IMGP7509_2

ガイドさんが勧める会津若松城(鶴ヶ城)の見どころと四季折々の季節イベントを紹介

福島県の観光地、会津若松市のシンボル「会津若松城(鶴ヶ城)」春には桜が満開のお花見スポットとして、冬には伝統工芸品の“絵ろうそく”が飾られた幻想的な光景など、歴史的な建築物としてだけでなく四季折々の顔を持つ人気スポットの一つです。

そして、日本の歴史のターニングポイントにもなった戊辰戦争では新選組や白虎隊のエピソードなど、激動の時代の中心にあった場所でもあります。周辺を歩けば、その名残を感じることも多く、“会津”という地を知るうえでは外せないスポットと言っても過言ではありません。

 

会津若松城(鶴ヶ城)の歴史

鶴ヶ城の歴史は、1384年に建築された東黒川館がはじまりとされています。当時は天守閣がない館のようなつくりで、豊臣秀吉の命令で蒲生氏郷が会津を治めたことにより七層の天守閣が築かれました。名前もそれまでは黒川城と呼ばれていましたが、天守閣が造られたタイミングで『鶴ヶ城』と改められました。

今は、鶴ヶ城や会津若松城とも呼ばれますが、福島の人は鶴ヶ城と呼ぶ方が多いのではないでしょうか。

ちなみに、以下はこれまで会津を統治していた歴代の藩主ですが、これらの名前からも古くから鶴ヶ城は周辺の領地争いにおいて要所であったことがよくわかりますね!

【会津歴代領主・藩主】
1189年 → 1589年  佐原氏・葦名氏
1589年 → 1590年  伊達氏
1590年 → 1598年  蒲生氏
1598年 → 1601年  上杉氏
1601年 → 1627年  蒲生氏
1627年 → 1643年  加藤氏
1643年 → 1868年  保科氏・松平氏

 

1611年にマグニチュード6.9、震度6以上の大地震が発生。多数の死者がでる大惨事で石垣や天守閣も大きく傾いてしまったものの倒壊することはなく、その後の修復によって現在の姿の鶴ヶ城になりました。

最も歴史に名を残すことになった戊辰戦争では激戦の舞台に。今の白河市から二本松市へと進み会津若松へと進軍してきた新政府軍を相手に1ヶ月もの籠城戦を耐えぬいたことで“奥州一の名城”として讃えられることになりました。

しかし、圧倒的な戦力差によって抵抗むなしく最後には降伏。この時、本来は予備戦力であった白虎隊も奮闘しましたが、城下町の火事を城が燃えていると見誤り、飯盛山で自害。後世に残る悲劇のエピソードが生まれました。

こちらは戊辰戦争後の鶴ヶ城。激しい損傷が戦争の凄まじさを物語っています……。

また、京都の池田屋事件で有名となった新選組の三番隊隊長だった斎藤一も会津藩の指揮下に入り、会津藩が降伏後も最後まで新政府軍相手に抵抗を続けたとされています。

新選組に関しては、死闘を繰り広げたとされる“母成峠の戦い”で敗れた隊員をともらう石碑のある「如来堂」、斎藤一の墓のある「阿弥陀寺・御三階」、近藤勇の墓がある「天寧寺」など、新選組と会津の深い関わりが伺える場所がいくつもあるので、新選組ファンの聖地と言ってもいいでしょう。

関連記事:一人旅にもおすすめ! “幕末”を巡る会津若松の観光スポット11選

 

会津若松城(鶴ヶ城)を観光する際はガイドさんが必須!

鶴ヶ城にある観光案内所から申しこめば、ボランティアガイドが鶴ヶ城を案内してくれるんです。会津や鶴ヶ城の歴史について熟知したガイドさんと一緒に外周を10〜15分かけて周ります。実際に編集部も申し込んでみました!

出典:http://www.tsurugajo.com/park/index.html

スタートは椿坂方面から。はじめに案内されたのは石垣に積まれた中にあるひときわ大きな岩。こちら「鏡石」と呼ばれていて、近くにある東山温泉から切りだされた岩で、その重さは推定7.5トンになるそう。別名「遊女石」とも呼ばれていて、この岩を運ぶ際に岩の上に女性を乗せて運んだという記録があるのだとか。

続いてこちらの凹み。なんだと思いますか?

第二の門である“太鼓門”があった柱の痕なんです。ここにあった太鼓門の上には直径1.8メートルほどの大きな太鼓が設置されていて、有事が合った際は太鼓を鳴らして周囲に知らせていたそうです。

そして、ふと石垣を見ていると気になる形をした石が……。豚の鼻みたいな形ですね笑。

実はこれ、魔除けとして積まれているものだそうです。石垣にはこうした魔除けがいくつもあって、武者走りのところにはこんなに大きな魔除けもあるんですよ! よく見るとの形にも見えますね。

隠れミッキーを探すような感覚で、是非探してみてください笑。

 

石垣は当時の建築技術が集約されていた!

