御薬園 抹茶
臼井 翼

会津若松の日本庭園『御薬園』今でも残る生々しい刀傷に驚愕!

会津若松観光

日本の古き好き美しさを残す日本庭園は、観光地としても人気のスポットですよね。最近では、国内だけでなく海外からも注目を集めているようで、なんとアメリカには『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』という日本庭園専門雑誌まであるほど!

さら海外には500にものぼる日本庭園が造られていて、アフリカやロシアにもあるそうです驚。日本庭園の文化は国境を越えているんですね。そこまで海外で人気だったとはしらなかった……。

さて、そんな日本庭園ですが福島県会津若松市には、国の名勝に指定される『御薬園』という歴史深い庭園があります。

 

御薬園の歴史

御薬園

御薬園は、その名の通り様々な薬草の栽培が行われていたことから名付けられたそうです。当時の藩主、松平 正容公の時代から薬草の栽培・薬効研究がはじまり、会津薬学の発展に貢献。

その歴史は古く、永享4(1432)年に当時の武将である蘆名 盛久(あしな もりひさ)が別荘として建てたのがはじまりなのだそうです。

ちなみに、今でも会津産の薬草約200種を含め約400種の薬草が栽培されているんです(^^)

その後、戊辰戦争時に新政府軍の傷病者の診療所として利用されたことによって戦火を逃れることができました。園内の随所に、その戊辰戦争当時の歴史を垣間見ることができるので、歴史を肌で感じるスポットとしてもオススメです。

 

編集部レポート、御薬園の見どころ

早速、体験レポートをご紹介したいと思いますが、あいにくこの日の天気は雨……。できれば、晴れの日が良かったのですが、最近の会津取材は毎回のように天気が悪いのです(´・ω・`)

御薬園の魅力といえば、この風情ある雰囲気。園内の中心には池があって、囲むように泉石・灯籠・樹木が配置されています。先ほどご紹介した薬草などを栽培する薬草栽培地は庭園北側にあります。

御薬園 園内

 

御薬園に訪れたら抹茶で一息。

庭園に入ってすぐにある茅葺屋根が印象的な御茶屋御殿は、資料室・売店になっているほか、茶席が用意されているんです。これがまた風情があってイイ! 畳の香りがするお座敷で気持ちが穏やかになりました。

しかも、お抹茶と羊羹を有料でいただくことができるので、気分はまるで茶人のよう笑。
※お抹茶席600円、お手前席2000円(入園料込、10名以上要予約)

お抹茶をいただいて、ホっと一息。

御薬園 抹茶

 

今でも残る戊辰戦争の刀傷

そんなお座敷でひと際目を引くものが……。それがこちら!

御薬園 刀傷

そう、これは戊辰戦争時につけられた刀傷なんです!
厚みのある柱なのに、ここまで刀の刃が食い込むなんて……。

そのほか、池の中心に建てられている楽寿亭にもゴッソリえぐられたような刀傷まであるので、刀の切れ味にただただ驚愕……。戊辰戦争の激しさを物語っていますね。

御薬園 刀傷2

 

冬の御薬園も見逃せない、四季折々の魅力

御薬園は四季折々の違った魅力が楽しめるスポットでもあるんです。今回は、紅葉が終わる時期に訪れましたが、毎年2月に開催される『会津絵ろうそく祭り』では、会津の伝統工芸でもある多数の絵ろうそくが御薬園に灯ります。

御薬園 絵ろうそくまつり

この日だけは、御薬園や鶴ケ城といった市内各所に約15,000本の絵ろうそくが灯る特別な日なので、冬の御薬園もオススメです\(^o^)/

 

まとめ

御薬園は実際に訪れてみると、日本庭園ならではの風情ある景観が楽しめるのはもちろん、時間を忘れるほど穏やかな気持ちになれる、そんな場所でした。まさにこれが日本庭園の奥深い魅力なのかもしれませんね。

また、今でも残る生々しい刀傷からもわかるように、会津若松の歴史を語るうえで外せない歴史的な場所でもあります。教科書や文献では知ることのできない、肌で歴史を感じられる御薬園に一度訪れてみてはいかがでしょうか?(^^)

御薬園

〒965-0804 福島県会津若松市花春町8-1

大人320円、高校生270円、小中学生160円

8:30~17:00(入園締め切りは16:30)

