鈴木さんの説明

酒造が見学できる話題のスタディツアーに参加してきた!

スタ☆ふくプロジェクトの会津日本酒ツアーに参加した第二回目のレポート内容は、SAKE COMPETITION2014の純米酒部門でも6位に入賞した話題の曙酒造さんの酒蔵体験についてです。 普段は見れない酒造の現場を特別に見学させていただきました!

前編はこちら:社会見学にもなる牛乳工場の見学ツアーに参加してきた!

普段は見ることが出来ない酒蔵体験

第一回目でもご紹介した中央乳業さんから車で移動すること5分ほどに曙酒造さんがあります。 ツアー参加者を乗せたバスが到着したときには、曙酒造の鈴木さんと五ノ井さんがおで迎えしてくださり、今日の簡単な説明をしていただきました。

曙酒造の鈴木さん、五ノ井さん

(左:鈴木さん 右:五ノ井さん)

二人ともすごくお酒が強そう・・・

いざ酒蔵に潜入!

入った瞬間に、米麴の香りが漂い、酒造に使用する大きな釜や機械がズラーっと並んでいるのが印象的。
すでに一同、興味深くキョロキョロ・・・・・・。

蔵内風景1

 

蔵内風景2

早速、酒蔵の中では鈴木さんが実際に使用する機械と酒造方法について説明してくださいました。

曙酒造さんは、昔から受け継がれる伝統的な酒造方法に新たな手法を積極的に取り入れているそうで、特に、「効率化」と「精度向上」を目的に、これまでアナログだった工程にデジタルを取り入れることで味の仕上がりを正確にする試みを行いました。

これまでの伝統的な手法の場合、アナログ(人力)な部分でも僅かながら配分の誤差(お米の量が数グラム違ったり)が起こってしまい、後々この誤差がお酒の味に若干のムラがおきてしまうから。

鈴木さんの説明

飲む人全員に「いつ飲んでも変わらない美味しさを提供する」職人魂があるが故の取り組みです。

筆者自身、この話を聞くまでの印象として「酒蔵は伝統的な手法を守り続けている」と勝手に思い込んでいたので、時代と共に進化する酒造方法に驚きました!

~酒造の豆知識~

曙酒造さんは、酒造に必要なお米も厳選して選んでいるそうで、実際のお米を見せていただいたところ

「とにかく白い!」

酒造米

私たちが普段見ているようなお米とは比べ物にならないくらい白いお米なのも、食べるお米とは違うからです。

酒造には、「酒造好適米」というお米を使うそうで、特徴は食べるお米に比べ大粒、白く見えていた「心白」があります。 このお米の中央あたりの白い部分が心白で、酒造に必要なのはこの心白だけ。

心白

そのため、覆っている周りの部分は削ってしまいます。この削る割合(精米歩合)が高ければ高いほど雑味が無く香り高いお酒が出来上がるのです。

お酒が生きていることを感じた!

ひとしきり、酒造方法に関する説明が終わり、次はまさにお酒が出来ている途中ともいえる現場を見学させていただきました。

こちらが米麴を発酵させていてる大きな釜。この中でお酒がじっくりじっくり出来上がっていくのです。
ちなみに、発酵している音が「若い人になら」聞こえるということでツアー参加者も耳を当てて聞いてみることに。

発酵音を確認する参加者

すると、大きな釜越しに「コポッ」という音が聞こえたそうで、筆者も耳を当てましたが

「聞こえない・・・」

多少なりともショックを受けつつ、大きな釜を上から覗いてみることに。

発酵中のお米1

大きな釜の中では、今まさに発酵中である米麴がプクプクしていて「麴が生きている」と感じるほど。

発酵中のお米2

ちなみに、この釜の高さ2メートルぐらいあり、中にはびっしり米麴が詰まっているので、一度落ちたら助け出せないということ聞き、本当に恐る恐る覗きました・・・

貴重すぎる絞りたての日本酒を試飲!

そして、皆さんお待ちかねの絞りたての日本酒を試飲させていただきました。
本当に絞りたての日本酒を飲めるのは貴重で、ありがたくいただくことに。

試飲

「スッキリしていて飲みやすい!」

日本酒なので、アルコール度数でいうと16%前後はあるはずなのに、すごくフレッシュで新鮮な飲み口に驚き、前述でも説明していた丁寧な製造を行う理由が身をもって分かりました。

新ブランドSnowDrop誕生秘話

最後に、曙酒造さんの新ブランドであるSnowDropの誕生秘話を実際に皆さんで飲みつつ、鈴木さんと五ノ井さんが説明してくださいました。

スノードロップ

日本酒は、海外で「ライスワイン」とも言われるほど人気となっていますが、日本での消費量は、年々落ちているそうで「このままでは日本酒文化が危ない」という危機感を抱いていたそうです。

それに、日本酒自体も好き嫌いが分かれやすく、どうにか解決できないものかと考えていたそんなとき、あの3月11日の東日本大震災で被災したことをきっかけに本格的な開発に着手。

説明する鈴木さん

日本酒が苦手な人でも飲める日本酒をテーマに、新商品の開発が始まりました。

そして、SnowDropの企画は、長年にわたって五ノ井さんが研究してきた中で、ヨーグルトと日本酒が合うことを発見したことがヒントとなったのがきっかけです。

説明する五ノ井さん

組み合わせるヨーグルトは、同じ地元で日本の中でもトップに入る酪農家から牛乳を仕入れている「会津中央乳業さんのヨーグルトしかない!」ということで、地元の会津坂下が誇るうまいものを組み合わせたSnowDropが完成しました。

実際にSnowDropを飲んでみると「これが本当にお酒なの!?」と思わず疑ってしまうようなヨーグルトベースのまろやかなコクで、グイグイ飲んでしまうほどの美味しさです。

スノードロップ手酌

筆者個人としては、特に女性におすすめしたい!

曙酒造さんでの酒蔵体験を通して、地元や日本酒に込める熱い想いと新商品SnowDropの誕生秘話を聞くことができ、ツアー参加者全員が福島県の良さを再認識できたのではないでしょうか。

帰りがけに、五ノ井商店でみなさんお土産としてSnowDropをまとめ買いするなど、本当に好きになったようでした。中には、5~6本を大人買いしている人も!

五ノ井商店

〒969-6537 福島県河沼郡会津坂下町戌亥乙2

0242-83-2065

 

〒969-6536 福島県河沼郡会津坂下町市中一番甲3551

9:00-20:00

0242-83-2170

 

まとめ

ツアー最後として、これまで訪れた場所や説明していただいた人の話を振り返りを行いました。

皆さん真剣な眼差しで、二日間の経験を整理。

ツアー振り返り

スタ☆ふくプロジェクトの会津日本酒ツアーに参加した皆さんが「また参加したい」「福島って良いところですね」と言っていたのが印象的で、また新たな福島ファンが生まれるツアーでした。

筆者自身も福島の価値を再発見・再認識できるツアーでしたので、とても満足しました!

今回、同行させていただいたスタ☆ふくプロジェクトでは、定期的にこういったツアーを開催しているようですので、是非参加してみてはいかがでしょうか。 学生だと割引もあるのでおすすめですよ!

福島を考えて感じるスタディツアー スタ☆ふくプロジェクト

おまけ

こっそり筆者もSnowDropを買って、自宅で飲んでましたが これは定期購入してしまいそうです・・・。

スノードロップ2

取材協力
スタ☆ふくプロジェクト
曙酒造合資会社
会津中央乳業株式会社
ホテルニューパレス

鈴木さんの説明