長床の大イチョウ

“ラーメン”だけでは語り尽くせない「喜多方市」の魅力。観光ならここがおすすめ15選

“喜多方ラーメン”や“蔵のまち”で有名な喜多方市、ラーメンももちろん食べてほしいですが、今回は観光目的で立ち寄りなスポットを集めてみました! 古き良き時代を残したな街並みや、歴史、自然と見所も豊富な喜多方市。ラーメンだけでは語り尽くせませんよ(^^)

喜多方観光にオススメなスポット15選

1.飯豊山の大滝

磐梯朝日国立公園内にある標高2105mの「飯豊山」は日本百名山にも数えられ、古くから信仰の対象となってきた霊山です。その飯豊山の麓にある“大滝”は、名のとおり落差33mもある迫力満点の滝です。御沢登山口から徒歩で1時間ほどの所にあり、道中は樹齢400年以上の杉やブナ林、高山植物を観賞することもできます。秋には紅葉で色づき美しい表情をみしてくれます。※豪雨災害により通行止めの可能性があります。詳細については山都総合支所産業課(0241-38-3831)へお問い合わせください。

飯豊山の大滝

0241-38-3831(喜多方市山都総合支所:産業課内)

 

2.三ノ倉高原花畑&スキー場

標高が約650m“三ノ倉高原“にある三ノ倉スキー場は、冬のシーズン終わると「三ノ倉高原花畑」として装いを新たにします。春は菜の花、夏のひまわり、秋はコスモスと、約8haの敷地に200万本以上の季節の花々が咲き誇る名所して、人気のスポットです。

会津盆地を眼下に一望できるロケーションも抜群。年を通して多くの方々が足を運びますよ(^^)

三ノ倉高原花畑

福島県喜多方市熱塩加納町相田字北権現森甲857-1

無料

0241-36-2115(喜多方市役所熱塩加納総合支所産業課)

 

3.雄国沼

火山活動によってできた標高1000mの湖「雄国沼」。周辺に広がるニッコウキスゲ大群落地が有名で、こちらは国の天然記念物に指定されています。トレッキングも人気で初夏~夏は自然散策として、冬には山スキーやスノーシューで訪れる人も増えているなど、近年より注目を集めるスポットです♪

雄国沼

JR磐梯西線喜多方駅から磐梯東都バス五色沼行き雄国沼登山道入口下車

0241-24-5200(喜多方観光物産協会)

 

4.新宮熊野神社

長床の大イチョウ写真提供:aizu

創建は1055年。源頼義・義家親子が武運を祈って建てたと伝わる神社で、古くから聖地として信仰される熊野三山を祀っています。こちらは寝殿造の拝殿“長床”が見どころ。仕切りや建具のない吹き抜け構造で、直径約45cmの太くてたくましい44本の円柱が拝殿を支えています。まるで映画のような雰囲気です。

秋には樹齢800年、高さ30mのご神木、大イチョウが黄金色に境内を染め上げ期間限定でライトアップも行われます。長床と大イチョウの織りなす風景はため息のでる美しさですよ♪

新宮熊野神社

福島県喜多方市慶徳町新宮熊野2258

0241-23-0775

 

5.恋人坂

「恋人坂」は喜多方市熊倉町の雄国沼に向かう坂で喜多方市を一望できるスポットです。春には一面、水田だった景色も稲が育ち緑豊かな田園風景に変わり、秋になると黄金色に変わっていきます。

田んぼに水が張る時期には夕焼けが反射し、夜には夜景が広がるロマンチックな雰囲気を楽しめますよ(^^)

恋人坂

福島県喜多方市熊倉町雄国字村中

 

6.一ノ戸橋梁

 

l_tsukasa_lさん(@l_tsukasa_l)が投稿した写真

「一ノ戸橋梁」は1910年に開通したJR磐越西線の鉄橋で完成当初は“東洋一”の規模を誇りました。現在は、経済産業省の近代化産業遺産にも指定されています。

4月〜11月の土日祝に新潟駅~会津若松駅間を1往復する“SLばんえつ物語号”の撮影スポットとして大変人気で、休日ともなれば多くの鉄道ファンが駆けつけます。その他、期間限定でライトアップされる一ノ戸橋梁は幻想的で違った一面も楽しめます♪ 優美で趣きある橋梁をSLが走りぬける姿は一見の価値ありですよ!

