レジーナの森2

話題のグランピングも!手ぶらでキャンプが楽しめる羽鳥湖高原レジーナの森

最近話題のグランピングをご存知ですか?
グランピングとは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)をかけ合わせ造語で、一般的なキャンピングとは全く違う”自然の中で優雅に過ごす贅沢なキャンプ”なんです。

キャンプ好きの方からすれば、「なに甘いこと言ってるんだ!?キャンプの醍醐味が台無しじゃないか!」と思われるかもしれませんが、お洒落なテントや宿泊施設、自然の中で豪華料理が楽しめるリッチなアウトドアとして人気急上昇中!

そんなグランピングが楽しめるキャンプ場が福島にもあるということで、キャンプ経験0の筆者がアウトドア好きの知人と『羽鳥湖高原レジーナの森』に行ってまいりました!

東京からアウトドア派な2名と羽鳥湖高原レジーナの森に向かう

まず、今回一緒に同行するのが生粋のキャンプ好きである「島さん」そして、サーフィン好き「宮さん」の2名。

お二人とも東京在住で、島さんは、年間数十回もキャンプに行くという、まさに生粋のキャンパーです。キャンプを行うための細かな準備やキャンプ道具なんかも持参してきてくれました。
次に、宮さんは、休日に時間があればサーフィンを楽しむという山より海派なサーファー。キャンプ経験はそこまで多くはないらしいですが、アウトドアと料理の知識が豊富。

ちなみに、筆者はキャンプ経験 0 ……。どちらかというと、同行してもらうというか、”同行させてもらった”に近いですが、細かいことは忘れましょう笑。

さて、当日は池袋集合で羽鳥湖高原レジーナの森がある福島県白河市を目指すことになりました。朝8時に集合すると、異様な装備をまとう人……そう、キャンパー島さんが先に到着していました。

simasan

これでも今回は少ないそうですが、まるで凶器のような重厚感のあるリュック。
対して筆者の装備は、着替えとタオル、そしてカメラのみ……。装備の違いに不安になりました。
ちなみに、現地でキャンプ道具はレンタル可能ですが、今回はキャンパー島さん自慢のキャンプ道具を持ってきていただきました!

羽鳥湖高原レジーナの森までのアクセス

東京から福島県白河市にある羽鳥湖高原レジーナの森までは、東北自動車道の浦和ICから白河IC(約170km)で降りて、一般道(約22km)で向かいます。約2.5〜3時間程度の道のりですが、筆者らは休憩や買出しなどを挟んで3.5時間ぐらいかかりました。
そのほか、最寄りの新白河駅発の無料シャトルバスが1日3本走っているので、車でなくても大丈夫です。

白河市に入れば途中に、スーパーやホームセンターがありますので、そちらで細かな道具や食材を買ってから向かうといいでしょう。
道の駅などもありますので、ご当地ならではの食材を買ってキャンプ場で食べるのもオススメです! 筆者らは、道の駅で福島の地酒「羽鳥郷 にごり酒」を購入しました。

雄大の自然の中でグランピングが楽しめる羽鳥湖高原レジーナの森

道中で買出しなども済ませ、無事に羽鳥湖高原レジーナの森に到着。

レジーナの森

ここ羽鳥湖高原レジーナの森は、那須連山の大自然に囲まれた広大な敷地(なんと東京ドーム42個分)を有する複合リゾート施設で、4種類のコテージがあるほか、湖を一望できる全面ガラス張りのレストラン、美肌づくりや若返りの効能があるとされる温泉「彩光の湯」、「いぬのきもち」がプロデュースした「いぬのきもちコテージ」、「コールマン」がプロデュースしたオートキャンプ場など充実した施設が魅力!

レジーナ施設

アクティビティには、近くの羽鳥湖湖畔をマウンテンバイクでサイクリングできるコースやフィッシング、カナディアンカヌーやグラウンドゴルフ……などなど、楽しめるスポットがたくさん!

