Factelier by NAGAYAMA

品質日本一の称号。白河市発のファクトリーブランドに注目

暑い日が続きますね〜。5月に入りクールビズが開始されたりと、だんだんと薄着が目立つ季節になりました。服装も変わるこの時期というわけで、今回はファッションにまつわるお話を。 みなさんは「ファクトリーブランド」って聞いたことありますか? 大手アパレルや有名ブランドに製品を供給する中小メーカーの自社企画のことです。“工場発の高品質とリーズナブルな価格”がうけ昨今、話題となっています。

 

高品質で低価格。ファクトリーブランドとは

 

工場が自らの名前で製造し販売する商品・ブランドのことを指します。流通構造をシンプルにしたことで、工場に適正な利益をもたらすことができ、ユーザーは商品を従来の2分の1の価格で購入できるというメリットがあります。普段は購入できないブランドであっても、製造している元=ファクトリーブランドならば手が届きやすいという事です。

 

日本初のファクトリーブランド専門ECサイト「ファクトリエ」

そんなファクトリーブランドに焦点を当て、“工場発の高品質とリーズナブルな価格”を提供するのがファクトリエです。アパレル工場と直接提携することで、余計なマージンを上乗せせず、高品質の商品を低価格に抑え、オリジナル商品として販売する日本初のファクトリーブランド専門ECサイトです。

ブランドを介さないファクトリーブランドはデザインで劣るとも言われていますが、定番モノを中心にファクトリエは業界著名人が監修した「モダンベーシック」を基調に提供。トレンドに流されないデザインを実現しています。 世界的有名ブランドを手掛ける国内でも一流の工場のみと提携し、200種類以上のメンズ、レディースアイテムを取り扱っている話題のECサイトです。

 

品質日本一の称号。福島県白河市発のレディースシャツ

 

そのファクトリエに認められたのが、福島県白河市に構える縫製工場・永山産業です。雑誌「月間消費者」の消費者テストでAランクに認定され品質日本一の称号を得た、本物というわけです。 同社は1968年の創業以来、これまでメンズドレスシャツや婦人服のOEM(他社ブランドの製品を製造)をメインに、Sacai、トゥモローランド、ポール・スミス、ブラックバレット(バイ・ニールバレット)などのブランド製品を手がけてきました。

永山産業とファクトリエが手がけている、レディースシャツ。 品質日本一とも言える永山産業の技術と、三宅デザイン事務所、グッチ、ダナ・キャラン、ジル・サンダーのチーフデザイナーなどを歴任した、竹腰名生をデザイナーに迎えて製作した「Factelier by NAGAYAMA」。モダンベーシックなシャツはメンズライクな一枚。

こちらのブラウスもFactelier by NAGAYAMA。市場価格では32,000円(※原価より算出)ですが、流通構造をシンプルにすれば17,280円に。一枚は持っておきたいアイテムです。 最近はファストファッションが主流となっていますが、高品質でリーズナブルな価格のファクリーブランドなら手が届きやすいですよね。みなさんも気になるファクリーブランドを探してみてはいかがでしょう。 ファクトリエ

Factelier by NAGAYAMA