一ノ戸橋梁

福島県喜多方市山都町(JR山都駅から徒歩約15分)

0241-38-3831

 

7.道の駅 喜多の郷

蔵の街にある道の駅は一味違います! 「道の駅 喜多の郷」もお立ち寄りに相応しいスポットです。レストランや売店はもちろん、喜多方の歴史、文化を紹介する”四季彩館”、大浴場、露天風呂、サウナを完備した”蔵の湯”など、子供からお年寄りまで楽しめるファミリーパークな道の駅なんですよ。

また、喜多方のB級グルメも多数輩出しており、“ラーメンバーガー”、“ラーメンピザ”なるユニークなグルメの販売もしています。立ち寄った際はぜひチェックしてみてください(^^)

道の駅 喜多の郷

福島県喜多方市松山町鳥見山三町歩5598-1

09:00〜19:00

0241-21-1139

http://www.furusatosinkou.co.jp/park/

 

8.喜多方 蔵の里

 

akigotoさん(@akigoto)が投稿した写真

江戸時代より若松城下と米沢を結ぶ街道のまちとして栄えた喜多方市の市内には、現在も4,200棟以上の蔵が残っており毎年多くの旅行者が訪れます。こちらの「喜多方 蔵の里」は、歴史的に貴重な蔵や民家が移築された、喜多方の、日本の原風景が体験できるスポットです。

約4,500㎡の敷地内には味噌蔵、穀物蔵といった8棟の蔵と2棟の曲がり家が立ち、蔵に関する知識が学べるので、喜多方という街を歴史的にも詳しく知ることができます。県指定重要文化財の曲がり家“肝煎屋敷”には、農民一揆の際ついた多数の柱傷は見逃せないポイント! ちなみに、“曲がり家”とは母屋と馬屋がつながったL字型の家の造りのことだそうです。

喜多方蔵の里

喜多方市押切2-109

0241-22-6592

http://www.furusatosinkou.co.jp/sato/

 

9.会津塩川バルーンフェスティバル

会津塩川バルーンフェスティバル05

喜多方の秋空を舞台に繰り広げられるバルーンの競技、全国から約30基の熱気球が参加する「会津塩川バルーンフェスティバル」は迫力が段違いです。多彩な熱気球が舞う特別な空をこの日限り目にすることができます。

会津塩川バルーンフェスティバル06

夜にはカラフルな熱気球と花火が灯る幻想的なコラボ“ナイトグロー”も行われるなど、1日中素敵な時間を過ごせることでしょう。ちなみに先着100名限定で熱気球に乗れる”熱気球体験搭乗”も行われますので、こちらも要チェックしておきましょう!

会津塩川バルーンフェスティバル

福島県喜多方市塩川町遠田字琵琶阿湖

2016年10月9日(日)~10月10日(月・祝)※雨天中止

無料※熱気球体験搭乗は有料

0241-27-2111 (喜多方市塩川総合支所)

http://www.city.kitakata.fukushima.jp/soshiki/sangyo-s/1197.html

 

10.おくや ピーナッツ工場

おくや ピーナッツ工場

大粒のピーナッツと味噌がコラボした”みそがらめうまピー”は、福島おいしい大賞・優秀賞を受賞した逸品。会津産の上質なピーナッツをはじめとする豆菓子の専門店「おくや」の“ロイヤルピーナッツソフトクリーム”は喜多方ラーメン食後のデザートにピッタリです。上質のバニラクリームに渋皮ごとペーストし、会津産落花生を贅沢に練りこんだ濃厚ソフトな喜多方の新定番!