レジーナの森2

筆者らが訪れた際も、マウンテンバイクに乗ってサイクリングを楽しんでいたり、カナディアンカヌーを漕いでいる方、ワンちゃんと一緒にドッグランやお散歩している方が非常に多かったです。

ドッグラン

カナディアンカヌー

こんなガラス張りのオシャレなレストランが2ヶ所もあって和食から洋食まで食べれるようです。万が一、雨でバーベキューができなくても安心。しかも、ワンちゃん用のメニューもあります。

レストラン

まるで「ホビットの里」のようなコテージからペットと泊まれるコテージまで

グランピングに欠かせない注目の宿泊場所はコテージが4種類。

ドームコテージ オルサ

ドームコテージ

なんともユニークな半円形の形をした可愛らしい形。写真だけみると、映画『ロード・オブ・ザ・リング』にでてくる”ホビットの里”のような雰囲気がしますね笑

レイクサイド ヴィラ&いぬのきもちコテージ

レイクサイドヴィラ

大きな湖レイクレジーナを眺めらながらバーベキューができちゃう北欧館のあるコテージ。テラスでのんびりするのもいいですね。

同じくレイクレジーナを眺められる場所に「いぬのきもち」がプロデュースした、ワンちゃんと一緒に宿泊できるコテージまであります。ワンちゃんを飼っていると外泊ができない、という方でも一緒に泊まれるのでご安心ください!

温泉付きログハウス バケーションヴィレッジ

バケーションヴィレッジ出典:(http://www.jalan.net/yad310670/?screenId=UWW3401&yadNo=310670&yadoDetailMode=1&smlCd=072802&distCd=01

なんと温泉までついてる豪華ログハウス。もう170坪の敷地に一軒家なので、お子さんが大はしゃぎしても誰にも迷惑かけません。遊び放題です!

キャンパーも感激する羽鳥湖高原レジーナの森オートキャンプ場

さて、グランピングにオススメしたいコテージをご紹介しましたが、筆者らはキャンパー島さん監修の元、コールマンプロデュースのオートキャンプ場でキャンプ! コテージが良かったなんて、ちっとも思ってません。

コールマンキャンプ場

羽鳥湖高原レジーナの森にあるオートキャンプ場は、まさにキャンパーが快適に過ごせるよう施設が充実しています。写真のように区画割りもされていて、サイト部分がキレイ。なのでボコボコしてテントが建て難いといった問題もなし! サイト周辺の木々が生い茂った雰囲気も良かったです。この辺も丁寧に整備されているのがよく分かりますね。

オートキャンプ場

そのほか、洗い物ができる温水機能付サニタリーハウスが3ヶ所、各所にトイレがあるのはもちろん、サイトから離れた場所にはゴミステーションまであるので、ゴミの持ち帰りも不要。

そして、先ほどもご紹介した露天風呂のある温泉まで完備されている徹底ぶり。大自然を満喫しながら入るお風呂もきっと極上のひと時……。

キャンプ場で食べるご飯は、なぜこんなに美味しいのか?

これまで紹介した写真を撮影している間に、キャンパー島さんとサーファー宮さんが、あっという間にテントを設営していました。キャンプ経験0の筆者は、テント以外に出来そうなことを粛々と手伝う。

テント

そして、お待ちかね、キャンプの醍醐味であるバーベキュー開始!

バーベキュー

もちろん、バーベキューをするためには火おこしが必要ですので、頑張って筆者も手伝いました。お二人の指導を受けつつ、なんとか着火。火おこしも慣れないと、けっこう大変ですね……。
火をつけた後は、サーモンと玉ねぎ丸々一個を包んで炭の中に入れてホイル焼きの準備。

サーモン

なにやら、使い込まれた道具を準備するキャンパー島さん。四角い筒をみると”いぶし処”……?
実はこれ燻製するための道具だそうで、一番下には燻すためのウッドチップとガスをセットして網の部分に燻製する食材を置いておくそう。

いぶし処

燻製

キャンパー島さんのチョイスで、ウィンナーとチーズを燻製にしてもらうことにしました。燻す食材は市販のスーパーで売っているもので構わないそうなので、ワクワクしながら30分ほど待ちます。

その間に要領よく他の料理を進めるお二人。まさに男の料理を作っているわけですが、今回のマストアイテムはオリーブオイルです。

スライス

トマトを薄くスライス、もう一つは細かく切って、バジルやモッツァレラをトッピングして最後にオリーブオイルをかけて、はい、ブルスケッタとカプレーゼの2品完成!(Shima&Miya’s Kitchen)

カプレーゼ

ブルスケッタ

ブルスケッタは、バゲットに添えて……。

ブルスケッタ2

めちゃくちゃ美味しい笑。

実は、何を隠そう筆者は大のトマト嫌い(食材を買う前に言うべきだったのですが。)それでも、美味しく食べられることに驚き……。まさにこれがキャンプマジックなのか!

そろそろホイル焼きもいい頃合い。オリーブオイルと塩こしょうを少々。

サーモンのホイル焼き

玉ねぎ本来の甘みがグッと引き出されて美味しい!

