度か来ている場所なのに、改めて見て触れると、まるで初めて来た場所のように楽しめました!」

なんだか案内までしてもらったのに、こっちも嬉しくなっちゃいました。彩乃ちゃん、ありがとうございました!

そして、彩乃ちゃんの感想からも、行き慣れた場所でも違う視点で見れば新しい魅力が発見できることって意外と身近にあるのかもしれませんね。

改めて土湯温泉は、観光で訪れる方はもちろん、地元の方にとっても再発見が楽しめる、そんな魅力のある場所でした。

00