おくや ピーナッツ工場

福島県喜多方市天満前8930

10:00~18:00

0241-23-7630

http://shop.oku-ya.com/

 

11.大和川酒蔵北方風土館

@tmk.yeaaahhhが投稿した写真

蔵のまちには歴史ある酒蔵も多く点在しておいます。江戸時代中期(1790年)創業の「大和川酒蔵」は九代にわたり酒造りで使用した江戸・大正・昭和の各時代の6棟の酒蔵や酒造道具を公開しています。約10種類のお酒が無料で試飲できるので車ではなく公共交通機関で行くのが吉♪

おすすめは大和川酒蔵を代表する“純米大吟醸いのち(有料試飲400円)”。無農薬・無化化学肥料の山田錦を使った白ワインのような淡麗辛口が魅力です。

大和川酒蔵北方風土館

福島県喜多方市字寺町4761

無料

09:00~16:30

0241-22-2233

http://www.yauemon.co.jp/

 

12.雲嶺庵(ほまれ酒造)

世界最大規模のワイン品評会(IWC)の日本酒部門の世界一を獲得し2年連続で受賞し、また今年5月行われた伊勢志摩サミットでは各国首脳におみやげとして配られるなど、喜多方を代表する1918年創業の“ほまれ酒造”。その隣接する蔵元直営店の「雲嶺庵」がおすすめなお立ち寄りスポットです。

こちらでは見るも美しい日本庭園が広がる落ち着いた景色を堪能しながら、“会津ほまれ純米大吟醸”など10種類以上の日本酒、リキュール、焼酎が試飲できます。世界一の味はぜひ本場で堪能してこそですよ! 見学も行っているのでせっかくなら参加しましょう(^^)

雲嶺庵(ほまれ酒造)

福島県喜多方市松山町村松常盤町2706

入場無料

09:00~16:00

0241-22-5155

http://www.yauemon.co.jp/

 

13.昭和レトロミュージアム1号館/2号館

喜多方でも取り分けノスタルジーな雰囲気のスポットといえば、「昭和レトロミュージアム」があります。名前の通り昭和を題材に店内は所狭しと当時の生活雑貨、電化製品、玩具の展示をしています。昔懐かしい思い出にテンションも上がるような体験ができることでしょう!

昭和レトロミュージアム1号館/2号館

福島県喜多方市2-4819(1号館)/喜多方市2-4662(2号館)

入場無料

10:00~16:00

0241-22-5155

http://www.yauemon.co.jp/

 

14.喜多方ラーメン神社&ラーメンミュージアム

047_R

ご神体が“ラーメン丼”というユニークな神社と喜多方ラーメンの歴史や資料を展示するミュージアムで、喜多方ラーメンの起源から麺やスープのおいしさの秘密まで、喜多方ラーメンの魅力をたっぷり教えてくれます。ラーメン神社のご利益は“麺結びで縁結び”です笑。

ご神体の巨大ラーメン丼は中に入って写真撮影することができるので旅の記念にぜひ“パチリ”できます(^^) お好みの麺に出会えることを願ってみましょう!

喜多方ラーメン神社&ラーメンミュージアム

福島県喜多方市2-4656-3

0241-24-3131(会津喜多方商工会議所)

 

15.会津喜多方ラーメン館

喜多方のお土産を買うなら絶好のスポットが「会津喜多方ラーメン館」。40種類以上のラーメンや丼ぶり、レンゲといったラーメングッズの販売のほか、麺の製造過程を見学できる“喜多方ラーメンワンダーランド”は子供だけでなく大人も楽しめます♪ しかも、製麺工場で作られたできたての麺を、レトロな雰囲気ある屋台で試食できるんです。ちなみに情報コーナーにはラーメン館から徒歩15分以内で行ける喜多方ラーメンの名店が載っているのでお店選びの参考にしましょう!

会津喜多方ラーメン館

福島県喜多方市字梅竹1

10:00~17:00

0241-21-1414

http://www.ramenkan.com/

 

まとめ

名物の喜多方ラーメンが人気なだけに、ラーメンに関係する観光スポットが場所が多いです笑。喜多方ラーメン巡りもオススメしたいところですが、喜多方に訪れたら観光スポットも見逃せない魅力の一つですので、ぜひ参考にしてみてください(^o^)

こちらもあわせてどうぞ♪
関連:みんな大好き喜多方ラーメンの特徴と王道の有名店5選

長床の大イチョウ