鶴ヶ城の桜

会津の観光ならココで間違いなし!地元民が選ぶベスト11スポット

“幕末”と言えば江戸時代の末期、ペリー来航から時代の転換期となった戊辰戦争までを指すものとして、近代日本を学ぶうえでキーとなる時代です。保守的な江戸幕府と開国を要求する新政府軍(薩摩藩・長州藩ら)による倒幕運動「明治維新」もその一つであり、最も混沌を極めた時代と言うわけです。

今回は、転換の地にして戊辰戦争の舞台「会津若松市」に焦点を当て、近代日本の歴史を知るうえでは欠かかせない歴史の街・会津若松の観光スポット11選を紹介していきます。新選組や白虎隊、歴史に名を残す偉人縁の地、観光や一人旅にも最適ですよ!

 

歴史の街・会津若松の観光スポット11選

 

1.鶴ヶ城

鶴ヶ城の桜

会津若松のシンボルといえば、鶴ヶ城です! 戊辰戦争時に新政府軍が攻め込んできた際、援護も見込まれない状況のなか1ヶ月間も籠城していたという逸話が残る名城の一つ。結果的に降伏し、新政府の意向で明治7年に石垣だけを残して全解体。

昭和40に多くの寄付によって再建され、平成23年に幕府時代の赤瓦で再現した鶴ヶ城へとリニュアールされました。ちなみに、日本で唯一の赤瓦天守閣であり、国指定史跡となっているんです! また、鶴ヶ城に関連して戊辰戦争時に故郷の会津を守ろうと出陣した16歳前後の少年兵「白虎隊」が炎に包まれる鶴ヶ城(正確には誤認してしまった。)を見て、武士の子として受けた教育に従い自害した話は今なお語り継がれる悲話でもあります。

鶴ヶ城

福島県会津若松市追手町1-1

大人 410円/小人 150円

08:30~17:00(入城は16:30まで)

0242-27-4005

http://www.tsurugajo.com/index.html

 

2.さざえ堂

会津さざえ堂2

会津さざえ堂7

今から220年前に飯盛山にあったお寺の住職が建立した巻貝のような形をした木造の六角形三階建てのお堂です。上りと下りが別の階段になっているため、決して人とすれ違わない二重らせん構造が世界的にも珍しい建築様式となっています。

ちなみに、二重らせん構造は、さざえ堂が唯一で国の重要文化財にも指定。順路には三十三観音や百観音が祀られていて、右回りに3回堂内を参拝すれば、巡礼したのと同じことになるそうです! 一説によると、あのダ・ヴィンチが設計されているとも言われ、謎の多い建築物でもあります……。

さざえ堂

福島県会津若松市一箕町八幡弁天下1404

大人 400円/高校生 300円/小中学生 200円

4月~12月 08:15~日没/1月~3月 09:00~16:00

0242-22-3163

http://www.geocities.jp/aizu_sazaedo/

 

3.飯盛山・白虎隊十九士の墓

先ほどのさざえ堂とも近い場所にあるのが飯盛山・白虎隊十九士の墓です。314メートルの飯盛山からは会津城下町や雄大な会津盆地が目の前に広がります。そして、戊辰戦争で忠誠心から自害した10代の若き少年白虎隊19隊士の墓所もあります。

白虎隊は40名で結成されていましたが20名が戦死、残りの20名が鶴ヶ城の燃え盛る光景を見て(実際には武家屋敷の火災)この飯盛山で自刃したとされています。唯一、奇跡的に飯沼貞夫だけが傷が浅く助け出されました。

そんな悲劇の地として今もなお語り継がれ、県内外から多くの人が飯盛山に足を運び、お墓に線香をあげている姿を目にします。「ならぬことはならぬ。」と厳しく教育され、幼くして散っていった少年達の純真無垢にはこみ上げるものがありますね。

飯盛山・白虎隊十九士の墓

福島県会津若松市一箕町八幡弁天下

無料

 

 

http://www.aizukanko.com/spot/137/

 

4.御薬園

御薬園

室町時代からの長い歴史を経て、会津松平氏が庭園内で各種薬草を栽培していたことが名前の由来となったそうで、現在でも薬草約400種が栽培されています。園内にある楽寿亭やお茶屋御殿の建物は、戊辰戦争時に新政府軍の傷病兵の診療所にもなっていため戦火を免れました。

当時の刀傷などが今も柱に残っているので、訪れた際は是非ご覧ください! そして、何と言っても美しい日本庭園が見所。昭和7年に江戸時代の代表的な大名型山水庭園として国の名勝に指定され、心字の池を中央にして側には樅、杉、松などの大樹をはじめ、女滝や男滝がながれている光景は日本の美しさを体現しています。

御薬園

福島県会津若松市花春町8-1

大人 320円/高校生 270円/小中学生 160円

08:30~17:00(入場は16:30まで)

0242-27-2472

http://www.tsurugajo.com/oyakuen/

 

5.旧滝沢本陣

もともとは農民の住居でしたが、立地の良さから参勤交代や領地内を巡視するお殿様の休憩所として利用されてました。戊辰戦争時には本陣営となり、あの白虎隊もここで命令を受けて戦場に出陣したとされています。

書院作りの建物は重要文化財に指定されていて、内部も当時の姿がそのまま残されています。建物をよく見ると、あちこちに弾痕や刀傷があるので当時の戦いを生々しく連想させられます……。

