牛乳屋食堂ミルク味噌ラーメン

名前の通りラーメンに牛乳が入っている『牛乳屋食堂』の味噌ラーメンが絶品!

福島県といえば、ラーメン好きにはたまらない場所の一つ。喜多方ラーメン白河ラーメンなど、県外からも本場の味を求め多くの人が訪れるご当地ラーメンの聖地と言ってもいいはず!
ちなみに、この2つがメジャーどころですが、喜多方ラーメンでお馴染みの喜多方市のお隣、会津若松市にも“会津ラーメン”があるのはご存知ですか?

その中でも会津ラーメンの有名店である『牛乳屋食堂』は、観光地としても有名な大内宿に繋がる国道118号線沿いにあるので、観光ついでに行くのにもオススメ。

そして、名前からも想像できるように“ラーメンに牛乳”を入れたちょっと驚きのメニューが絶品なんです!

 

嫁から嫁へと代々受け継がれる名店『牛乳屋食堂』の歴史

牛乳屋食堂

やっぱり気になるのは店名! まさかラーメンの名店だとは思わないような店名ですが、名前の通り本当に「牛乳屋」からはじまったのが由来しているんだとか。

それは時代が大正〜昭和に変わる頃にさかのぼります。交通機関が馬から鉄道へと変わり、初代店主が馬車宿をしていた主人のもとに嫁いで芦ノ牧温泉駅(旧:上三寄駅)で、駅前に牛乳屋を始めたのが「牛乳屋」の始まり。

その後、当時近所に住んでいた中国人にラーメンの作り方を教わったことで「元祖支那そば会津生ラーメン」が誕生。以来80年間、代々受け継がれてきたそうです。しかも受け継ぐのは嫁であり、初代から現在の4代目まで嫁から嫁へと受け継がれてきたんだとか。(確かに厨房にも女性の方が多かった印象)

店内にはこれまで訪れた芸能人のサインや記念写真が飾られていて、そこに写るいかにもな男性が店主かと思っていたのでビックリ笑。

 

味噌 × 牛乳の驚くべき相性の良さ

牛乳を使ったラーメンである「ミルクみそラーメン」の前にオーソドックスな「みそラーメン」の紹介。スープはコクのある濃厚な味噌が特徴で、プリプリの縮れ麺によく絡んで後を引くおいしさ。散らしたネギ以外にも、ざっくりめのネギが入っているのでシャキシャキとした感触がたまらない!

牛乳屋食堂味噌ラーメン

今回は中太麺で注文していますが、+50円で会津ラーメンの特徴でもある極太麺に変更することができます。喉ごしのある中太麺に比べて極太麺はコシが強めでさらにスープがよく絡みます。

牛乳屋食堂味噌ラーメン2

本当に後を引くおいしさで、味噌好きの筆者もここが一番だと思うほど、無性に食べたくなる中毒性があります……。既に紹介してて食べたくなってきました。

次に、今回の目玉「ミルクみそラーメン」。ラーメンに牛乳が入っているからスープが白いのでは、と最初は思っていましたが、見た目は一般的な味噌ラーメン。むしろ、さきほどの味噌ラーメンよりスープの色がちょっと濃い気がする笑。写真では見づらいかもしれませんが、粉チーズがふられているのも印象的。

牛乳屋食堂ミルク味噌ラーメン

早速、一口スープを飲んでみると、これまたビックリ! 先ほどの味噌ラーメンに比べると牛乳が入っているからなのか、驚くほどマイルドな感じに仕上がってます。気づいたら丼を持ってスープを完飲! 通の間では、ラーメンをひとしきり食べた後にスープにライスを入れてリゾット風にして食べる方もいるんだとか。

牛乳屋食堂ミルク味噌ラーメン2

牛乳屋食堂はラーメン以外にも、会津名物のソースカツ丼や本場中国から学んだ手作りギョウザも人気のメニュー。ラーメンとのセットもできるので会津のグルメをいっぺんに楽しむこともできますね! 牛乳屋ミニセットには牛乳屋オリジナルパッケージが描かれた牛乳もついてきます(*´ω`*)

 

@mameko.330が投稿した写真


 

うたさん(@uta_toshi)が投稿した写真

 

牛乳屋食堂の営業時間

牛乳屋食堂

福島県会津若松市大戸町上三寄香塩343

11:00~15:00 / 17:00~20:00(定休日:水曜)

0242-92-2512

http://www.gyunyuya.jp/index.html

 

まとめ

今回ご紹介した牛乳屋食堂ですが、人気店のためピーク時には1時間待ちもザラです……。なので、一度予約をして待っている間に近くにある会津鉄道芦ノ牧温泉駅にいるネコ駅長と遊んでみるのもいいかもしれませんね。もし、待つのが嫌な場合は平日などがオススメです。

また、周辺には同じく会津ラーメンの老舗『うえんで』がありますので、こちらも気になる方はぜひ参考にしてみてください\(^o^)/

牛乳屋食堂ミルク味噌ラーメン