アクアマリンふくしま
伊東 健汰

『アクアマリンふくしま』だからこそ楽しめる見所を8つに厳選してみた

いわき観光

7. 大人も楽しめる!アクアマリンふくしまのバックヤードツアー

是非アクアマリンふくしまに訪れた際には、参加して欲しいのがバックヤードツアーです。30分ほどの時間をかけて、アクアマリンふくしまの施設内を見学できるこちらのツアーでは、普段見ることができないような施設の裏側を覗くことができます。そこで、編集部でも実際に参加してみました!

最初に紹介されたのが、この長い通路。約100メートルほどの長さがあるそうで、施設全体がこのような
バックヤードで2/3を占めていて、展示スペースよりも広いのだそうです。ここを通って施設内を案内してもらいました。

バックヤード

こちらは、水槽の水温を調節するための設備で、アクアマリンふくしまで展示している魚や海獣、それぞれに合わせた水温に調整しています。手前の青い配管は冷水、奥の赤い配管が温水で、熱交換をすることで適度な水温を作り上げているそう。配管があちらこちらに伸びていて体を屈めないと歩けないような場所も多かったです。

バックヤード設備

この重厚な設備は、アクアマリンふくしま館内にある水槽に水を送ったり、吸い出したりするポンプで、とても高価な設備だそうです。

バックヤードポンプ

展示エリアで使用するものの一部も見ることができました。こちらは大水槽で実際に使われているアクリル。とっても分厚いのに、水槽越しに魚を見ている時には厚さに気付きませんでした。iPhoneと比べるとこの厚さ驚。

水槽アクリル

剥製なのでご安心ください笑。こちらは標本コーナーで、アクアマリンふくしまが水族館としてだけでなく海洋博物館・科学館であることからも、水族館で死んでしまった魚をホルマリン標本にしたり、冷凍保存することで研究に役立てています。

標本室

続いて案内されたのが調餌室。ここでは安全な餌を与えるために、魚介類は一度凍らせて菌を殺し、その後解凍して与える他、野菜の場合も必ず火を通して、生では与えないようにしているのだとか。その他、栄養補給のためにサプリメントも混ぜていたりと徹底した管理に驚きました。そして、こうした餌は、水族館全体で1日になんと100キロも消費しているそうです驚!

調餌室

バックヤードツアーの途中、運良く魚が運び込まれてくる場面に遭遇しました。水温管理などの特別な機能を備えたトラックで運ばれ、水槽へ入れる前にトラック内と水槽の水温を合わせてから移されるのだそうです。ちなみに、回遊魚などは泳ぎ続けないと死んでしまうので職員さんたちも緊張する瞬間なのだそうです。

トラック

こうして約30分ほどかけて、アクアマリンふくしまの施設を見学させてもらうことができますので、普段見ることができない施設の話や職員さんたちの裏話が聞けるバックヤードツアーはオススメですよ!

8. 水族館でお寿司!?寿司処「潮目の海」HAPPY OCEANS

アクアマリンふくしまに行ったら絶対に驚くのが、館内にお寿司屋さんがあることです。水族館でお寿司という組み合わせに驚く人も多いはず!

寿司処「潮目の海」HAPPY OCEANS

水槽の中を優雅に泳ぐお魚を見ながら、お寿司を食べる……。違和感を感じるようにも思えますが、これはアクアマリンふくしまが「海洋資源の持続可能な利用」というメッセージを込めて開店したお店で、その名も寿司処「潮目の海」HAPPY OCEANS。そのため、お寿司のネタも資源量が安定したものを提供していて、環境水族館ならではの食育でもあるんです。

アクアマリンふくしま寿司

営業時間: 11:00~15:00

 

まとめ

今回ご紹介した以外にも展示エリアの「アクアマリンエッグ」では、生き物の「生と死」をテーマとした展示物もあり、死んでしまった生き物が他の生き物の糧となっていく生命の連鎖や尊さについて学ぶことができます。

水族館を通じて、楽しみながら生命について学ぶことができる環境水族館アクアマリンふくしまでは、年間を通してさまざまなイベントが開催されており、いつ行っても楽しめるだけでなく、一度行った人でも楽しめるようになっています。

また、アクアマリンふくしまの目の前、小名浜港には観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」もあるため、海の幸を「食」でも堪能できるようになっています。是非、いわき観光に訪れた際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

アクアマリンふくしまのアクセス

環境水族館アクアマリンふくしま

福島県いわき市小名浜字辰巳町50

一般:1,600円 小~高校生:800円

9:00~17:30

0246-73-2525

http://www.marine.fks.ed.jp/index.html

 

