羊羹ファンタジア

県民がオススメする福島のお土産|定番からユニークなものまで厳選リスト!

旅行に行ったときに必ずといっていいほど発生するお土産問題。せっかくだからご当地ならではのお土産を買っていこうと思っても、実際なにを買ったらいいの!? きっとこんな経験をされた方も多いはず。

そこで今回は、福島TRIP編集部が選ぶ福島のお土産リストを作ってみました。これまで紹介した中からピックアップしたものですので、今後も随時更新してまいります!

福島のお土産選びはこれだけ見ておけば問題なし!

 

福島の地酒

やっぱり福島と言えば日本酒! なんといっても全国新酒鑑評会で史上初の6年連続金賞受賞数1位を誇る「日本一の酒処」ですから。
ちょっとリッチなお土産になりますが、お世話になっている人(お酒好きならなお)に贈るお土産としては120点なのではないでしょうか?!  特に「金賞受賞した日本酒なんだよ!」と一言添えるだけで通っぽくなれます(笑)。
福島の魅力を伝える上では欠かせないものなのでぜひ、近くの酒屋さんでゲットしましょう!

日本酒関連の記事はこちら

中通り(福島~郡山~白河)のお土産

 

【福島】いもくり佐太郎

いもくり佐太郎

根強いファンが多い和風スイーツ、桃里庵 株式会社ダイオーの「いもくり佐太郎」をピックアップ。さつま芋と栗の織りなす上品な甘さは高級感すら感じます。
実は第26回全国菓子大博覧会にて最高賞、名誉総裁賞受賞にも輝く、福島の隠れた銘菓としてオススメです!
ちなみにTwitterでは「いもくり佐太郎にフォローされた」と喜ぶファンも多数。

 

【福島】駒田屋本舗の「みそぱん」

みそぱん

オシャレなスイーツがいまどき女子の定番ではありますが、たまに食べる和菓子の素朴な味わいに心安らぐ、なんてことはないでしょうか?
そんな素朴な和菓子代表ともいえる福島のお土産がこちら、駒田屋本舗の「みそぱん」です。編集部のメンバーにもみそぱんファンがいるほど隠れた人気を誇ります。
一見すると蒸しパンのように見える生地もしっとりとした食感で、練りこまれたみその甘さが良い味出すんですよ。老若男女問わずに渡せるお土産としてもオススメです!

 

【福島】いかにんじん

いかにんじん

福島県北発祥の「いかにんじん」。日常的に食べられているソウルフードで、JRのKIOSKや県内の土産物店、スーパーなどでも幅広く販売しています。
千切りにしたにんじんとスルメイカを、醤油や酒・みりんなどで作った漬けダレに漬け込んだもので、古くから冬の保存食として食されてきました。北海道の松前漬けに似た味付けで、お酒のつまみにもご飯のお供にも最適です。にんじんの苦手なお子さんの多くも、これならボリボリ食べられるというから不思議。
食べると箸が止まらなくなる逸品!

 

【福島】福島りょうぜん漬け

福島りょうぜん漬け

福島りょうぜん漬け本舗が作る東北の味。きゅうり、だいこん、ごぼうなどの国産の良質な素材を旬の時期に集荷し、昔ながらの技法で乳酸発酵。東北らしいやや濃い目の味付けで、ご飯がすすみます。4品詰め合わせで、1,216円(税込)。
単品販売も行っているのでお土産として買い求めやすく、福島県内では季節の贈り物にも定番の品です。

 

【二本松】玉嶋屋の玉羊羹

玉嶋屋の玉羊羹

玉嶋屋の玉羊羹2

これまで多くのメディアに取り上げらるほど、可愛らしい見た目が人気な玉嶋屋の「玉羊羹」。
こちらも江戸時代から続く老舗和菓子店で、味を変えないように製法も当時から変えていないそうです。薄い包装に覆われているので、楊枝でつついたときのプルンとした感覚が楽しくて、ついついクセになっちゃいそうです(笑)。味も甘すぎない程よさで、一口サイズなのも嬉しいところ!

 

【郡山】ままどおる

ままどおる1

福島のお土産といえば、ド定番の「ままどおる」。定番のお土産になるのも頷けるそのお味は、バターを使ったしっとり生地にミルク味の優しい甘さ。
ちなみに、福島県民であればお馴染みのCMに懐かしさを感じる方も多いのでは(笑)? 期間限定でチョコ味のままどおるも発売されているので、そちらもオススメです。
賞味期限は短めなので、お土産で購入する際はお早めにお渡しくださいね!

 

【郡山】エキソンパイ

エキソンパイ

SNSに投稿した「ままどおる VS エキソンパイ」では、熾烈な争いを繰り広げた福島の人気お土産「エキソンパイ」です。
パイ生地でクルミ入りのあんを包み込んだ焼き菓子は、福島県民をとりこにする中毒性があるようで、さらに120%美味しく食べるためには、牛乳と一緒に召し上がるのがオススメだそうです(店員さん推し)。
賞味期限は短めなので、購入後早めに渡せるようにしましょう!

 

【郡山】柏屋「薄皮饅頭」

薄皮饅頭

150年もの歴史ある老舗和菓子店・柏屋の定番人気商品「薄皮饅頭」は、きっと福島県民が食べるお饅頭の中でもトップシェアを誇るといっても過言ではないはず。おばあちゃんの家に行けば、たいていお茶菓子として添えられています(笑)。
それもそのはず、薄い皮に北海道産の小豆がぎっしり詰まっていて、上品な甘みはお茶にベストマッチなんですもの! 今も昔も変わらない美味しさが人気の秘密なんでしょうね。

 

【郡山】柏屋「檸檬(れも)」

檸檬

福島県民同士で “お土産に買っていったら喜ばれたエピソード話” をしていると必ず登場するのが、同じく柏屋の「檸檬(れも)」。「Kiri? クリームチーズ」をふんだんに使って焼き上げた、レモン風味のチーズケーキです。
パッケージを開けると小さなケーキフォークが付いていて、手を汚さずに食べられる細やかな配慮がうれしい。爽やかな甘さと軽いチーズの味がたまりません!
お持たせにも自分用にも好まれ、少し冷やして食べるのも美味しいですよ。

1

2

次のページへ