会津中央乳業

社会見学にもなる牛乳工場の見学ツアーに参加してきた!

「福島のリアル」を知ってほしい―

東日本大震災から4年。この震災をきっかけに福島の大学生が発足したプロジェクトがあるのはご存じでしたか?福島を感じて考えるスタディツアーを企画・実施する学生団体「スタ☆ふくプロジェクト」です。“スタ”とは“スタディツアー”の略称。「出会い、交流」を目的に、市民団体や青少年団体、高校生・大学生のゼミなどでも実施されている、今注目の新たな旅行スタイルです。

スタ☆ふくでは、農業、漁業、伝統文化など福島ならではの魅力以外に、最も焦点を当てているのが、それに携わる“福島の人々”だと言います。震災にも負けず、真っ直ぐ前を向いてひたむきに頑張る姿、そして多くの人々が協力し合い復興に取り組んでいる実情を目の当たりにし、今の福島の抱える問題を表面的ではなく、内面からより多くの人に知ってほしいと考えているそうです。

ツアーは1泊2日の日程で行われ、これまでに、いわき市では「漁業」、二本松市では「農業」、喜多方市では「観光」と、現地で働く人々に焦点を当て、参加者に現状を知ってもらう為の場を提供してきました。

「ツアーを通して、地域の人と参加者をつなぐ架け橋となることで、相互の理解を深められる、きっかけづくりに。そして長い時間がかかるであろう福島の復興、地域の未来を一緒に考える仲間づくりをすることで、地域活性化に貢献していきたい。」と言う想いが込められています。

“蔵人の想いに迫る”会津の旅

そんな、スタ☆ふくが、2月20日~21日に1泊2日の日程でスタディツアーを開催しました。昨年、行われた<全国新酒鑑評会>で福島県の17銘柄が金賞を受賞し、その17銘柄中11銘柄が会津の日本酒と言うことで、今回は「蔵人の想いに迫る“よい”酒 会津旅 ~日本一の酒 会津(ここ)にあり~」をテーマに会津若松市・坂下町を掘り下げていきます!

ツアーでは、福島大学の教授による日本酒講演や末廣酒造、鶴乃江酒造、曙酒造の3つの酒蔵に加え、会津平地唯一の乳業メーカー、会津中央乳業を見学。美味しい飲み方は勿論、職人のこだわりと努力、さらに復興へのアポロ―チなど、地域で働く人々の生の声を伺う事が出来る貴重な体験ばかり。

このツアー情報を聞きつけ、実際に「スタ☆ふく」in会津ツアー(2日目)に参加してきました!(1日目はどうしても参加できず……。)

そこで見えてきた、福島の未来、肌で感じた地元愛。発見に満ち溢れた出来事の連続!

ツアー2日目~会津中央乳業、曙酒造を巡る~

ホテルニューパレス

今回は2日目より参加。一行が宿泊したのは会津若松市内の城下町、中町に位置するホテルニューパレス。周辺の建物は城下町ならではの歴史を感じる佇まいばかりで、おしゃれなカフェやお店も密集してたりもしますよ!さて、本日の「スタ☆ふく」in会津ツアー2日目はここからスタートです。

スタ☆ふく
スタ☆ふく
館内へ入ると、ロビーで打ち合わせ中の「スタ☆ふく」の方々を発見!当日の動きを入念に話し込んでいました。

“「会津の日本酒の素晴らしさ」、「会津の人の温かさ」、参加者に強く感じてもらえるかなどを考えながら、ツアー作りに励んでます。”

そう語る程、今回のツアーに掛ける確かな想いを感じました!挨拶もそこそこに、本日はよろしくお願いします。

ちなみ会津ツアーの行程はこちら。

【2月20日(金)】
10:00 郡山駅集合
→福大教授による日本酒講演(郡山市)
~会津若松市へ移動(バス)~
→末廣酒造嘉永蔵見学
→鶴乃江酒造見学
→懇親会

20:00頃ホテル泊

【2月21日(土)】
10:00 チェックアウト
→会津中央乳業見学
→曙酒造見学
→ワークショップ

18:00頃郡山駅解散

1日目に参加することが出来なかったのは悔しいが、2日目は、ヨーグルトと地酒をブレンドしたリキュール「スノードロップ」を製造した曙酒造、さらにそのヨーグルトを生産している会津中央乳業への見学が組み込まれています。

まずは本日一件目、会津中央乳業に向かいましょう!

おさげ髪の女の子でもお馴染み!会津中央乳業

あたりは雪が積もり白一面! 会津若松市内から車で15分ほどに位置する坂下町。畑が広がるこの豊かな土地に、昭和23年「坂下ミルクプラント(現:会津中央乳業)」として創業しました。トレードマークともいえる、おさげ髪の女の子は福島、特に会津の人なら何度も目にしたことがあるはずですよね!