1

2

その他のいわきの記事

知れば知るほど魅力満載! 海の幸あふれる道の駅「よつくら港」でグルメ&お買物三昧

知れば知るほど魅力満載! 海の幸あふれる道の駅「よつくら港」でグ…

いわき観光
突き出した展望台から海を一望できる絶景ポイント「三崎潮見台」

突き出した展望台から海を一望できる絶景ポイント「三崎潮見台」

いわき観光
花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

福島市観光
テレビで紹介され一躍話題に! いわきのご当地お菓子「じゃんがら」食べてみました

テレビで紹介され一躍話題に! いわきのご当地お菓子「じゃんがら」…

いわき観光
夏のいわき観光を満喫するならここがオススメ!《週刊福島TRIP 7/13〜7/17》

夏のいわき観光を満喫するならここがオススメ!《週刊福島TRIP …

いわき観光
太平洋が一望できるパノラマビュー『塩屋埼灯台』に少しだけ登ってきた【ワケあり】

太平洋が一望できるパノラマビュー『塩屋埼灯台』に少しだけ登ってき…

いわき観光

福島県の観光記事

街全体がノスタルジックな会津・七日町周辺のレトロな建築物やスポット紹介

街全体がノスタルジックな会津・七日町周辺のレトロな建築物やスポッ…

会津若松観光
お祭りもいよいよ本格化!福島の夏の風物詩を堪能しよう《週刊福島TRIP8/3〜8/7》

お祭りもいよいよ本格化!福島の夏の風物詩を堪能しよう《週刊福島T…

福島のおいしいものが集結! 農産物産館・まるごと西郷館の「青空バル」

福島のおいしいものが集結! 農産物産館・まるごと西郷館の「青空バ…

矢吹町・西郷村・泉崎村観光
ハーブ園とヘルシーカフェに癒される大人スポット、乙女心くすぐる旅はいかが?

ハーブ園とヘルシーカフェに癒される大人スポット、乙女心くすぐる旅…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
訪ねて楽しい日本酒の蔵元第1位! 会津若松「末廣酒造」の蔵見学が面白い

訪ねて楽しい日本酒の蔵元第1位! 会津若松「末廣酒造」の蔵見学が…

会津若松観光
紫陽花で世界一、そして日本一辛い村!? 知る人ぞ知る平田村の魅力

紫陽花で世界一、そして日本一辛い村!? 知る人ぞ知る平田村の魅力

石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町観光

近日開催予定のイベント

  • 現在投稿がありません

編集部おすすめ福島観光ルート

会津方面

会津方面

主な観光スポット・グルメ

鶴ヶ城、会津ブランド館、東山温泉、大内宿、さざえ堂、ソースカツ丼、喜多方ラーメン、リバティ会津

いわき方面

いわき方面

主な観光スポット・グルメ

スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、いわき湯本温泉、三崎公園

福島市方面

福島市方面

主な観光スポット・グルメ

花見山、高湯温泉、飯坂温泉、土湯温泉、花ももの里、フルーツライン、磐梯吾妻スカイライン、円盤餃子

今おすすめの観光スポット・記事

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光
花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

福島市観光
ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞スポットでロマンチックな気分にひたる

ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞…

伊達・桑折町・国見町・川俣町観光
夏休みは自然の中で水遊び! 【福島 “子ども” TRIP】厳選 水遊びスポット・ベスト5

夏休みは自然の中で水遊び! 【福島 “子ども” TRIP】厳選 …

本宮・大玉村観光
この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ平へ

この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
工場直送生ビールにジンギスカン、大人も楽しみ過ぎる四季の里で遊びつくせ!

工場直送生ビールにジンギスカン、大人も楽しみ過ぎる四季の里で遊び…

福島市観光

人気の記事

クリームボックス
郡山市のソウルフード「クリームボックス」の名店8選
大内宿
大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ
一度食べれば病みつき?いわき流カツオ刺身の食べ方とは
福島観光スポット
【厳選】福島県民が勧める!夏の福島観光でオススメの7スポット
ホタル
ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞スポットでロマンチックな気分にひたる
会津さざえ堂、世界的にみても珍しい構造なのはダ・ヴィンチが関係していた!?
坂内食堂
朝からラーメン!?喜多方の“朝ラー”でオススメのお店5選
TRIP GIRL第二弾「猪苗代×あやこ」
暑い夏にはここがおすすめ! 福島のひんやり“涼”スポット6選
磐梯吾妻スカイライン
福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選