磐梯吾妻スカイライン

福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選

福島県の県庁所在地・福島市で観光するならハズせない定番・人気スポットをまとめました。美しい自然や多彩なグルメ、県内屈指の名湯を有するなど福島市はとっても魅力ある都市です! ここに行けば間違いなしの16選でお送りします\(^o^)/

福島市のハズせない定番・人気スポット16選

1.花見山

ずばり“福島の桃源郷”。梅や桜、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモと約70種類の花々咲き競う花の楽園です。花木生産農家の方が戦中から長い年月をかけコツコツと雑木林を開墾し、生活のために花を植えたのが始まり、今ではお花見の名所として県内外から多くの観光客が訪れるスポットです。そんな百花繚乱の美しい花々が咲き誇る季節は4月上旬~下旬。

花見山

福島県福島市渡利原花見山公園

無料

07:00〜17:00(※開花状況に応じ変更)

024-526-0871(3月1日〜4月30日)

http://www.hanamiyamakoen.jp

 

2.信夫山

福島市のシンボル「信夫山」。熊野、羽黒、羽山の三山からなり、それぞれの山頂に神社が祀られ、古来からの信仰の山です。市街を一望できる夜景スポットとしても人気♪ ただし、夜間はとても暗いので明かりは必須です!

標高275mにある「信夫山公園」は桜の名所。4月中旬には、ソメイヨシノ、ヒガンザクラ、サトザクラ約300本が美しい花を咲かせ、ライトアップされます。信夫山全体では約2,000本の桜が咲き、山を淡いピンク色に染めます。

信夫山 烏ヶ崎展望デッキ

福島県福島市羽山

無料

終始可

 

3.ふくしまスカイパーク

「ふくしまスカイパーク」は、農道を拡幅してつくった農道離着陸場。スカイスポーツのための飛行場として利用されています。吾妻連峰の美しい山々に囲まれた雄大なロケーションは開放感たっぷりなスポットです♪ 定期的にイベントも行われているので開催に合わせて訪れることをオススメします。ちなみに2016年、千葉で開催されたレッドブル・エアレース第3戦で日本人として福島在住の室屋義秀氏が初優勝を果たしました!

ふくしまスカイパーク

福島市大笹生字苧畑169

08:30〜17:00(※12月29日~翌年3月31日までは冬季閉場期間)

024-558-6880

http://www.ffa.or.jp/fsp/contact.html

 

4.福島競馬場

中央競馬が開催される全国10ヶ所の1つにして東北で唯一のJRA競馬場こと「福島競馬場」も近年人気のレジャースポットとしても注目を集めています。福島路ビールや食べ歩きグルメ、アスレチック施設等を完備しており家族や恋人でも楽しい時間を過ごせますよ!

福島競馬場

福島県福島市松浪町9-23

入場料 100円

10:00~12:00/13:00~16:00(※詳しくはオフィシャルサイトへ)

024-534-2121

http://www.ffa.or.jp/fsp/contact.html

 

5.アンナガーデン

吾妻連峰の山麓の「アンナガーデン」。英国ブリストル聖ミカエル教会の200年以上の歴史と格式を受け継ぐ「聖アンナ教会」を中心に、福島の地ビールレストランやヨーロッパ家具のショップが並びます。

福島市内を一望できる丘のテラスで食べるローマ風ピッツアは格別♪ 花火大会の時期には、上から花火を見下ろすことができる穴場スポットでもあります。園内にある和テイストのスポット「原郷のこけし群・西田記念館(入館料300円)」。約1,300本の全国各地のこけしを展示した“こけしワールド”があるので、こけし好き? にはオススメかもしれません。

アンナガーデン

福島県福島市荒井横塚3-183

入場は無料(※店舗によって料金がかかります)

各ショップの時間により異なる

024-593-0639

http://www.anna-g.com

 