0242-27-2472

http://www.tsurugajo.com/oyakuen/index.htm

その他の会津若松の記事

インスタ映えまちがいなし!「赤ベコ公園」と、大人気「ヘッドフォンべこ」

インスタ映えまちがいなし!「赤ベコ公園」と、大人気「ヘッドフォン…

会津若松観光
会津に行くなら外せない! 鶴ヶ城の見どころをまるっと紹介

会津に行くなら外せない! 鶴ヶ城の見どころをまるっと紹介

会津若松観光
大人も欲しくなる? ララちゃんランドセルで見た最近のランドセル事情

大人も欲しくなる? ララちゃんランドセルで見た最近のランドセル事…

会津若松観光
訪ねて楽しい日本酒の蔵元第1位! 会津若松「末廣酒造」の蔵見学が面白い

訪ねて楽しい日本酒の蔵元第1位! 会津若松「末廣酒造」の蔵見学が…

会津若松観光
【王道からデカ盛まで!】会津若松の名物ソースカツ丼でオススメしたい名店9選

【王道からデカ盛まで!】会津若松の名物ソースカツ丼でオススメした…

会津若松観光
街全体がノスタルジックな会津・七日町周辺のレトロな建築物やスポット紹介

街全体がノスタルジックな会津・七日町周辺のレトロな建築物やスポッ…

会津若松観光

福島県の観光記事

筆者も通う、福島市で本好きがハマるスポットBEST3

筆者も通う、福島市で本好きがハマるスポットBEST3

福島市観光
100万年の歳月を経て自然が作りだした造形物「塔のへつり」

100万年の歳月を経て自然が作りだした造形物「塔のへつり」

南会津町・下郷町・檜枝岐村・只見町観光
うまいラーメンを探して辿り着いたのが福島で随一の珍スポットだった

うまいラーメンを探して辿り着いたのが福島で随一の珍スポットだった

福島市観光
春の福島観光にオススメしたい桜の名所「花見山公園」

春の福島観光にオススメしたい桜の名所「花見山公園」

福島市観光
福島・二本松・郡山の観光スポットを弾丸で巡ってきた! 【勝手に福島横断レポート:中編】

福島・二本松・郡山の観光スポットを弾丸で巡ってきた! 【勝手に福…

紫陽花で世界一、そして日本一辛い村!? 知る人ぞ知る平田村の魅力

紫陽花で世界一、そして日本一辛い村!? 知る人ぞ知る平田村の魅力

石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町観光

近日開催予定のイベント

  • 現在投稿がありません

編集部おすすめ福島観光ルート

会津方面

会津方面

主な観光スポット・グルメ

鶴ヶ城、会津ブランド館、東山温泉、大内宿、さざえ堂、ソースカツ丼、喜多方ラーメン、リバティ会津

いわき方面

いわき方面

主な観光スポット・グルメ

スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、いわき湯本温泉、三崎公園

福島市方面

福島市方面

主な観光スポット・グルメ

花見山、高湯温泉、飯坂温泉、土湯温泉、花ももの里、フルーツライン、磐梯吾妻スカイライン、円盤餃子

今おすすめの観光スポット・記事

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばくろうてい)」開店!

福島TRIPプロデュースの会津馬刺し専門通販サイト「馬喰亭(ばく…

会津若松観光
花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

花追い人おすすめ! 夏に行きたい福島県内の花スポット5選

福島市観光
ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞スポットでロマンチックな気分にひたる

ホタルの乱舞を見るならここ! 初夏の宵、福島県内有数のホタル鑑賞…

伊達・桑折町・国見町・川俣町観光
夏休みは自然の中で水遊び! 【福島 “子ども” TRIP】厳選 水遊びスポット・ベスト5

夏休みは自然の中で水遊び! 【福島 “子ども” TRIP】厳選 …

本宮・大玉村観光
この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ平へ

この夏、“海を越えて旅する蝶” アサギマダラに会いに裏磐梯・デコ…

北塩原村・西会津町・磐梯町・猪苗代町観光
工場直送生ビールにジンギスカン、大人も楽しみ過ぎる四季の里で遊びつくせ!

工場直送生ビールにジンギスカン、大人も楽しみ過ぎる四季の里で遊び…

福島市観光

人気の記事

クリームボックス
郡山市のソウルフード「クリームボックス」の名店8選
福島にカッパドキア!? 浄土松公園にある「きのこ岩」を調査してきた
会津さざえ堂、世界的にみても珍しい構造なのはダ・ヴィンチが関係していた!?
大内宿
大内宿が120%楽しめる! 観光にピッタリな見どころまとめ
フンドシ姿の男たちが4.8mの綱をよじ登る奇祭! 福満虚空蔵菩薩圓蔵寺「七日堂裸詣り」に参加してきた
達沢不動滝
運気UPに癒し効果も抜群! 福島のパワースポットを巡ろう
日本酒ファン御用達!福島のレアな地酒や品揃えが豊富な酒屋さん4選【会津編】
喜多方ラーメンなまえ食堂
みんな大好き喜多方ラーメンの特徴と王道の有名店5選
坂内食堂
朝からラーメン!?喜多方の“朝ラー”でオススメのお店5選