旧滝沢本陣

福島県会津若松市一箕町八幡滝沢122

大人 300円/高校生 250円/中学生 150円/子供 100円

08:00~18:00(冬期間は09:00~17:00)

0242-22-8525

http://www.aizukanko.com/spot/139/

 

6.茶室麟閣

会津若松の繁栄を担った蒲生氏卿は、茶の湯を愛する人でもあったと言われています。千利休亡き後、茶道衰退の危機を感じた蒲生氏卿は、利休の子供である千小庵を会津に招いて茶道復興に力を注いだそうで、その際に千小庵が鶴ヶ城内に建てた茶室が茶室麟閣です。

戊辰戦争後、鶴ヶ城が解体の命があった際、森川善兵衛が自宅に移築して120年の長きに渡って保全しました。その後、平成2年に鶴ヶ城内に再移築されるという運命を辿った茶室です。実際に訪れると素朴な茶室の周りには木々や茶花で囲まれ、ひっそりと佇む姿には日本の和を感じます。

茶室麟閣

福島県会津若松市追手町1-1鶴ケ城内

大人(高校生以上)200円

08:30~17:00(入園は16:30まで)

0242-27-4005

http://www.tsurugajo.com/rinkaku/

 

7.如来堂

如来堂は京都の警護を任せられていた新撰組が新政府軍と死闘を繰り広げた地です。母成峠の戦いで敗れた新選組は、北へ向かおうとする土方歳三組と会津に留まろうとする斉藤一組に分かれました。

その後、如来堂に立てこもっていた斉藤一組を新政府軍が急襲し、20名の内13名がここで討ち死に。生き残った斉藤一は、藤田五郎と名前を変えて高田藩(今の新潟県上越市)で謹慎生活をした後に警視庁警部なども勤め、大正4年に72歳で波乱の人生を閉じたそうです。

如来堂

福島県会津若松市神指町如来堂

 

 

 

http://www.aizukanko.com/spot/150/

 

8.会津武家屋敷

戊辰戦争で消失した多くの武家屋敷のうち、会津藩家老西郷頼母の屋敷を復元したものが会津武家屋敷です。その屋敷を中心に福島県の重要文化財に指定される建物が軒を連ねる歴史ミュージアムパークです。

38部屋も備えた屋敷内では当時の生活が再現されているほか、「郷工房古今」では会津の名産が取り揃えられ、伝統的な郷土料理が食べられるレストランもあります。会津の歴史を学ぶなら会津武家屋敷はオススメです!

会津武家屋敷

福島県会津若松市東山町大字石山字院内1

大人 850円/中学生 550円/小学生 450円

4~11月 08:30~17:00/12~3月 09:00~16:30

0242-28-2525

http://bukeyashiki.com/

 

9.七日町通り

白木屋漆器店

会津若松市に訪れたら、散策してほしいのが七日町通りです。大正ロマンが満喫できる風情豊かなお店が並んでいて、モダンな雰囲気を残した通りです。七日町通りの歴史は古く、藩政時代には街道の交錯地点だったことからも問屋、旅館、料理屋が並んで賑わっていたそうです。

そのほか、1000円札でおなじみの野口英世が幼い頃に火傷を負った際に手術を行った病院跡があるなど散策しながら当時の名残を探すのも面白いかもしれませんね。最近では、オシャレなカフエなども増えていて小休憩にもぴったりだと思います!

七日町通り

JR只見線「七日町駅」周辺

 

 

 

http://www.aizukanko.com/model/421/

 

10.阿弥陀寺・御三階

かつては鶴ヶ城本丸内にあった御三階ですが、戊辰戦争で消失した阿弥陀堂に移して本堂としました。外観だけみると三階建てですが、実は内部をみると四階建てになっていて密談の場所として使われていました。

また、境内には戊辰戦争で戦死した1300名のお骨と会津藩に最後まで忠誠を尽くした新撰組三番隊隊長の斉藤一の墓石もあります。新選組のファンが必ず訪れていくスポットの一つです。

阿弥陀寺・御三階

福島県会津若松市七日町4-20

 

 

0242-23-7398

http://www.aizukanko.com/spot/226/

 

11.天寧寺 近藤勇の墓

今から600年も前に天寧寺は建立されましたが伊達氏の侵攻で焼け落ちたため残念ながら面影はほとんどありません。そして、裏手の墓地には新撰組の近藤勇のお墓があります。埋葬されているのは戊辰戦争時に土方歳三が持っていた近藤勇の遺髪である説や、京都の三条河原にさらされていた近藤勇の首だとも言われているそうです。

いずれにしても、彼の死を慎んだ土方歳三が埋葬したという点では貴重な史跡といえるでしょう。会津は本当に新選組との密接な関わりのある地であることがわかりますね。 

天寧寺 近藤勇の墓

福島県会津若松市東山町石山天寧208

 

 

0242-26-3906

http://www.aizukanko.com/spot/207/

 

まとめ

歴史の街として今なお毎年多くの観光客で賑わう会津若松は街全体が観光スポット。近年はドラマなどの舞台としても若い世代にも注目を浴び続ける福島きっての観光地です。モダンな雰囲気の観光巡りにも、偉人巡りの一人旅にもオススメするなら会津若松です! 

鶴ヶ城の桜