会津中央乳業
出迎えて下さった会津中央乳業の二瓶さん。

会津中央乳業
参加者には若い方々、特に学生さんが多く、皆さん真剣に話を伺っています。会津中央乳業は全会津の約3分の2の原乳を取り扱っており、素材、検査、製法の一つ一つの工程など、品質は国内トップレベル。美味しさの秘密や様々な取り組みについて話をしてくれました。

会津中央乳業
会津中央乳業
館内へ案内されると、入り口には製品がずらり。このロゴ、すごく可愛いらしいですよね。モデルは先代の社長の娘さんだそうですよ!

会津中央乳業

建物からは、実際の作業現場を見ることができます。看板的ブランド「べこの乳」は会津の酪農家の方々が大事に育てた会津産の生乳だけを使用し、専用のタンクを使い85度で15分かけてゆっくり殺菌するこだわりよう!

風味を生かしたままの殺菌を行っているそうで、鍋で沸かしたような、コク、風味、甘みは、一度味わうだけで虜になります。

会津中央乳業
しかし、そのこだわりは製造に関する事だけではないのです!二瓶さんは酪農家の方々との密接な距離にあると言います。親睦を深めるための交流会や、社員研修、さらにイベント等、互いに切磋琢磨しながら高品質の製品を作り出しているそう。

二瓶さん自身、「牛を好きになってほしい。」と語る程、牛が大好き。なんと「白べこ会」という団体の代表も務めているそうです!

会津中央乳業
会津中央乳業
会津中央乳業
ここまできたら、一体どんな味なのか気になりますよね……。と言う事で試飲もさせてもらいました! 頂いたのは「べこの乳 のむヨーグルト」。地元を離れているとなかなか飲む機会も減っていましたが、口にしてみると思い出す風味と味わい……。これが美味しいんだよなぁ。

会津中央乳業
「こだわり」尽くした事により、県内外でも多くのファンを獲得してきた会津中央乳業でしたが、2011年、震災の影響で窮地に立たされます。

こちらのパッケージ、見比べてみると「会津」のロゴが消されていますよね。安全とされていた会津産の製品が震災により出荷停止を命じられてしまいました。そのため生乳を搾乳することが困難となってしまい、岩手県から生乳を受け入れ販売するようにしたそうですが、その際「会津」のロゴを抜かざるおえなくなってしまったそうです。出荷停止が解除されてからも、震災の影響は強く、県外の取引先はなくなってしまった程に。

「悔しかった……。」

二瓶さんからこぼれた言葉が胸に響きます。

会津中央乳業
その後は、風評被害を払拭すべく様々な取り組み続ける二瓶さん。この工場見学もその活動の一環です。震災後、福島、そして地域の抱える問題をこうして参加者に伝えています。その姿は、震災にも負けず、真っ直ぐ前を向いてひたむきに頑張る、“福島の人々”でした。

会津中央乳業
最後は工場隣のアイス牧場へ!冬の「べこの乳アイスクリーム」で〆。

これがまた本当に美味しいですよね~。搾りたての生乳はクリーミイで8種類ものフレーバーを提供していますよ。

素敵な笑顔ありがとうございます!!

〒969-6521 福島県河沼郡会津坂下町金上辰巳19-1

0242-83-2324

 

まとめ

今回、このスタディツアーに参加して気づいた事が、「福島のリアル」な問題。

身近にいたから、知っていたつもりだったが、生産者の声を生で聞くことで改めて実感する事に。その一方で、めげずに取り組みを続ける理由にはその土地への「地元愛」で溢れていました。

人やその地域が抱える課題を乗り越えるために取り組んできた一連の活動は、発展する地元の未来となり、福島の未来を描く。生産者が協力しあう事で地域の活性化へと繋がっていくことでしょう。

夢を持って前進していく“福島の人々”、是非応援お願いします。

曙酒造は次回です!こちらもお楽しみに!

おまけ

こづゆ

今回、出発となったホテルニューパレスでの出来事。

女将さんのご厚意でいただいた「こづゆ」です。

思わぬ形で、久しぶりに地元の味を堪能。ありがとうございました。

そして、この女将さんが凄い方で、朗読会や地元の偉人を紹介したガイドブックを発行しています。

この活動自体も地元への想いゆえに始めたそうで、今後も続けて行くそうです。

形に残すって素晴らしいですね。

取材協力
スタ☆ふくプロジェクト
曙酒造合資会社
会津中央乳業株式会社
ホテルニューパレス

会津中央乳業