chico

秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉は必見

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光

山頂に到着!一番の見どころはここから

木道はここで分岐し、まっすぐ行くと中門岳に右に曲がると山頂へと続きます。

 

木道の階段を登り終えたら、会津駒ヶ岳山頂に到着です!

 

ここから駒ヶ岳の北側にある中門岳に抜けていく道が開けていて、とても気持ち良かった!! 2,000m級の山の上にいるのを忘れるかのような、広々とした空間です。

 

黄色の草紅葉が一面を覆い、遠くへ伸びた1本道がうかがえます。青い空の下、遠くの山々や奥只見湖(写真左中央)が見え、まさに空中散歩をしているかのよう。

 

少しばかりですがワタスゲも残っていました。純白のポンポンが揺れています。

 

一部木道が崩壊していて足場の悪い箇所がありました。足を滑らせるとキケンですので、注意して歩きましょう。

 

草紅葉の中、目の前にひときわ大きな池が見えてきました。これは雪解け水や雨水が溜まってできた池塘(ちとう)です。

これだけの大きさは珍しく、雪解け水の多い豪雪地帯ならではと言えますね。この辺り一帯を「中門岳」というそうです。

まだ先に道は続き、行き止まりになったところで皆さん昼食を取られていたので、筆者達もここで休むことにしました。

青空の下、食べる外ご飯はひときわ美味しい!

 

ここまでは駒の小屋から山頂を経由し1時間を超える道のりでしたが、中門岳までは木道が続いているので、歩きやすくてありがたいですね。これだけ開けた場所なので、いろんな角度からの景色が楽しめるのも魅力。

 

チングルマの綿毛。風になびき揺れる姿が微笑ましいです。

草紅葉もよく見ると、みな同じ色ではないんですね。黄色や淡い緑、茶褐色といったさまざまな色が重なりグラデーションを描いています。

あくせく働いている日常からちょっと離れて、景色を楽しみながらのんびりゆっくりと。それが山の上でのひとときです。

何かをしようとするこころの在り方も大切だけど、何も考えず目の前の情景に浸って、ただ感じることも時には必要。それがこころの栄養にもなります。

 

山から戻ると疲れているはずなのに、行く前よりも満ちているのはそういうことじゃないかと。福島の地からはそんなエネルギーとパワーが感じられます。

 

そんなことを考えていると、駒の小屋の下手にある大池まで戻ってきました。

 

上から見る大湿原がまた見事。まっすぐに伸びた木道や、小さな池塘の数々も絵になります。

 

帰りは足取り軽やかに~
(※但、木道は濡れていると滑りますのでご注意を!)

 

下山後は近くの温泉「駒の湯」で汗を流しました。内湯と露天風呂が1つずつあり、川のせせらぎにも癒されますよ。

 

まとめ

ブナの森を抜けて急な傾斜を登り、見える景色や大湿原。見晴らしの良い雄大な稜線。これが会津駒ヶ岳の醍醐味です。「天空の楽園」「雲上の庭園」などさまざまに呼ばれていますが、実際に歩いてみると、その意味に納得します。

四季を通して見せる顔は変化にとんでいて春には雪解けと芽吹きがはじまり、夏には種類豊富にさまざまな高山植物が咲き誇ります。秋には紅葉が彩り、冬には山スキーが楽しめるので同じコースを辿っても、次はどの季節に行こうかと夢が膨らむというもの。

いざ登ると往路の傾斜はきつかったものの、登り終えてから脳裏に焼きついた景色を回想するのもまた良い思い出です。

今回筆者が歩いたのは10kmを超える長帳場でしたが、体力的に心配な方は駒の小屋に宿泊する1泊2日のスケジュールで、1日目に山小屋まで行き、2日目は山頂や中門岳に行くのもオススメ。空に近い山小屋から見える夕焼けや朝焼け、星空は格別だと思います。

空気が澄んでいる時は富士山まで見えることもあるというので、筆者もいずれは宿泊してみたいところです。ちなみに駒の小屋の本年(2017年)の営業は10/28(土)まで。これから足を運ばれる方は防寒対策をしっかりとしてお越しください。ご来県を心よりお待ちしております。

1

2

その他の南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町の記事

大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ

大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
只見線復旧が「だんだん早くなる」ことを願ったPR動画が公開!