6.四季の里公園

広さ約8ヘクタールの「四季の里公園」。園内には、芝生広場や水車小屋、季節の花が咲くガーデン、とんぼ玉アクセサリーの作れるガラス工房、地元の新鮮野菜の買えるマーケットがあり一日中家族で遊べるスポットです。

特にオススメしたいのが園内にある農園レストラン「アサヒビール園」。日本最大級の生産能力を誇るアサヒビール福島工場の出来たて新鮮ビールとジューシーで柔らかなラム肉のジンギスカンやしゃぶしゃぶに舌鼓♪

四季の里公園

福島県福島市荒井字上鷺西1-1

入園無料

09:00〜21:00

024-593-0101

http://www.f-shikinosato.com

 

7.フルーツライン

ずっとずーっと食べたももパフェ???? #福島 #桃 #桃パフェ

aya.pさん(@ooap0914)が投稿した写真 –

“果物王国”とも呼ばれる福島には「フルーツライン」と呼ばれる道路があり多くの果樹園が点在しています。年間を通し、さくらんぼ、桃、梨、ぶどう、りんごが実り果物狩りが楽しめるスポットとしても人気です。また各果樹園では収穫した果物でソフトクリーム、スイーツも販売しています。美味しい果物やスイーツを堪能したいならフルーツラインが鉄板です!

フルーツライン

福島県道5号線沿い

 

8.岩谷観音

信夫山の中腹の岸壁に掘られた磨崖仏群。60体以上の三十三観音、地蔵尊、不動尊が刻まれています。古の人々が祈りを込めて掘った石仏たちに思いを馳せてみるのも一興です♪

岩谷観音

福島県福島市岩谷

無料

終始可

024-522-3265(福島駅東口案内所)

 

9.中野不動尊

日本三大不動尊の一角「中野不動尊」は、厄除けの秘法“六三除け”発祥の地と言われていることから、由緒ある厄除けスポットとしても有名です。願いが真剣であればどんな願いも叶えてくれると言い伝えられています(驚)。ちなみに敷地内にある“不動滝”と呼ばれる滝が一番のパワースポットなんだとか。こちらも立ち寄りにおすすめです!

中野不動尊

福島県福島市飯坂町中野堰坂28

08:30〜17:00(12月〜2月08:30〜16:00)

024-542-2100

http://nakanofudouson.jp/

 

10.UFOふれあい館

UFOの里として知られる飯野町にある珍スポットで、古くから多数の発光物体の目撃例が見られるミステリーゾーンです笑。そんなUFOにゆかりのある飯野町に建てられた「UFOふれあい館」には、UFOや宇宙に関する膨大な資料が展示されています。 UFO館だからこそ!? なのか、眺めのいい2つの展望風呂があるのも特徴的。UFOふれあい館の入場料400円で入浴できます。福島きっての穴場? スポットです。

UFOふれあい館

福島県福島市飯野町青木小手神森1-299

大人 400円/小中学生 200円

09:00〜17:00(※定休日 月曜)

024-562-2002

http://ufonosato.com

 

11.磐梯吾妻スカイライン/不動沢橋(つばくろ谷)

景観で人気の「磐梯吾妻スカイライン」はドライブに最適なビュースポットが点在しています。中でも「つばくろ谷」と呼ばれる不動沢橋からの眺めは絶景と呼ぶにふさわしいく、多くの人々が景観を見に訪れます。

秋はあたり一面が赤く染まる紅葉スポットととしても人気です!

磐梯吾妻スカイライン/不動沢橋(つばくろ谷)

福島県福島市在庭坂

07:00〜17:00まで(夜間通行止め/11月中旬〜4月上旬は冬季閉鎖※要確認)

0242-64-2105

 

12.浄土平

浄土平

磐梯吾妻スカイラインの中間に位置する標高1600mの「浄土平」。東に吾妻小富士、北に一切経山を配し、9月下旬~10月中旬はミネザクラ、ナナカマドといった紅葉で彩られる紅葉の名所です。

浄土平

また天文ファンの聖地でもある「浄土平」。澄み渡る空気と四方の山々が街の灯りをさえぎるため、肉眼で約6,000個の星がみられます。天文台もあり5月中旬~10月末の毎週水・土は夜間観測会も開催されますよ!

