外はサクッ、中はもっちり食感。福島の名物「凍天」がクセになる♡

福島県の郷土料理「いかにんじん」の味わいを再現し、大ヒット商品となったカルビーの「ポテトチップス いかにんじん味」。

もちろん、いかにんじんの他にも福島には伝統的な食べ物が存在します。その1つが今回ご紹介する「凍みもち」です。凍みもちは、冬などの寒い時期に、ヨモギやごぼうの葉を混ぜあわせ、冷凍乾燥させたお餅。江戸時代より作られ、保存食品として親しまれてきました。

今回は、そんな福島の伝統的な食べ物・凍みもちが入ったお菓子「凍天」をご紹介します。

福島・宮城に展開する、お餅の専門店「もち処 木の幡」

福島店
▲福島市南沢又にある「もち処 木の幡福島店」

1980年に原町に拠点を構え、凍みもちや切りもちなど、もちの製造卸会社である株式会社木乃幡。原町に直販店舗を開店したのは、1996年のことでした。現在は福島県に7店舗、宮城県に4店舗を展開。仙台駅や国見サービスエリアなど、旅行中に立ち寄りやすい場所にもあります。(実店舗一覧はこちら

また、店内はオープンキッチンになっているので、実際につくっているところを見ながら、買い物を楽しむことができます。

県民から愛される「凍天」。新商品も続々と登場!

凍天

こちらが看板商品「凍天」。2011年には、テレビ番組『秘密のケンミンSHOW』でも取り上げられました。

凍みもちをドーナツ生地で包み揚げているため、外はサクッと、中はもっちりとした食感を味わえます。凍みもちがぎっしり入っているため、1つだけでも十分な満腹感。お茶と一緒に食べるのもよし! 牛乳と一緒に食べるのもよし! おやつにもぴったり! 

凍み餅
▲左:あんこの入った「あんこ凍天」(150円)、右:スタンダードの「凍天」(130円)

ちなみに、筆者が福島に在住していたときは、あんこ入りの凍天はありませんでした……。あんこ入りと、スタンダードのものを買って、シェアして食べるのもよさそう!

1

2

次のページへ