只見線復旧が「だんだん早くなる」ことを願ったPR動画が公開!

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉は必見

秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
美女と巡る“重要文化財”の宝庫、南会津観光の見どころ

美女と巡る“重要文化財”の宝庫、南会津観光の見どころ

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
会津のマッターホルン!?急斜面と自然の絶景を楽しめる蒲生岳に登ってみた

会津のマッターホルン!?急斜面と自然の絶景を楽しめる蒲生岳に登っ…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲沢沼』&『観音沼』

水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光

福島県のアクティビティ記事

いつも同じところじゃつまらない!大人から子どもまで楽しめる福島市のおしゃれインドアパークCHANNEL SQUARE

いつも同じところじゃつまらない!大人から子どもまで楽しめる福島市…

福島市観光
満天の星空のもとで開催する「ほしぞらCAMP」イベントレポート

満天の星空のもとで開催する「ほしぞらCAMP」イベントレポート

田村観光
秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉は必見

秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ平へ

この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
もう行ってきた? いわき市で今一番 “熱い” スポット「いわきFCパーク」の見どころ

もう行ってきた? いわき市で今一番 “熱い” スポット「いわきF…

いわき観光
全国有数のパワースポットとして人気急上昇!萬歳楽山で壮大な自然を楽しむ

全国有数のパワースポットとして人気急上昇!萬歳楽山で壮大な自然を…

伊達・桑折町・国見町・川俣町観光

編集部おすすめ福島観光ルート

会津方面

会津方面

主な観光スポット・グルメ

鶴ヶ城、会津ブランド館、東山温泉、大内宿、さざえ堂、ソースカツ丼、喜多方ラーメン、リバティ会津

いわき方面

いわき方面

主な観光スポット・グルメ

スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、いわき湯本温泉、三崎公園

福島市方面

福島市方面

主な観光スポット・グルメ

花見山、高湯温泉、飯坂温泉、土湯温泉、花ももの里、フルーツライン、磐梯吾妻スカイライン、円盤餃子

今おすすめの観光スポット・記事

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光
秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨ 5選

秋の福島はココに行けば間違いなし! 王道の紅葉スポット×温泉郷♨…

福島市観光
秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

秋色みつけた!会津柳津〜喜多方周辺で楽しめる紅葉はしご旅

会津坂下町・会津美里町観光
水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲沢沼』&『観音沼』

水鏡好き必見! 「紅葉の水鏡」が美しい秋の福島・絶景スポット『曲…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と尾瀬沼で秋を感じよう

いよいよ本番!草紅葉が色付く今がおすすめ、東北最高峰「燧ケ岳」と…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉は必見

秋山シーズン到来!日本百名山「会津駒ヶ岳」に広がる大湿原と草紅葉…

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光

人気の記事

ねぎそば
旅の醍醐味は食にアリ! これを食べなきゃ帰れない福島のご当地グルメ18選
磐梯吾妻スカイライン
福島市観光ならここで間違いなし! ハズせない定番・人気スポット16選
大内宿
大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ
福島県ってどんなところ?よく聞かれる質問を一問一答で紹介!
羊羹ファンタジア
県民がオススメする福島のお土産|定番からユニークなものまで厳選リスト!
金賞受賞酒
「福島の日本酒ガイド」決定版! 選んでまちがいないお酒はコレ!
とら系ラーメンの総本山『とら食堂』を行かずして白河ラーメンは語れない!
会津に行くなら外せない! 鶴ヶ城の見どころをまるっと紹介
クリームボックス
郡山市のソウルフード「クリームボックス」の名店8選