玉ねぎ

そうこうしていると、燻製がそろそろ出来あがるということで、恐る恐る覗くと……。
燻されて美味しそうに色づいたスモークチーズとウィンナーが登場! ほのかな燻製の香りが食欲をそそります。

燻製完成

一口食べると、燻製独特の風味が加わったことに加え、凝縮された(燻された影響?)濃厚な旨味を感じました。これはお酒のおつまみにバッチリ!

途中のスーパーで買い込んだ世界のクラフトビールを飲みながら食っては焼き、食っては焼きで網には常に食材が乗っている状態笑。

クラフトビール

バーベキュー2

バーベキュー3

網の上で煮込んだアヒージョも絶品! 本当にオリーブオイルづくし笑。

アヒージョ

もちろん、福島の地酒も飲みましたよ!

羽鳥郷 にごり酒

それにしても、なんで外で食べるお肉は、こんなにも美味しいのでしょうか。大自然の中で五感が研ぎ澄まされてお肉の旨みをいつも以上に感じる、そんな力があります……。

最後はお決まりの焚き火。

焚き火

今頃の時期は、さすがに夜も冷えるので焚き火で暖をとるのですが、またこれが心地よいこと……。ゆらゆら燃える炎をぼーっと眺めるだけで心安らぎます。

そうして一夜が明けました。

キャンプの朝はなんといってもコーヒーがうますぎる!

次の日の朝、完全に爆睡してしまい、筆者だけ寝坊してしまいました……。というのも、羽鳥湖高原レジーナの森は本当に周りが静かなんです。キャンパー島さんも、「ここのキャンプ場は本当に静かだ」と終始いってたほどで、聞こえる音は川のせせらぎぐらいのものでした。むしろ、それが心地よかったのですが笑。

そんな眠気まなこで起きると、すでに朝ごはんの準備を進める二人。ここぞとばかりに火おこしだけは頑張る筆者。最初の頃に比べると火おこしも手馴れてきた気がします。

そして、キャンプの朝と言えばコーヒー。

コーヒー

澄んだ空気と朝日を感じながら飲むコーヒーは格別! これはキャンプを経験しないと分からない贅沢。キャンプやって良かった!

コーヒー2

さらにトーストと炊きたてのご飯、バーベキューの残りで朝ごはん。もうこれだけで何もいらないです。シンプル・イズ・ザ・ベスト。

キャンプのご飯

トースト

こうして朝から幸福感に満たされたところで、帰り支度をはじめました。

羽鳥湖高原レジーナの森にはゴミステーションや使った炭を捨てる場所もあるので、帰りにお土産のごとくゴミを持ち帰る必要がないのも嬉しいところです。

バーベキューで気になる臭いも温泉「彩光の湯」があるから問題なし!

早々に帰り支度を終えたところで、美肌づくりや若返りの効能があるとされる温泉「彩光の湯」へ。バーベキューは楽しい反面、やっぱり臭いが気になりますよね。でも、安心してください。施設利用料¥1,080円を支払えば、温泉入り放題なのでバーベキューの臭いも洗い流せます。

温泉

あえて最後にとっておいた至福の時……。森に囲まれた天然温泉には露天風呂もあるので、旅の最後を締めくくる贅沢なくつろぎに全員無言笑。

男湯なので、こんな美女はいないのですが、露天風呂のイメージ図としてどうぞ。

露天風呂出典:(http://www.jalan.net/yad310670/?screenId=UWW3401&yadNo=310670&yadoDetailMode=1&smlCd=072802&distCd=01

まとめ

終始、キャンプそっちのけで写真ばかり撮っていた筆者ですが、一緒に同行してくださったキャンパー島さんとサーファー宮さんには本当に頭が上がりません。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました!!

そして、お二人は初福島ということで少しドキドキしていたのですが、キャンパー島さんは「こんな良いキャンプ場初めて来た」と言っていたし、サーファー宮さんは「最初は海が良かったんやけど、山に来て正解やったわ〜」とのことで安心しました笑。

ということで、グランピングもできるオートキャンプ場『羽鳥湖高原レジーナの森』は、アウトドア好きでも楽しめるオススメのキャンプ場でした!

もう一度言いますが、コテージが良かったなんて思ってませんよ!

羽鳥湖高原レジーナの森

福島県岩瀬郡天栄村羽鳥字高戸屋39

0248−85−2525

http://www.reginaforest.com/index.html

レジーナの森2