浄土平ビジターセンター

福島県福島市土湯温泉町鷲倉山(磐梯吾妻スカイライン中間地点)

無料(※別途 駐車料金)

09:00〜16:00(11月中旬〜4月上旬、スカイライン閉鎖期間)

0242-64-2105

http://www.bes.or.jp/joudo/vc/index.html

 

13.一切経山

吾妻連峰を構成する標高1,949mの「一切経山」。現在も噴気をあげ、火山活動を続ける活火山でもあります。登山も可能ですが、現在は火口周辺規制により浄土平から一切経山への登山ルートは通行できないのでご注意ください。なんといっても山頂からの眺めが最高。特に“魔女の瞳”と呼ばれる五色沼の眺めは大人気です。太陽光の微妙な角度で水面が神秘的なコバルトブルーに変化します。ちなみに裏磐梯の五色沼とは別物なのでご注意を!

一切経山

福島県福島市土湯温泉町一切経山

0242-64-2105

http://www.bes.or.jp/joudo/vc/index.html

 

福島市は温泉も定番! 県内屈指の名湯が揃う

14.飯坂温泉

飯坂温泉

鳴子・秋保とともに奥州3名湯に数えられるのが「飯坂温泉」です。西の別府に対して東の飯坂といわれ、歴史は古く縄文時代にまで遡るそうです。歴史の教科書にも出てくるようなヤマトタケルや松尾芭蕉も訪れたんだとか! 旅館のお風呂もいいですが、9つの共同浴場の湯巡りも飯坂温泉の楽しみ方のひとつ。飯坂温泉で一番古い「鯖湖湯」やヘルニアによく効く「仙気の湯」、福島盆地が一望できる高台の「大門の湯」があります。

ラジウム卵

円盤餃子

飯坂名物の“ラジウム卵”や、“円盤餃子”などグルメも盛りだくさん!

飯坂温泉

福島県福島市飯坂町十網町3

各共同浴場による

各共同浴場による

024-542-4241

http://www.iizaka.com

 

15.土湯温泉

1000年余りのの歴史がある名湯「土湯温泉」は、ハズせませんね。風情ある温泉街には昔ながらの共同浴場や足湯スポットがあり、良質な泉質は肌にも優しくこころと身体に安らぎを与えてくれます。

また、土湯温泉は遠刈田、鳴子と並ぶ“三大こけし”発祥地とされています。こけしの絵付けをしているお店もあるので旅の思い出やおみやげにもいいですね。

土湯の名物グルメは“こんにゃく”を使用したアイスもおすすめです。

土湯温泉

福島県福島市土湯温泉町字上ノ町1

各共同浴場による

各共同浴場による

024-595-2217

http://www.tcy.jp/

 

16.高湯温泉

「高湯温泉」は400年以上の歴史を有する福島屈指の名湯とも言われている温泉地です。福島市郊外西部、吾妻山連峰の中腹に位置し磐梯スカイラインへの入り口にあります。こちらは何と言ってもその泉質が有名! 自然湧出の源泉が10箇所あり引湯した天然温泉に一切手を加えない“100%源泉かけ流し”を堪能することができます。本物の湯を求めて県外から足を運ぶ方も多い人気の温泉です(^^)

高湯温泉

福島県福島市町庭坂高湯25

各共同浴場による

各共同浴場による

024-591-1125

http://www.naf.co.jp/azumatakayu/

 

まとめ

福島市は郡山市と同様、新幹線でいけるということでアクセスもよく、豊富な自然、名湯などを有し用途にあった観光ができるおすすめの都市です。ちなにみラジウム卵や円盤餃子はB級グルメとしてもわざわざ食べにくる方も多いとか。地元グルメが多いのは旅行者としては嬉しいかぎり! 福島市の観光の際はぜひ参考にしてみてください。

磐梯吾妻スカイライン