鶴ヶ城の建築にあたり当時の建築技術についても興味深いお話を聞くことができました。

鶴ヶ城の特徴でもある赤瓦は、会津の厳しい冬の寒さで瓦が割れやすかったことから強度アップのため、瓦に鉄分を含ませて焼くことから赤くなるようで、幕末時代の頃は東北にあるほとんどのお城が赤瓦だったそうです。

次に鉄門周辺の石垣の角に注目。よく見ると、石垣の角だけ不思議な積み方がされているのがわかるでしょうか? 

これは“算木積み”と呼ばれるもので長辺と短辺の岩を交互に積むことで、強度アップを図る技法なんだそう。一見すると雑なようにも見えますが立派な当時の建築技術なんですね!

こうして石垣を見ているだけでも、多くの歴史が垣間見れるのはガイドさんが居るからこそ。普通に周っていては絶対に気づかないと思います。

 

『八重の桜』を彷彿とさせる天守閣内

平成27年に再建50周年を記念して天守閣内が郷土博物館として大きくリニューアルされました。30名以下の個人で訪れる場合の料金は大人510円、子供150円を払えば館内に入場できるので、鶴ヶ城を余すことなく楽しみたい方にはオススメ!

ちなみに、後ほど紹介する茶室麟閣にも入場する方は共通券を購入するとお得です。

早速、館内の入り口に向かうと、潜入するような雰囲気のあるスタートでした笑。この石垣の入り口から上にある天守閣に向かいながら鶴ヶ城の歴史について触れることができます。

資料や展示物だけでなく、精巧に作られたものまで……。今にも動き出しそう汗。

白虎隊が自害する悲劇のエピソードが書かれた絵ですね。遠くで鶴ヶ城が燃えているような描写も。10代の若い青年たち40名で結成された白虎隊も戊辰戦争によって20名が戦死、残りの20名が自害されたと言います。

大河ドラマ『八重の桜』でお馴染みの、八重さん! 女優の綾瀬はるかさんとは全くイメージが異なる?気もしますが、こうした会津に関わりのある歴史的人物のエピソードを知ることができます。実際に八重の桜で使った衣装も展示されてたりするんですよ!

そして、八重の桜で八重さんが城外の敵に向かって鉄砲を撃っていたことでも印象的な“鉄砲狭間”も再現されています。

こちらは敵めがけて石を落とす“石おとし”です。原始的ですが、この高さから落とされたらひとたまりもないですね……。

いよいよ天守閣に到着。眼科には会津の町並みが広がります。当時のお殿様は、ここから城下町や会津盆地を眺めていたんでしょうね。

赤瓦も近い!

 

茶室麟閣もお忘れなく!

本丸を過ぎたあたりに、別館として千利休の子、少庵が建てたと言われる「茶室麟閣」があります。こちらも入場料を払えば入場することができます。高校生以上の大人が200円。

1591年、豊臣秀吉の怒りに触れて死を命じられた千利休。その結果、千家も茶室から追放されることになってしまい、千利休の茶道が途絶えることを惜しんだ当時の藩主、氏郷が子の少庵を会津にかくまったことがきっかけで建てられたと言われています。

その後、徳川家康とともに千家復興を豊臣秀吉に働きかけ、少庵の孫たちによって復興され、今の茶道の基礎が築かれたそうです。

ここで、氏郷も茶道を楽しんでいたのでしょうか。ちなみに、今でも定期的に茶会などが開かれるほか、お茶室で休憩もできるので、茶道の歴史について肌で感じてみるのも良いかもしれませんね。

 

春の鶴ヶ城は桜が満開!お花見スポットとしても人気

鶴ヶ城の桜

鶴ヶ城に訪れるシーズンとしては、春もオススメですね! 春になると鶴ヶ城の敷地周辺では、1000本ものソメイヨシノをはじめとする様々な桜が咲き誇る人気お花見スポット。ちなみに、「さくらの名所100選」にも選ばれるほどの名所なんですよ!

天守閣からは、鶴ヶ城を囲むかのように彩る桜を一望できるのも魅力的です。

 

冬には会津絵ろうそくを使った雪まつりが開催!

TRIPGIRL 第8回「会津絵ろうそく」

毎年、冬の恒例行事にもなっているのが鶴ヶ城の雪まつり「会津絵ろうそくまつり」です。500年の歴史がある伝統工芸「会津絵ろうそく」を敷地いっぱい(約10000本)に灯され、なんとも幻想的な世界が広がります。

TRIPGIRL 第8回「会津絵ろうそく」

 

まとめ

鶴ヶ城を訪れた際は、自由に散策するのもいいですが、今回ご紹介したようにガイドさんと一緒に周ったほうが鶴ヶ城の歴史について事細かに知れるのでオススメです! 石垣だけでもこんなに色々な歴史があるなんて、知らなかったですよね笑。

休日や連休中などは、団体客などで待ち時間もあったりするのでスムーズに周りたいのであれば事前予約しておきましょう!

事前予約はこちら

筆者も会津若松の出身で、小さな頃から歴史に触れる機会や鶴ヶ城は身近な存在でしたが、こうして改めて巡ると初めて知ることが多かったです(^o^)

IMGP7509_2