世界で一つの絵ろうそく作りはいかが? ハーフ美女と巡る会津若松イチ押しスポット

多くの伝統産業が現代にまで受け継がれている街・会津若松市が今回の舞台です。500年の歴史がある伝統工芸「会津絵ろうそく」に注目し、“絵付け体験”や幻想的な世界をみせる“会津絵ろうそくまつり”、美味しいパンケーキがお手軽に味わえるカフェなど。市内在住のTRIPGIRL=ハーフ美女がイチ押しのスポットを紹介してくれました(^^)

 

思い出やプレゼントにも! イチ押しの絵ろうそく絵付け体験

 

さて、ここで気になる今回のTRIPGIRLは、現役の高校生にしてお父さんがイギリス人でお母さんが日本人のハーフ美女・末永アミーラ・ナリーニちゃんです♪ 高校生とは思えぬ色っぽさです……笑。  

そんなアミーラちゃんがまずイチ押しするのは、世界に一本自分だけの絵ろうそくを作れるという絵付け体験! 風情のあるたたずまいに道行く人も覗いてみたくなるこちらは、徳川8代将軍吉宗公の時代から続く老舗「小澤蝋燭店」さん。今回はこちらで絵付け体験をします。

会津絵ろうそくの歴史は時の領主、芦名盛信公が漆の植樹を奨励したことからが始まりと言われています。漆の実から採れる“木ろう”を使いろうそく製造が盛んになり、蒲生氏郷公や保科正之公の時代で産業・文化が発展していきました。

その後、江戸時代になるとろうそくに絵付けをした絵ろうそくが誕生し、当時の上流社会や神社仏閣で愛用されていました。また花の咲かない会津の冬では、仏壇に備える花の代わりに絵ろうそくが飾られるようになったといわれています。

TRIPGIRL 第8回「会津絵ろうそく」

では、早速アミーラちゃんも絵付け体験に挑戦です。どんな絵柄にするのかな?

表情は真剣そのものです……。

おー決まったみたい! これはお花かな? 出来上がりが楽しみですね(^^)

実はアミーラちゃん絵を描くことが好きなんだそう。確かに取り組む姿は職人さんのよう。う、うまい……。 

そして完成した絵ろうそくはこちら! 可愛らしい椿の絵ろうそくに仕上がりました。ホントに上手です笑。自分でデザインした世界に1本の絵ろうそくは思い出の品にもピッタリ。プレゼントも素敵ですね♪

1

2

3

次のページへ